スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバムレコメンド:GENERATIONS from EXILE TRIBE/bmr presents The Truth/山口リサ/シェネル/Serial-8

2015年02月21日 19:23


GENERATIONS from EXILE TRIBE『GENERATION EX』 (2015/2/18)

1. Sing it Loud 2. EVERLASTING 3. HIGHER
4. Always with you
 5. My Only Love 6. Pump It 7. REVOLVER
8. Think of you 9. NEVER LET YOU GO 10. Make It Real
11. I Remember 12. STORY 13. 花


およそ1年3ヶ月ぶりに届けられた2ndアルバム。LDH系列のアーティストの場合、収録曲の大半を既発曲で占めるケースも少なくない中、本作は半数以上が新曲で構成されており、その時点で好感度は抜群。しかもそれらのほとんどが先鋭的なダンス・ポップの様相を呈しており、ニュージャックスウィングの毛色を含んだ「EVERLASTING」、爽やかなメロディ・ラインを配した純コンテンポラリーなアッパー「HIGHER」、男臭さを滾らせたマッシヴ・トラック「Pump It」など、新天地も申し分なく味わうことが出来ます。みずみずしいアイドル性も適材適所で忍ばせてあるあたり、他のLDHファミリーとの差別化をいよいよ本格的に図ろうとしているのかもしれません。


Various Artists『bmr presents The Truth -Japanese R&B Collection- selected by Shintaro Nishizaki』 (2015/2/18)

1. Girlfriends feat. ZEEBRA / HI-D 2. PLAYBOY feat. DABO / AI
3. The Answer / 三浦大知 4. Prisoner / 久保田利伸
5. Secret Love / ON Tyme 6. Tonight / L.L BROTHERS 7. Magic / Tina
8. YES / 宏実
 9. clumsiness / TILL 10. Love You Better / TSUYOSHI
11. G.O.O.D TIMES feat. Teddy Riley 12. Let Me / Jine
13. Color feat. JQ from 東京無礼者 / BIG BANG THEORY
14. Precious One feat. HI-D, LEO, 真之介, MICHIYA / Lugz&Jera (ex:L&J)
15. 愛と夢のあいだで / EMI MARIA


ブラック・ミュージック愛好者のバイブルとして名高いbmrが、日本のR&Bに焦点を当てたコンピレーションを発表。選曲は、R&Bディレクターの西崎信太郎が担当。HI-Dの「Girlfriends feat. ZEEBRA」やTinaの「Magic」といった不朽の名曲をはじめ、過去15年に渡るJ-R&B史の中から本場との親和性も高いナンバーが選りすぐられています。そして注目すべきは、本作でCD初収録を果たした音源が存在する点。今井大介と増倉ヨシマサによる年の差ユニット:ON Tymeは、「Secret Love」でD.I.節炸裂とも言えるキャッチーな世界観を、東京無礼者の盟友であるJQと共演したBIG BANG THEORYの「Color」はヒップホップとのスリリングな応酬をそれぞれ掲げており、新しい刺激のキャッチにも事欠きません。


山口リサ『La Blanche』 (2015/2/4)

1. Introduction~La Blanche~ 2. #I'M HERE 3. 虹色模様
4. Baby...~離れていても~ 5. October 7th
6. CRY feat.YOUNG DAIS (for N.C.B.B) 7. 30歳のカルテ
8. Moonlight 9. I Wanna Know 10. TB90's feat. DABO
11. Snow Love 12. 冬のおくりもの

フランス語で「白」を意味するアルバム・タイトルからも分かるとおり、歌手活動の原点に立ち帰ったピュアな心情や、飾り気のないラヴ・ソングを数多く収録。とりわけ「#I'M HERE」からは、自らの手で新章を切り開いていこうとする不退転の意志が見て取れ、のっけから感極まること請け合いです。他方、R&Bサイドも充実しており、セクシーなコーラス・ワークで聴かせるミッド「October 7th」や、妖しいホーンのループとDABOの援護射撃がアナログ感をばっちり演出する「TB90's」などが出色。メジャー期以上にクリエイター陣との密なコラボレーションを謳歌しているので、サウンドの自由度もきわめて高め。


シェネル『シェネル・ワールド』 (2015/2/11)

1. Happiness 2. Forever Friends 3. 君に贈る歌 ~Song For You
4. Eternal Love 5. Life Is Good feat. SWEEP 6. Change Your World
7. Love Is Louder 8. All My Ladies feat. Crystal Kay & Thelma Aoyama
9. Fierce 
10. Die For You 11. Can't Be Without You
12. Happiness feat. 松下奈緒 13. Always Love U

大衆の心に寄り添うハートフルな楽曲を歌うイメージが強いシェネル。現に本作も、ドラマ主題歌になった「Happiness」をはじめとする麗しいミドル・ナンバーが序盤からスタンバイしているわけですが、M-6「Change Your World」あたりから空気が一変。以降はイマドキのツボを押さえたシンセ・アップ「Love Is Louder」、Crystal Kay&青山テルマとヒップなトラックを分かち合う「All My Ladies」、ニッキー・ミナージュやケイティー・ペリーらに引けを取らない豪快なダンス・トラック「Fierce」など、US歌手としての根性の賜物とも言えるおてんばなパーティー・チューンが目白押し。これにはまんまと一本取られた思いです。


Serial-8『8』 (2015/1/28)

1. Overture -8- 2. 温もりはいつでも優しいから
3. Last Cigarette -ALBUM MiX- 4. Somebody To Love feat. FALCO & SHINO
5. Ring 6. 愛を二人で暖めあおう 7. Secret 8. Hey Boy -2015 REMiX-


ヴォーカルのKanaとピアノ演奏兼アレンジャーを担当するTOSHiYAで構成される音楽ユニット:Serial-8の1stアルバム。女子の心のひだを具現化したようなメロディアスなナンバーを得意とし、特に「愛を二人で暖めあおう」に代表されるバラードは、TOSHiYAによるきめ細かいピアノのニュアンスも相まって彼らの真骨頂となっています。そんな中、当サイトではあえて、唯一のアッパーである「Somebody To Love feat. FALCO & SHINO」を推薦。ファンクやヒップホップなど、コアな要素も引き連れた軽快なサウンドは、来るサマー・シーズンに打って付けです。

ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。