スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Single Review:2008年12月第1週

2008年12月07日 22:03

「君がいるだけで/さぁ行こう!」-“RESPECT”4 tracks E.P.-(DVD付き)

◆YA-KYIM 『君がいるだけで/さぁ行こう!』

まずはYA-KYIMの新作。今作は「-"RESPECT" 4 tracks E.P-」と題し、彼女らが日頃からリスペクトするアーティストと”共演”した4曲を収録しています。まずM-1「君がいるだけで」は、米米CLUBの同名曲のサビを大胆にもそのまま使用したサンプリングソング。賛否両論あるでしょうが、俺はもうこれはこれでいいんだ、と割り切る事に決めましたw てか何で日本のサンプリングを用いた楽曲って、技巧的じゃないというか捻りがないというか、ここまで薄っぺらいものが多いんでしょう・・・(´・ω・`)

M-2「「さぁ行こう!」は、SEAMOとのコラボソングという事で、さぞかしコッテコテの売れ線ソングになってるのかと思いきや、これが意外にもストリート指向のアップチューンでカッコよかったです(・∀・) 
M-3「からっぽの部屋」は、童子-TとHI-Dが客演参加、更にはプロデュースに3rd Productionsを迎え、レゲトン風リズムとシンセが蔓延る王道系切なチューンに仕上げてきました。
そしてM-4「ト・モ・ダ・チ」は、友人を好きになってしまった女子の葛藤を描いた浮遊感あるミディアム。SpontaniaとJeff Miyaharaの「君のすべてに」タッグが結集した、フロアー受けも鑑賞受けもよさそうな要領のいい1曲です。今作を聴いてて、以前よりも随分とスイーツ化した音楽性に食あたり起こしそうになったり、「ほんまにリスペクトしてるんか?」と懐疑したくなる場面もあったんですが、とりあえずは4曲とも手堅く纏まってて、よかったかなと思いますw

◆Official⇒http://ya-kyim.fc.yahoo.co.jp/

『君がいるだけで』


『さぁ行こう!』
With you ~Luv merry X'mas~(DVD付)◆COLOR 『With you~Luv merry X'mas~』
お次はCOLORの新作。
3ヶ 月連続シングルリリースの第2弾となる今作は、「涙が落ちないように」に続くLUV and SOULのカバーで、ロマンティックなメロディーが秀逸の極上のクリスマスソング。彼ら最大の持ち味である濃厚なハーモニーが、心にジワリジワリと時間を かけて染み渡っていくその過程がたまりません。彼女がいなくたって、今年のクリスマスは彼らに癒してもらえるから平気さ!(・∀・) M-2「ただ・・・ 逢いたくて」は、ファミリー関係にもあるEXILEの大ヒット曲のカバー。こちらもコーラスワークを存分に発揮した彼ららしい仕上がりになっています。来 年2月4日には最新アルバム「WHITE」のリリースも決定しました。ktkr!

◆Official⇒http://colorsoul.jp/p/index.html


KISS~恋におちて...冬◆MAY'S 『KISS~恋におちて...冬~』
お次はMAY'Sの新作。
来 年1月14日発売のアルバム「Dreaming」からのリードシングルとなる今作は、CLIFF EDGEと組んだ「Dear...」を彷彿させる、うんとポップに振り切ったキラキラ・アレンジとキャッチーなメロディーが目を惹くラブソング。そのため 取っつきやすさはメジャーデビュー後の作品中群を抜いてますが、個人的にはもう少し甘さを抑えてくれた方が良かったかな。舞子嬢の歌声は相も変わらず洗練 されててドリーミー♪ M-2「梢」は、インディ時代から歌われてきた純愛バラード。ストリングスがドラマティックに楽曲を彩ってて素晴らしい!M-3の 「Daydream(DJ Deckstream Remix)は英語詞に差し替えられたリリックがフロアに特化したトラックに馴染む殊絶Remix。

◆Official⇒http://www.clubmays.com/


BELIEVE-the white cross ep-(DVD付)◆twenty4-7 『BELIEVE-the white cross ep-』
続いてはtwenty4-7の新作。
黒 を基調にした前作「Back AGAIN」に対して、今作のコンセプトカラーは”白”。M-1の「BELIEVE」は、透明感あるアレンジに乗せて、絶え間なく溢れ出る信念を歌ったメ ロウなミディアムナンバー。リリックのテーマやサウンドからは、まさしく”純白”というワードを自ずと連想させられたんですが、今回は何よりも、シングル A面曲では初めて、MCのMIKAがHookでのリードを執っているのが印象的です。いつもは鮮明でどこか攻撃的なフロウの多い彼女ですが、こういうソフ トなフロウもバッチリこなしてくれるんですよねぇ。M-2の「Sweet Day」は律動的に動くシンセが活躍するミッド・ダンサー。トラックプロデュースはお馴染みtazz氏。M-3の「tears」は、今後注目のトラック メーカー・Sugara Bros.が手がけた、MEのハイトーンパートがHookで谺する冷ややかなスローチューン。

◆Official⇒http://www.rhythmzone.net/twenty4-7/index.html




Winter Love Story◆JYONGRI 『Winter Love Story』
ラストはJYONGRIの新作。
M-1はタイトル通り冬の恋愛模様を綴ったちょっぴり切ないミディアムアッパー。如何にもバラード題材に持って来いなリリックですが、そこに敢えて4つ打 ちの躍動的なリズムトラックを宛がった事で気持ちよいグルーヴが生じ、非常に奥深い味わいのある1曲に仕上がっています。俺個人としては、彼女の曲はアッ プナンバーを好む傾向にあるので、今作は無論どストライクですw アレンジャーには、宇多田ヒカルなどの作品を手がける本田優一郎氏が登板しています。 M-2「Tender Touch」は、包容力に溢れたハーモニーワークがステキなバラードナンバー。 M-3「Blue Destiny」は、ピアノが鬼束ちひろっぽい虚ろな音色を響かせるミディアムバラード。

◆Official⇒http://www.emimusic.jp/jyongri/

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. そうる2000 | URL | -

    なぜか12/5のブログにコメントしようとしたら、NGワードが含まれてるので、書き込みできませんってメッセージがw

    MAY'Sは今回、梢が相当良いですな!
    キスコイに関しては、もうちょいケンイチくんの言うところのグルーブ感がほしかったなぁ。
    個人的にはなんかポップ過ぎて、すごく惜しい感じ。むうぅぅ。
    1/14発売のアルバムに期待したいでちゅ。

  2. ケンイチ | URL | -

    >>そうる2000さん
    マジですか、すみません(;・∀・)
    最近広告コメントが凄い多くて参ってたので、禁止ワード設定してるんです(´・ω・`)


    「梢」いいですね!舞子嬢のボーカルがまたたまらん(;´Д`)ハァハァ 「KISS」はおっしゃる通りですねぇ~もう少しR&Bらしい側面を見せて欲しかったっていうのが本音ですw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/197-b143ab46
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。