スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:倖田來未「HOTEL」/赤西仁/tofubeats×新井ひとみ(東京女子流)/MUROZO×SiSY/Serial-8

2014年08月14日 12:11

 
倖田來未「HOTEL」
毎夏恒例、複数の新曲を収録した豪華シングル。昨年リリースした「Summer Trip」はロック⇒EDMポップ⇒ヒップホップという流れでしたが、本作ではリード曲の「HOTEL」がリゾート感のあるップホップ/R&Bチューン、「MONEY IN MY BAG」が早口系フロウが煽動するヒップホップ、そして「TURN AROUND」がメロウネスたっぷりの切なミディアムと、全体的にブラックミュージックからの影響が強く見て取れます。ほどほどにビッ○臭がするのも倖田來未ならではと言え、そういう意味でも安心して聴ける一枚。

 
赤西仁「Good Time」
今年に入り、古巣であるジャニーズ事務所を離れた赤西仁。自主レーベルからのリリースとなる本作は、作詞作曲のみならずプロデュースも自身で手がけた爽やかなダンスポップチューン。アクセントとしてギターカッティングを使用していたり、サビでは王道のパーティノリが展開されるなど、抜けの良いアプローチが中心となって聴く者を高揚させます。ソロに転身してからというもの海外、特にUSシーンに対する高い意識を剥き出しにしております、彼。日本のリスナーがどれだけ振り向くかは未知数ですが、これからも我が道を邁進していってほしいです。

 
tofubeats 「Come On Honey! feat. 新井ひとみ(東京女子流)
「ディスコの神様 feat. 藤井隆」に続く新作は、アイドルグループ:東京女子流の新井ひとみをヴォーカルに迎えた乙女度120%のアップチューン。シティポップスにも通じる洗練された夏の心情描写がtofubeatsによる軽やかなサウンドと合わさり、気分はすっかりアウトドア。新井ひとみの危なげな歌唱も、幼気な少女性をみずみずしく表現しています。人選しかり、今回も鋭い着眼を発揮したtofubeatsなのでした。

 
MUROZO×SiSY 「DREAMIN'」
9月10日にコラボレーションアルバム「PUZZLE」のリリースを控えるMUROZOとSiSYが、先行シングルを発表。その名の通りドリーミーなミドルテンポに乗せ、ウェッサイ特有のゆったりとした空間を演出しています。両者ともセックスアピールに長けているので、この手の仲睦まじいクルージングソングは本領発揮と言ったところでしょう。アルバム楽しみだなぁ。

  
Serial-8 「Somebody To Love feat. FALCO &SHINO」「温もりはいつでも優しいから」
久々のシングル作は、兄貴分であるFALCO&SHINOと勝ち気な掛け合いを繰り広げるアップ「Somebody To Love」と、彼らの真骨頂にあたるセンチメンタルなラヴソング「温もりはいつでも優しいから」の二本立て。どちらもTOSHIYAによる繊細なプロダクトが引き立っており、セルフプロデュースユニットとしてその可能性を拡大した格好です。

ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。