スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【年末恒例】『JBS Music Awards 2014』 全31部門 ノミネート発表

2014年12月19日 21:31



今年もこの季節がやって参りました。年間の名作とそれにまつわる人々を讃える当サイト独自の賞企画『JBS Music Awards 2014』!例年にも増して多様な作品に手を伸ばしたため、各賞の選考もなかなか難航したのですが、絶えず感動を与えてくれる音楽への敬意を込めて精一杯選ばせて頂きました。さっそく、2014年ならではのカテゴリも加えた過去最多、全31部門のノミネートをご覧頂こうと思います。読者の皆さんそれぞれの総括のお役に立てたらなお幸いです。それでは、どうぞ!

◆JBS Music Awards 2014◆
*対象:2012年12月から2013年11月までにリリースされた作品および同期間に功労を遂げた人物
*最優秀の結果発表は12月30日を予定
*各部門につき5項目のノミネート
*複数の部門に同じ作品がノミネートしている場合有り 
(例:R&B・オブ・ザ・イヤーとポップ・オブ・ザ・イヤーに同じ作品がランクイン)

 
◆アーティスト・オブ・ザ・イヤー◆

<アルバム>
◆R&B・オブ・ザ・イヤー◆
◆ポップ・オブ・ザ・イヤー◆
◆クリエイティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラエティ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ヴィンテージ・オブ・ザ・イヤー◆
◆プロジェクト・オブ・ザ・イヤー◆


<楽曲>
◆エモーショナル・オブ・ザ・イヤー◆
◆キャッチー・オブ・ザ・イヤー◆
◆グルーヴ・オブ・ザ・イヤー◆
◆センシュアル・オブ・ザ・イヤー◆
◆センチメンタル・オブ・ザ・イヤー◆
◆ダンス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ドラマティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハートウォーミング・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハッピー・オブ・ザ・イヤー◆
◆プリミティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロウ・オブ・ザ・イヤー◆
◆シリアス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ユニーク・オブ・ザ・イヤー◆
◆アイドル・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ディスコティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆リメイク/カバー・オブ・ザ・イヤー◆


<人物・映像>
◆プロデューサー・オブ・ザ・イヤー◆
◆リリシスト・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロディメイカー・オブ・ザ・イヤー◆
◆アレンジャー・オブ・ザ・イヤー◆
◆コラボレーション・オブ・ザ・イヤー◆
◆ビデオ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ニューカマー・オブ・ザ・イヤー◆

◆アーティスト・オブ・ザ・イヤー◆
*歌い手の技量や楽曲のクオリティなどを含む総合的な能力を駆使し、
今年飛躍を遂げたアーティストが対象

青山テルマ
w-inds.
加藤ミリヤ
KYOtaro
三代目J Soul Brothers

◆R&B・オブ・ザ・イヤー◆
*R&Bに傾倒したアルバムが対象

w-inds.「Timeless」
露崎春女「Love Naturally」
FREAK「NO TURNING BACK」
MARIN「UNCHAINED」
Yo∞Hey「Love Drugs」

◆ポップ・オブ・ザ・イヤー◆
*主にポップ/ダンスミュージック方面で健闘したアルバムが対象

CREAM 「#nofilter」
SMAP「Mr.S」
tofubeats「First Album」
西野カナ「with LOVE」
YUKI「FLY」

◆クリエイティブ・オブ・ザ・イヤー◆
*細部まで作り込んでいることが確認できる、芸術性の高いアルバムが対象

青山テルマ「Lonely Angel」
さかいゆう「Coming Up Roses」
The Gauguin「君を事情聴取」
滴草由実「A woman's heart」
JASMINE「Welcome To Jas Vegas」

◆バラエティ・オブ・ザ・イヤー◆
*ポテンシャルを費やし、多様なアプローチを試みたアルバムが対象

especia「GUSTO」
KAORU「YEAH RIGHT」
清水翔太「ENCORE」
MINMI「BAD」
YU-G「PASSING!!」

◆ヴィンテージ・オブ・ザ・イヤー◆
*先人や過去の系譜に敬意を払ったアルバムが対象


ゴスペラーズ「The Gospellers  Now」
JINTANA & EMERALDS「Destiny」
TSUNEI「Side B」
Hanah Spring「Handmade Soul」
MARU「Love and Love」

