スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N.A.O. 『Sparkle』

2014年12月29日 19:39

 

<アルバムレビュー>
N.A.O. 『Sparkle』 (2014/12/17)

1. Young Forever feat.Segredo
2. S.T.R.O.N.G.E.R
3. Secret Love
4. Mr.lover
5. L.L.L

6. All right

大阪出身の女性R&Bシンガー、N.A.O.の1stアルバム。収録曲のフックを担うのが、00年代中期に流行したポップかつメロディアスなR&B。英語詞中心で綴られたデビュー曲「Secret Love」あたりはまさしく、当時大胆な復活を遂げたマライア・キャリーの所作を今っぽく解釈したものだし、重量感のあるホーンを敷いたタイトなファンク・チューン「S.T.R.O.N.G.E.R」で見せるドカドカ系のノリも、ビヨンセやエイメリーらが得意げに発揮していたそれに近い。90'sを標榜するアーティストが多い分、こうしたちょっとだけ懐かしいアプローチはなかなか新鮮で、デビュー作にして独自の分野を要領よく切り開いている印象です。くわえて、ウェットなミドル「Mr.lover」ではシアラの「Body Party」にも通じる甘ったるいウィスパーボイスを、「L.L.L」では旋律の畳みかけによって和製R&B特有の小気味よさを演出するなど、女性R&Bに求められるファクターがバランス良く取り込まれており、痒いところに手が届く人も少なくないはず。こちらの記憶が正しければ、彼女は以前にも別名義でデビューを飾っているのですが、どうやら当時からポリシーにまったく変わりはなく、今なお一途にR&Bを追い求めているようですね。嬉しい限りです。





ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。