スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:Da-iCE「ハッシュ ハッシュ」/西野カナ/BLUE BIRD BEACH/BLUE MOON BOO/tatsuya&T-Vo/Yup'in/緒形リア/HIROKI TERAHARA

2014年09月02日 18:55

 
Da-iCE 「ハッシュ ハッシュ」
底抜けの明るさを見せ付けるポップチューン「ハッシュ ハッシュ」の馬力もさることながら、お馴染みSHIROSEの手によるダブステップ調のダンスチューン「Startin' Up」、SUNNY BOYとNaNa★MUSICがソリッドなエレクトロを提供した「You & I」と、例によってカップリング曲も秀逸な出来。ツインヴォーカルの個性もここに来て段々とメリハリが出てきたように思います。10月にはメジャー初となるアルバムのリリースも決定したそう。まだまだ楽しみは尽きません。

 
西野カナ 「Darling」
「めざましテレビ」のタイアップソングとのことで、起き抜けの身体に心地良さそうなカントリーサウンドを採用。アコースティックが基調のシングルとは、彼女にしては珍しい試み。前作「We Don't Stop」が久々にアグレッシブなアップだったから、その反動なのかも。カップリングには、エッジの立ったケイティ・ペリー風ポップダンスチューン「LOVE & JOY」などがスタンバイ。

 
BLUE BIRD BEACH 「Life is so Beautiful」
2人体制になって初めての作品は、ピースフルなサビが癖になる牧歌的アップ「SUMMERMAID」、おセンチな感情を悠然と聞かせるバラード「僕が生きる意味なんて君無しじゃ無意味だから」、そして再始動の意志がR&Bタッチのボーカルワークでもって織り成される「 Life is so Beautiful」の3曲を軸としたEP。間に挟まっているskitも彼ららしいユーモアに溢れており、依然として快活なキャラクターを目一杯感じることが出来ました。会場限定販売だそうなので、入手はお早めに。

 
BLUE MOON BOO 「Merry-Go-Round」
前2作でパワフルなダンスナンバーに挑んだBMBが、初めてミドル・バラードに挑戦。作曲に元LUVandSOULのKENTA、アレンジに倖田來未やMs.OOJAらを手がけてきたYuichi Ohnoという異色のメンツが関与し、彼女たちのしなやかな側面をグッと盛り上げています。思った以上にコンスタントなペースでリリースが続いているので、陰ながら応援している身としては嬉しい限り。

 
tatsuya & T-Vo 「Crazy For Love」
”たつたぼ”ことtatsuya & T-Voの第一弾シングル。ファッショナブルかつアクティブなイメージで渋谷のライブシーンを沸かしている彼らですが、意外にも濃密なR&Bが大の得意。メインを担う「Crazy For Love」は持ち味であるシャウト系ボーカルが映える激情ミドル。ミュージック・ソウルチャイルド「Teach Me」の気性をより激しくした感じとでも言いましょうか。対する「I will Shake A Body」では、ムーディーなベース音で身軽にチルアウト。両曲とも侮れません。

 
Yup'in 「Distance of my mind」
「No matter what I say」以来1年ぶりとなる配信シングル。もっとも、未発表曲のミュージックビデオ解禁も多く、くわえて彼女自身がライブ出演を精力的にこなしていたため、リリースのブランクはほとんど感じさせませんが。さて楽曲はと言うと、持ち前のセンシティブな感性を内包しつつ、派手でファンキーなサウンドをフルスロットルでぶっ放すアッパー。いつにも増して前のめり気味なYup'inの歌唱しかり、痛快というワードがあまりにも似つかわしい一曲。


緒形リア 「YOU'RE BEAUTIFUL」
アルバム「MY WAY」で昨年デビューを飾った緒形リアの新作は、少しばかり懐かしいかほりのする4つ打ち系ダンスチューン。歯切れの良い譜割りと存分にケロらせたボーカルによって、何とも言えない立体感が生まれているのが特徴。歌唱法やメロディラインなどから、かつて一世を風靡した泣き歌を思い起こさずにはいられない彼女ですが、意外にもヒップホップとのパイプが太かったりするので、気になる方はアルバムもチェックのほど。

 
HIROKI TERAHARA 「Control」
今週の注目枠。異国情緒に裏打ちされた妖しげなフレーズがリフレインするアップナンバーで、サウンドもボトムを強めに設定するなどいかにも前時代的なR&Bスタイル。ピンポイントで言うなら、2006年あたりに流行った作風です。この手のダンスナンバーにはめっぽう惚れやすい僕。歌唱を担当するHIROKI TERAHARAは、昨年にも配信シングル「Tell Me Why」を発表済み。こちらはメロウに揺らめくミディアムチューンに仕上がっています。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。