◆プロジェクト・オブ・ザ・イヤー◆
*コンセプトの色が強く、かつ高品質なアルバムが対象

加藤ミリヤ「MUSE」
JAY'ED「HOTEL HEART COLLECTOR」
Jine「Classics」
JiN「LUV GROOVE」
Various Artists「QUON 4 TABLE」

◆エモーショナル・オブ・ザ・イヤー◆
*情感豊かな楽曲が対象

加藤ミリヤ「神様」
柴田トオル「Make Me Wonder」
DJ CATCHER「You gotta be feat. Yup'in」
當山みれい「Fallin' Out」
FREAK「Movin' On」

◆キャッチー・オブ・ザ・イヤー◆
*メロディをはじめ、各要素から親しみを感じられる楽曲が対象

清水翔太「DREAM」
SPICY CHOCOLATE「うれし涙 feat. MACO & シェネル」
西野カナ「We Don't Stop」
WHITE JAM「夏なんて」
Little Glee Monster「Harmony」

◆グルーヴ・オブ・ザ・イヤー◆
*全体を通して特有のグルーヴを放つ楽曲が対象

KYOtaro「GET UP!!」
久保田利伸「Upside Down」
Jine「Take You There (Day and Night)」
ZiNg「my love」
Tigh-Z「Crazy Love」

◆シリアス・オブ・ザ・イヤー◆
*荘厳で張り詰めた雰囲気の楽曲が対象

加藤ミリヤ「冷静と情熱のあいだ」
三代目J Soul Brothers「C.O.S.M.O.S. ~秋桜~」
Nao'ymt「Cold」
MATZMI「One More Chance」
Yup'in「ヘルタースケルター」

◆センシュアル・オブ・ザ・イヤー◆
*官能的な印象を受ける楽曲が対象

w-inds.「Sexy Girl」
ELLIE「Kiddy」
MARU「1 2 3 4 U」
MINMI「#ヤッチャイタイ」
Yo∞Hey「Drop It Low」

◆センチメンタル・オブ・ザ・イヤー◆
*感傷的な余韻を誘引する楽曲が対象

岡田大毅「Baby」
さかいゆう「イバラの棘」
清水翔太「Shower」
MAR「be mine」
Licana「Only One」

◆ダンス・オブ・ザ・イヤー◆
*躍動的かつダンスに特化した楽曲が対象

三代目J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」
Da-iCE「SHOUT IT OUT」
FAKY「Better Without You」
BoA「Shout It Out」
三浦大知「Bring It Down」

◆ドラマティック・オブ・ザ・イヤー◆
*劇的な手法で魅せる楽曲が対象

EXILE ATSUSHI「MAKE A MIRACLE」
加藤ミリヤ「M.U.S.E.」
露崎春女「Agape」
BRADIO「Overnight Superstar」
WHITE JAM「Valentine」

◆ハード・オブ・ザ・イヤー◆
*荒々しさや気迫を押し出した楽曲が対象

Da-iCE「FIGHT BACK」
FAKY「Girl Digger」
三浦大知「Get Up」
jyA-Me「Crazy About You」
Yo∞Hey「GET 2 KNOW U」

◆ハートウォーミング・オブ・ザ・イヤー◆
*安らぎと優しさにあふれた楽曲が対象

安室奈美恵「BRIGHTER DAY」
KYOtaro「Be alright」
佐藤広大「flower」
菅原信介「Lady」
為岡そのみ「Merry Christmas to You」

◆ハッピー・オブ・ザ・イヤー◆
*快活でポジティブな楽曲が対象

ELLIE「Diamond Ring」
NAOKY×JUVENILE「Date-plan」
MAY'S「みんなのうた」
Yo∞Hey「After Party」
Little Glee Monster「放課後ハイファイブ」

◆プリミティブ・オブ・ザ・イヤー◆
*素朴で味わい深い作りの楽曲が対象

加藤ミリヤ「One Night Only」
KG「My Lady」
DADAKAKA「ゆれる」
tofubeats「衣替え feat. BONNIE PINK」
YUKI「君はスーパーラジカル」

