スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:久保田利伸「Upside Down/Free Style」/川畑要×鈴木雅之/Ready Candy Camp/MyuA

2014年06月29日 14:11

 

久保田利伸 「Upside Down/Free Style」
「Bring me up」以来1年ぶり、両A面それぞれにCMタイアップが付属したシングル。いや〜久保田さん、素敵でしょ!ときめき運ぶファンキー・トラック「Upside Down」とグルーヴ抜群のファルセットが心を撫でる「Free Style」、どちらも梅雨への払拭意識を剥き出しにした晴れやかこの上ない楽曲で甲乙付けがたい。彼の場合、高度なスキルによらず大衆性を毎回しっかり引っさげてくるので、いつ何時も気楽に聴けるんですよね。



 

川畑要 「Half Moon feat. 鈴木雅之」
一方のこちらは、雨期の情緒をとことん意識した哀感あふれるスロウ・ナンバー。このいかにもウェットなテイスト、Martinの「ガラス越しに消えた夏」「もう涙はいらない」あたりを彷彿とさせます(なおアレンジは、Crystal Kay、May J.らを手がけてきたICEDOWNが担当)。良い意味で年季の入ったメロウネスというか。川畑にとってまさしくCHEMISTRY以来となる男性デュエットですが、Martinの存在感に引けを取らないスムースな歌唱を披露し、ソロとしてまた一歩成長を見せています。

 

Ready Candy Camp 「修羅場、マジかよpart.4 feat.D-hy(THE OCEAN’S) & 益戸(つぼます)」
”泣き歌R&Bディーヴァ4人組”の異名を取るRCCが、夏に向けたダンスホール調のナンバーで新境地を開拓。イマドキの恋愛事情を切り取ったストーリーもさることながら、お笑いコンビ:つぼますの益戸による間の抜けたナレーションがかなりツボ。ここまで清々しく「修羅場〜♪」と歌い上げるグループもそうはおりません。



MyuA 「すべて」
東海の女性シンガーの配信シングル。かねてより艶っぽい歌声を持ち味としてきた彼女。今回は甘美なピアノ・ラインや今にも飲み込まれそうな奥床しいムードを味方に付け、これまででもっともR&B然とした楽曲で勝負をかけてきました。タイトルが象徴する、シンプルかつ実直なリリックにも要注目です。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。