スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TSUYOSHI 『LOVE』

2014年08月09日 20:00



<アルバムレビュー>
TSUYOSHI 『LOVE』 (2014/7/23)

1. ノスタルジア
2. Arthur's Theme (Best That You Can Do)
3. 優しい涙

4. Progress
5. Love You Better
6. Ooooh
7. Beautiful

8. For Real
9. 雨音
10. Always
11. Love Song ~ヒカリアビテ~

12. 心の熱
どこぞの誰かが「TSUYOSHIに余計な装飾はいらない」という主旨の発言をしていたけど、まったくもって言い得て妙だと思う。情感豊かで風雅、それでいて、並行して奏でられるどんな要素をも凌ぐ安定した存在感を持っていて、もはや彼の歌声だけで音楽の形(なり)を十分に果たしてしまう。そして時に、それがTSUYOSHIの奥床しい人間性までもを具現化し、まさしく歌でもって人生を歩んでいるシンガーなのだと、我々にしみじみと訴えかけるのです。

そんなTSUYOSHIの真骨頂を存分に堪能できる楽曲が、本作収録の「ノスタルジア」。キーボードのみという簡素なアレンジ構成で悠々と繰り広げられる、アダルト・オリエンテッドなバラード。年を重ねるにつれて誰もが共感するであろう歌詞のテーマ性も相まって、研ぎ澄まされたヴォーカルがいつにも増して壮大に響き渡ります。派手な展開こそないもののどこを取ってもドラマティックで、下手なお涙頂戴映画よりも断然泣けるんだなこれが。

この「ノスタルジア」のほか、映画「ミスター・アーサー」の主題歌としてヒットを記録した「Arthur's Theme (Best That You Can Do)」のR&Bカヴァーを新録として収録。さらに過去の作品の中からTSUYOSHIの持ち味として知られるメロウなナンバーを選りすぐっており、コレクション・アルバムという名目にふさわしい一貫性のあるラインアップになっています。デビュー以降のキャリアをバランス良く掻い摘まんでいるので、入門盤としてもオススメ。

最近ではR&Bのみならず、より独創的なアプローチにも力を注いでいるTSUYOSHI。オーバーグラウンドでも通用する素質を着々と開花させつつあるので、本作がその足掛かりとなることを願うばかりです。





ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。