スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青山テルマ 『Lonely Angel』

2014年08月18日 19:38



<アルバムレビュー>
青山テルマ『Lonely Angel』 (2014/8/6)

1. TOKEYO
2. We Fell In Love feat.Rook Monroe
3. My Little Angel
4. PRAY

5. HAPPY
6. GIRLS
7. Turn Your Light On
8. Take It Slow
9. Missing You
10. Lonely Angel

11. SMILE AGAIN
およそ3年ぶりにリリースされた通算4枚目のオリジナルアルバム。と、形式上は表現せざるを得ないけど、実際のところ新生・青山テルマの1stアルバムと呼ぶのが最もふさわしいかと思う。自我の振り切り方や楽曲そのものの姿勢が随所において格段にレベルアップし、彼女が強い自信のもとに本作を牽引しているのがはっきりと見て取れる仕上がり。むろん、楽曲はおろかジャケットデザインに至るまでセルフプロデュース一色。最近ではフリーペーパーのプロデュースなどリリース以外の活動も目立つようになったテルマですが、まさかアルバム作品においてもここまでアーティスティックに物事を突き詰められるとは、まったくもって嬉しい誤算でした。

「TOKEYO」が先行で解禁された時点で、その覚醒はこれでもかと言うほど聴覚にこびりついたわけですが、いやはやアルバムも凄い。浮遊感のあるサウンドがオルタナヒップホップの風情を際立たせる「We Fell In Love」、ニッキー・ミナージュよろしくおてんばなフロウを繰り広げる(詞曲にはMaryJaneが関与)「GIRLS」といったUSの潮流と何ら遜色のないファッショナブルなナンバーをはじめ、低音域を駆使したクールな歌声が通り抜けるR&Bミッド「My Little Angel」、神聖な空気漂うピアノバラード「PRAY」、いつになくか細い歌声がセクシーな余韻をもたらす「Take It Slow」など、しんみりと聴かせる場面も充実。おまけに、一大ブームを巻き起こした「HAPPY(ファレル・ウィリアムスのカヴァー)」をあえて放り込むなど、高い自由度を体得した彼女らしいアピールが次から次に到来します。制作には、彼女が単身で渡ったLAにて出逢ったトラックメイカーが多く採用されているほか、Shingo.Sや村山晋一郎らお馴染みの顔ぶれも参加。イノベーティブな楽曲を軸としている反面、「Turn Your Light On(村山作)」や「Lonely Angel(Shingo.S作)」などデビュー初期の勢い著しいテルマをプレイバックさせる楽曲が堪能できるのも、本作の強みの一つと言えるでしょう。

企画盤の連発でキャリアを消化したりと、何かと迷走気味だったここ数年の動向が本当に嘘のよう。単純に自分の好きなことをカラフルに表現し抜いているだけでなく、そこに行き着くまでの苦しみや葛藤も楽曲のトーンによって示唆しているから、今の青山テルマが纏う人間味のすべてを絶大な説得力でもって楽しむことが出来るはずです。これはアーティストに限った話ではありませんが、何かを懸命に背負っている人が差し出す主張はやはり真に迫るものがある。未だに「そばにいるね」で定着した”泣きうた”というイメージを彼女に抱いている人もいるかもしれませんが、3年という実質的なブランクをこの一枚で見事に挽回している以上、今こそテルマに真っ当な期待を寄せるべきだと、僕は思ってやみません。





ANOTHER JBS Facebook Twitter(JBS_KEN1)  mixi
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | RLs7Suvc

    このアルバムマジ大好きです!

    テルマがこんなにかっこいいとは‼︎

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。