スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:EXILE ATSUSHI「Precious Love」/Little Glee Monster/BENI/YURI/Heartbeat/RAYS/Rough Sketch

2014年11月03日 22:50

 
EXILE ATSUSHI「Precious Love」
3拍子の悠然としたリズムで描かれるウェディング・ソング。円熟味溢れるヴォーカルや神聖な曲調など、じっくりと聴かせてくれる要素が多いのですが、いかんせん曲中に挿入されている台詞がかなりの棒読みで玉に瑕。せめて台詞なしのバージョンの収録もあれば、ソウルフルな名バラードとして違和感なく認知できた気がします。DOBERMAN INFINITYのP-CHOを迎えた「First Christmas」は、EXILEの「Ti Amo」を彷彿とさせる切ないミドルアップ。ジャジーなピアノラインがやけに印象に残る一曲です。

 
Little Glee Monster「放課後ハイファイブ」
メンバー全員がきわめて高い歌唱力を持つ女子中高生グループのメジャーデビュー作。福原美穂がソングライターとして関与した「放課後ハイファイブ」では、70年代ロックのテイストを盛り込み懐かしい聴き心地を実現。その名の通り、少女たちの放課後をそのまんま映し出したかのような天真爛漫なヴォーカルワークに、高揚を抑えられません。そのほか、ゴスペルを下敷きにしたコーラスで実力の限りを振るった「空は見ている」、エネルギッシュな4つ打ちダンスチューン「ダイヤモンド」、そしてジャクソン5の不朽の名曲を軽やかにカヴァーした「I Want You Back」と、多様なアップナンバーが軒を連ねています。品質も気迫も、おまけに若さも申し分無いグループなので、スロウな楽曲にも期待しつつ、次回作を楽しみにしたいと思います。

 
BENI「Fun Fun Christmas」
インテリアショップ「Francfranc」の2014年版クリスマスソングとして放たれたBENIの新作。大方のメロディ構成は、シェネル×TEE×LEOの名義で昨年リリースされた同名曲を踏襲しているのですが、歌詞とアレンジは全面的に改変。BENIのフェミニンな歌唱も相まって、恋人と過ごすハートフルなシチュエーションが演出されています。言葉の響き方もなかなかドラマティックで、バイリンガルの骨頂を垣間見た気がしました。


YURI「BREATHE / BE THERE」
久保田利伸ら大御所アーティストのサポートボーカルを数多く務めてきた女性シンガーが、久しぶりに新作を発表。ナチュラルな透明感をまとった高音は依然として健在。さらに今回は、M-1の「BREATHE」がこれまであまりアプローチしてこなかったコンテンポラリー仕様のポップ/R&Bサウンドで、新機軸も滞りなく発揮できている印象です。一転して「BE THERE」は、スウィンギーなピアノ演奏のもと、落ち着きを払った歌唱を披露。シンプルながらグルーヴにも長けた仕上がりで、こちらもお気に入り。


Heartbeat「PARADISE」
90年代R&Bのカヴァーシリーズで話題を呼んだHeartbeatの配信シングル。待ちに待ったオリジナル曲の発表で、しかも映画主題歌(「グレイトフルデッド」)。いかにも陽気を誘うタイトルですが、当の内容は人間の柔なメンタルにも焦点を当てた、ダークな帳が下りるミドルトラック。ヴォーカルもどこか粗暴で、人間の馬力というものをひしひしと感じさせられた次第。気合入ってます。

 
RAYS「明日からは少し離ればなれだね...」
KENJI YAMAMOTO主宰のアルバム「QUON 4 TABLE」でもとりわけ異彩を放っていたRAYS。今回のシングルでは、遠距離恋愛を前にした男性の勇姿を、力強いバンドサウンドで描写。この手の曲調は、彼らにとってはなかなかの挑戦だったのではないでしょうか。ヴォーカルにも、普段は異なるエモさを感じます。12月には、初となるフルアルバム『ONE'S LIFE』のリリースも決定。チャレンジがてら、R&B的側面もばっちりお見舞いしてもらいたいです。


RoughSketch「ハートマーク」
サビでの涼しげな掛け合いと、ブラックミュージックにも目配りをした洗練されたポップサウンドに惹かれてチェック。歌うのは、孝介とStoolからなる音楽ユニットRough Sketch。叙述を用いた分かりやすい心情描写が特徴で、その真っすぐな歌詞に胸をくすぐられる女子が多そうな気配。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。