スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シングルレコメンド:GENERATIONS from EXILE TRIBE/森大輔/ELLIE/ZIN/Edgar×8utterfly

2015年02月15日 23:15

 
GENERATIONS from EXILE TRIBE「Sing it Loud」
間もなくリリースされるアルバムに向けた先行シングル。キャッチーなミドル・ナンバーを得意とする彼らですが、今回は「HOT SHOT」以来となるソリッドなダンス・ナンバー。EDMから派生した近未来的なシンセ・サウンドを用い、スピード感でもって威勢の良さを伝えてくれます。トリッキーな表情を見せるブレイク部分にも注目です。カップリングには、メンバーの片寄涼太が作詞を手がけた勇壮なミドル「STORY」を収録。


森大輔「ごめんねと言って」
昨年発表された「フルムーン」に続く配信シングル第二弾。自身のワンマンライブのタイトル「森の音楽界 第三回 〜愛は狂気!?〜」になぞらえてクリエイトされた本作は、シンプルなアレンジが哀愁を引き立てるバラード。誰かに依存することで生じる悲しき代償を、じっくりと噛み締めるように歌い上げるヴォーカルが印象的です。虚無感を煽りながらも重すぎず、どこか爽やかな余韻を残すのは、柔和温順な立ち振る舞いを心がける彼ならでは。


ELLIE「Lily」
プロポーズ、情事と来て、今度は母親に感謝を伝える娘。つまるところ、今までのELLIEにはあまりなかった真面目フレイヴァー満点の一曲なわけですが、緩急豊かなメロディ・ラインや気品のあるヴォーカルなど、耳を惹きつけてやまない独自要素はいたって健在。何より、実体験ともリンクさせたであろう飾らないリリックの効果が絶大で、本当の意味でソウルフルな仕上がりとなっています。


ZIN「Deep Ocean」
現在はニューヨークに在住しているZiNgあらためZINから、久々に新録音源が到着(しかも無料)。「僕の奥深くの感情から生まれた言葉や音楽を感じてほしい」と本人がコメントしているとおり、この一年で新たに培われた深淵なセンスの賜物とも言うべきスロウに。アンビエント風のサウンドの上を悠然とたゆたっているかと思えば、クライマックスでは自身が敬愛するネオソウルの質感を突如として放り込むなど、メリハリの効いた構成も魅力的です。

 
Edgar「まだ眠らないで feat. 8utterfly」
コンスタントに作品をリリースしているEdgarが、女性シンガー:8utterflyとデュエットを実現。Edgarが主軸に置くメロウなR&Bに8utterflyお得意の切ないラヴ・ストーリーを掛け合わせており、耳当たりはどこまでもマイルド。日常描写が多いのも特徴で、特に「君が教えてくれたから 上手に玉子も焼けるけど」という俗っぽいフレーズは本作きってのパンチライン。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。