スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Artists 『QUON 4 TABLE -BLEND-』

2014年12月25日 22:05

 

<アルバムレビュー>
Various Artists  『QUON 4 TABLE -BLEND-』 (2014/12/17)

1. I will / USU aka SQUEZ, VOG, CLUE
2. and U? / RAYS, JUTA
3. Tasty / Rafvery, 0TU1
4. Time Machine / BLUE BIRD BEACH, 宇田川ガリバー哲男, JAE
5. Christmas for ALL / BLUE BIRD BEACH, VOG, RAYS, Rafvery, USU aka SQUEZ, CLUE,
JUTA, 0TU1, 宇田川ガリバー哲男, JAE


BLUE BIRD BEACHのKENJI YAMAMOTOが仕掛け人を務める”QUON 4 TABLE”が、今夏にリリースした一作目に続き早くもシリーズ二作目をドロップ。”QUON 4 TABLE”とは簡単に言ってしまえば、全国各地から定評のあるアーティストが一堂に会したコラボレーション・プロジェクト。特に本作『同 -BLEND-』においては、一曲につき一組のアーティストが参加するシンプルな趣旨から、二組以上のアーティストが一つの楽曲で顔を付き合わせるという言わば「よりコラボレーションの本質に特化した手法」に重きが置かれており、それぞれの持ち味を知る人にとってもさらなる化学反応が楽しめる一枚に。

収録曲は全部で5曲。今回新たに韓国人シンガーのJAEが加わり、メンバーは総勢10組となりました。前作に引き続き、ユニークかつ親近感のあるポップ・ワールドを推進する一方、冬季に合わせてメロウな色味が各曲でぐっと強調されており、ヒップホップ系のアーティストですら、KENJI YAMAMOTOのソウル極まる采配によってしなやかなグルーヴを演出しているほど。純然たるアップ・ナンバーにカテゴライズ出来そうなのはM-1の「I will」ぐらいなので、彼らのダンサブルな側面も楽しみたい方は前作も合わせてチェックを。

後の楽曲はRAYSとJUTAがオリエンタルなサウンドを悠々と泳ぐ「and U?」、ジャジーなミドル・トラックでラッパー2人のスムースな魅力をも引き出した「Tasty」、男性ならではのセックス・アピールも十分なド直球スロウ・ジャム「Time Machine」と、もっぱらR&B寄りのアプローチ。中でも、全員参加によるピースフルなクリスマス・ソング「Christmas for ALL」は、壮大なマイクリレーによってシリーズの集大成的構図が表面化し、SUGAR SHACKの「君がいるなら」に引けを取らない贅沢この上ない仕上がりとなっています。

前作でも感じたことなのですが、プロデュース側の鋭くも的確なイニシアチブと、アーティスト側の良い意味で受け身なスタンスが円滑に循環しているからこそ、これだけの大所帯が綺麗なまでに収束しているのだと思います。もはやヘビロテせずとも、個々が個々を思いやる姿や、リスペクトの眼差しで相見えているのが容易にイメージ出来てしょうがないんですよね。そのくせ自由度が高くコンセプチュアルだから、やっぱりこのプロジェクトはやめられない。今後はぜひ、ライブ会場限定に留まらない流通の強化を!



ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。