スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yo∞Hey 『Love Drugs』

2014年12月02日 11:35



<アルバムレビュー>
Yo∞Hey 『Love Drugs』 (2014/11/11)

1. DROP IT LOW
2. GET 2 KNOW U

3. GOING MY WAY
4. BACK SEAT
5. BACK TO YOUR LOVE

6. I WANNA BE YOUR MAN feat. Fumika
7. FREE WORLD

スキルのみならず、感覚的なセンスと品性も要求され、何より自分なりのソウルを表現豊かにアプローチできて然るべき音楽、それがR&B。ただでさえ高度なジャンルなのに、あまつさえ黒人の肉体を持ち合わせない日本人がそれに臨もうものならハードルは必然と高くなり、日頃から本場のブラックミュージックに慣れ親しんでいるリスナーや、現場に精通する玄人たちのお眼鏡に適う歌い手も現状、ほんの一握りと言ってもいいでしょう。

ただ彼、Yo∞Heyに関しては、音楽の面でその狭き門をするりとパスできる存在というか、無条件で降伏してしまう部分が僕にはありまして。たとえば、青春時代から信仰するR&Bの流儀を音源やライブで熱心に掘り下げる姿だったり、それを言わずとも愛好者としての情熱がつぶさに感じられる本格的なプロダクトだったり、とにかくどこを取ってもR&Bに一本気。少なくとも今の日本において、メインストリーム直系のR&Bを踏襲したアプローチは敬遠される傾向にあり、本場譲りのフォーマットに一貫してこだわるYo∞Heyのスタイルは、固執という概念を通り越してすこぶるセンセーショナルに映ります。特に、環境が一新された今年以降の活動はもはや異彩を放ってすらいる。彼の”好きな音楽”が、数々のタイミングやお膳立てを経てようやく真に迫り始めているのだと思うと、こちらまでワクワクしてくる今日この頃です。

そんな面目躍如のだめ押しとも言える作品が、先日発表されたデジタルEP『Love Drugs』。何を隠そう、本作は全編無料で提供されており、この手の音楽の宿命とも言える取っ付きにくい印象も何のその。仮に「R&Bを気軽に楽しんでもらいたい」という寛大な意図が含ませてあるのだとしても、未発表曲を一度にたくさん配布するという太っ腹ぶりはなかなか真似できるものではないと思うし、彼なりに腹を括った上での決断であることは間違いないでしょう。しかも、配信された楽曲は押し並べて高クオリティ。メロディラインから歌声のニュアンスに至るまで、彼が敬愛するクラブ文化や、ブラックミュージックに裏打ちされた人生観という名のリアルのもとで成立しており、そこらに氾濫する小手先だけのキッチュな代物とは完全に一線を画しています。当サイト監修のコンピCD「JAPANESE BLACK STYLE VOL.2」で一足早く収録が叶った「DROP IT LOW」や、クリス・ブラウンやアッシャーら海外のスターたちばりに甲高いヴォーカルを張り上げる「GET 2 KNOW U」、タイトルからして名スロウの予感を掻き立てる「BACK TO YOUR LOVE」あたりはまさに黄金時代の華麗なるオマージュと称すべき逸品で、血肉化したグルーヴが最高に心地良い。「I WANNA BE YOUR MAN feat. Fumika」では説明不要の同名曲を大胆にサンプリングするなど、クラシックに対する目配せもなかなか旺盛です。そして忘れてはならないのが、彼は日本人シンガーであるということ。「今さら何を言うか」と思った方もいるかもしれませんが、要はジャパニーズならではの解釈にも非常に長けているわけです。分かりやすいところで言えば歌詞。特に「GOING MY WAY」と「FREE WORLD」の2曲は、本作で最もオントレンドかつグローバルな雰囲気を広げながら、リリックにおいては他のどの楽曲よりも現実的。問題提起や決意表明も匂わせる彼の思いの丈が、日本語と英語の軽妙なブレンドを通してダイナミックに受け取れ、ややもすれば一般の歌謡曲と同等の感覚で聴くことだって難くはありません。この辺のリリカルな姿勢も、海外発祥の音楽をあまねく人々に伝えるためには必要不可欠な要素なわけで、思いのほかじっくりと煮詰められていることに感心しました。

時代と逆行していると言えばしているのかもしれないし、EDMやアンビエント、ディスコなどとのハイブリッドが隆盛を誇る中、こうした作りをナンセンスだと唱える人がいても何ら不思議ではない。ただ結局のところ、流行をある程度フラット化した上で物事の本質に迫った作品が一番心に響くとは思いませんか。ましてやそれが、フリーという格好の形態で手に入るとくれば、楽しまない手はないでしょう。こんな時代だからこそ、物珍しさ以上の感動が得られるはず。彼の類い希なる底意地を、ぜひとも!!

【配信URL】
http://www.audiomack.com/album/yohey/love-drugs-80





ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。