スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Galleria「Gravity」

2015年01月30日 19:30



<アルバムレビュー>
Galleria「Gravity」 (2015/1/21)

1. Dangerous / 遠藤美菜子 feat. Shogen (Galleria) & Young Yazzy
2. Independent / RIP
3. Blow Up / Yo∞Hey
4. Can't Stop Me Now / VOG
5. Bad Girl / Reecho
6. No Way / TaTa from ABOUT

7. Player / Aki
8. Let It Go / 遠藤美菜子
9. Crazy Love / Gwangho
10. Tell Me / Aki

11. Tick Tack / CaCo from ABOUT
 
突如として発表された、全11曲のコンピレーション。指揮を執るのは、ShogenとChieからなる2人組プロデュース・チーム、Galleria。主に関西のフィールドで活動をしており、現在までにクラブ系シンガーの楽曲を多数担当。クリエイターと言えば、独りで黙々と作業をこなすイメージが元来よりありますが、彼らの場合は当然、コンポーズやアレンジ、そしてプロデュースなどを手分けして行う二人三脚スタイル。そのため、独自のカラーを反映させる資質だけでなく、クライアントの意向にも柔軟な対応能力とゆとりをもって臨めるという強力な長所が備わっているわけです。

そんなGalleriaが、持ち前の実力とセンスを一心に注いだ本作。参加アーティストには彼らが普段から親交を重ねている面々が顔を揃え、さながら一つのコミュニティを誇示しているよう。そして何と言っても、若手発信のプロジェクトとは思えないほど楽曲クオリティがきわめて高い。デジタルの技術を駆使したダンサブルなアプローチがまず耳を大いに賑わし、そこからじわじわと計算されたギミックの数々が折り重なるようにして追い打ちをかけます。その凝りに凝った離れ業は一言で言ってしまえばかなり”ぶっ飛んで”おり、トレンドとレアリティがカオスに交錯。頭の中がどうなっているのか、機会があれば一度覗いてみたいものです。特に一曲目を飾っている「Dangerous」のサイケデリックな畳みかけと言ったら、筆舌に尽くし難い。R&BでもEDMでもないワン&オンリーな世界の極致を見た気がします。

ほかにも、Yo∞Heyがノリノリでコンテンポラリーなアップを乗りこなす「Blow Up」、挑発的な小悪魔ボイスが飛び交うReecho歌唱による鈍重エレクトロ・ポップ「Bad Girl」、ソウルフルなTaTaのヴォーカル×エッジの効きまくったバウンシー・トラックの取り合わせが斬新な「No Way」、オルタナの毛色を取り入れたまさしく今様なR&B「Crazy Love」など、実力派たちの意気込みがつぶさに伝わってくるようなエモーショナルなラインナップ。また、終盤には日本人の心をくすぐる「Tell Me」「Tick Tack」の”オリエンタルなR&Bゾーン”もスタンバイ。とりわけ「Tick Tack」は、和情緒を丁寧に落とし込んだ憂いのバラッドに仕上がっており、Nao'ymt主宰の「wit'」が好きな人は思わずにんまりとしてしまうはず。

以上の魅力は、本作のごく一端に過ぎません。新世代のスキルがいかなるものかを確かめたいとする望みも、偏に最新鋭のサウンドに浸りたいという貪欲な目的も、このアルバムは必ずや叶えてくれるでしょう。しかも驚くなかれ、これだけしっかりと作り込まれているにも関わらず正真正銘のフリー配信ですから、果たして聴かない手など存在するのか、という話なのですよ。そういう点も含めて、まるっと規格外の一作でございます。

オフィシャルブログ
ダウンロードURL



ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。