スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:DA PUMP「New Position」/三浦大知「Bring It Down」/Chara×韻シスト/Licana/SHiNTA

2014年10月13日 21:24

 
DA PUMP「New Position」
およそ3年8ヶ月ぶりとなるシングルは、DA PUMPの一時代に大きく貢献したm.c.A・Tが久しぶりにプロデュースを担当。アタックの強いトラックやISSAの高音を重用したメロディパートなど、m.c.A・T印のアクティブなアプローチがふんだんに盛り込まれており、人気絶頂だった90年代後半のDA PUMPのキャリアを否が応でも思わせます。どこを取っても磨きの掛かった懐かしさで、聴き心地はむしろフレッシュ、そしてクール!このほか、甲高いシンセを容赦なく鳴らすアップリフティングなナンバー「Choose You」、M-1と同じくm.c.A・Tが手がけたハネ強めの「Who's That Girl」を収録。

 
三浦大知「Bring It Down」
dビデオオリジナルドラマ「ハング」の主題歌に起用された配信シングル。鈍重なギターがけたたましく唸るロック志向のナンバーですが、同時にデジタル的手法への配慮も忘れておらず、粗野っぽさのある「Get Up」などの過去曲と比べると質感はかなり洗練されています。今後はこうしたハイブリッドな試みがより増えていくのかもしれません。MVで確認できるコレオグラフや撮影センスも相変わらずドープの極みなので、ぜひチェックを。

 
Chara×韻シスト「I don't know」
アルバムでの共演を機に意気投合した2組が、タワーレコード限定でシングルを発表。まず、90年代R&Bの色彩を表現したメインチューンの「I don't know」が非常に素晴らしい。黙々とリズムを刻む柔和なサウンドと、Charaのアバンギャルドな猫撫で声が強烈なゆとり成分を生み、心からチルアウトするに容易い。これはもう、「Junior Sweet」超えちゃったんじゃねえかな。M-2以降の韻シストバンドによる独壇場もこれまた感動的なグルーヴで脱帽。

 
Licana「Always Be Your Girl」
今夏リリースされたアルバム『LIFE』に続く新作。May J.やEMI MARIAを手がけてきたAILIによるプロデュースで、爽やかなギターフレーズやピュアまっしぐらのリリックなど、この時期の感覚にピンポイントで迫る一曲。同じくAILIが手がけた「Rescue me」や古くは「One Way 〜自分なりの道〜」など、元来よりシリアスなキャラクター造形を持ち味とするLicanaですが、この楽曲に代表されるガーリー路線もまた、彼女の魅力をナチュラルに知らしめる上で欠かせません。


SHiNTA 「Special Day feat. Ayako Yoshida」
松藤量平をフィーチャーしたメロウなR&B「rain shower」から一転し、ジャジーかつポップなサウンド設計で送る福岡在住クリエイターSHiNTAの配信作。今回客演しているAyako Yoshidaは、ガールズユニットTRICK8fに所属するAyakaその人。アイドル然とした愛らしい節回しと、的確なリズム感の妙が素敵です。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。