◆メロウ・オブ・ザ・イヤー◆
*甘美な質感の楽曲が対象

Erie「Sea」
0TU1「KOI'N」
為岡そのみ「曖昧なカンケイ」
Chara×韻シスト「I don't know」
Vlidge「Midnight Spider」

◆ユニーク・オブ・ザ・イヤー◆
*個性的かつ独創性あふれる楽曲が対象

青山テルマ「TOKEYO」
JQ「TOKYO」
TSUNEI「Welcome to the Jungle」
Nao'ymt「Sunrise」
綿めぐみ「災難だわ」

◆アイドル・オブ・ザ・イヤー◆
*アイドルとしての側面が強いアーティストの楽曲が対象

tofubeats「Come On Honey! feat. 新井ひとみ(東京女子流)
板野友美「BOW WOW」
SMAP「Mr.S -SAITEI DE SAIKOU NA OTOKO-」
especia「No.1 Sweeper」
山下智久「ブローディア」

◆バラード・オブ・ザ・イヤー◆
*ゆったりとしたバラード・ナンバーが対象

EMI MARIA「You're My Everything」
KAORU 「Don't come back to me」
S-KEY−A「I know...」
TSUYOSHI「ノスタルジア」
YU-G「涙色グラス」

◆ディスコティック・オブ・ザ・イヤー◆
*ディスコに特化した楽曲が大賞

JASMINE「#AGARU」
tofubeats 「ディスコの神様 feat. 藤井隆」
ナオト・インティライミ「メガロポリス・ラプソディー」
Happiness「JUICY LOVE」
UKO「Signal」

◆リメイク/カバー・オブ・ザ・イヤー◆
*カバーやサンプリングなど、別のオリジナル楽曲を下敷きにした楽曲が対象

w-inds.「夢で逢えるのに ~Sometimes I Cry~」
CREAM「Nobody」
KYOtaro「Heartbeat -back to 90's remix-」
TWIN CROSS「守ってあげたい」
當山みれい「瞳をとじて」

◆プロデューサー・オブ・ザ・イヤー◆

STY
大沢伸一
Shingo.S
Tomokazu "T.O.M" Matsuzawa
Nao'ymt

◆リリシスト・オブ・ザ・イヤー◆

STY・Herbie Crichlow・Sebastian Lundberg・Fredrik Haggstam・Johan Gustafson a.k.a Trinity Music 「Girl Digger」(FAKY)
JAY'ED「Game Over」(同)
JASMINE「#AGARU」(同)
MINMI「#ヤッチャイタイ」(同)
YU-G「涙色グラス」(同)

◆メロディメイカー・オブ・ザ・イヤー◆

STY・Maozon「R.Y.U.S.E.I」(三代目J Soul Brothers)
岡田大毅「Baby」(同)
S-KEY-A「I know...」(同)
為岡そのみ「曖昧なカンケイ」(同)
DJ Mass(VIVID Neon*)/Shoko Mochiyama/etsuco/Toshihiro Takita「Love Is All We Need」(西野カナ)

◆アレンジャー・オブ・ザ・イヤー◆

大沢伸一「Shh」(AFTERSCHOOL)
ELLIE/RK「Diamond Ring」(ELLIE)
Mister Rocks「TOKEYO」(青山テルマ)
KENJI YAMAMOTO「KOI'N」(0TU1)
JUVENILE「ヘルタースケルター」(Yup'in)

◆コラボレーション・オブ・ザ・イヤー◆

加藤ミリヤ×清水翔太「Sakura Melody」
川畑要×鈴木雅之「Half Moon」
さかいゆう×Emi Meyer「Life is」
Chara×韻シスト「I don't know」
tofubeats×新井ひとみ(東京女子流)「Come on Honey!」

◆ビデオ・オブ・ザ・イヤー◆

安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」
EXILE ATSUSHI「MAKE A MIRACLE」
菅原信介「MASTER BLASTER」
NAOKY×JUVENILE「Date-Plan」
MAY'S「みんなのうた」

◆ニューカマー・オブ・ザ・イヤー◆

菅原信介
TSUNEI
當山みれい
WHITE JAM
Little Glee Monster

◆2010年版 ノミネーション 最優秀者/作品発表
◆2011年版 
ノミネーション 最優秀者/作品発表
◆2012年版 ノミネーション 最優秀者/作品発表
◆2013年版 ノミネーション 最優秀者/作品発表



ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。