FC2ブログ



CHEMISTRY 『The Way We Are』

2008年06月16日 19:00

The Way We Are

1. Intro-lude ~The Way We Are~
2. 合鍵
3. PIECES OF A DREAM
4. 愛しすぎて+~DJ WATARAI Interlude~
5. BROTHERHOOD - KAWABATA and DABO
6. Point of No Return
7. CEST LA VIE+Interlude~Show You The Way
8. You Go Your Way (Album Version)
9. Rewind
10. 君をさがしてた~The Wedding Song~+~KEIKO LEE Interlude~
11. 星たちの距離 - 堂珍嘉邦 and KEIKO LEE
12. Motherland

『PIECES OF A DREAM』

当時、J-R&Bシーンのみならず日本中を席巻したボーカルデュオ・CHEMISTRYの1stアルバム『The Way We Are』(01.11.07)。発売1週間でミリオンを突破、累計でも250万枚に迫るビッグセールスを記録した今作は、デビュー曲ながらミリオンヒットとなった③をはじめとするシングル3曲を収録しています。作家&参加陣にも、RYOJI(ケツメイシ)、DABO、古内東子、和田昌哉、川口大輔、DJ WATARAI、KEIKO LEEら多くの実力派が迎えられ、彼らの記念すべき作品を強力にサポートしています。

古内東子が作詞を担当し、当初2ndシングル楽曲の候補だったという曰くつきのメロウ・ジャム②『合鍵』、洗練されたトラックと極上のハーモニーに日本中が虜になった説明不要のデビュー曲③『PIECES OF A DREAM』、ブレイク前のRYOJI(ケツメイシ)が裏方で参加したスムース・バラッド④『愛しすぎて』、Mr.フダツキー・DABOをフィーチャーした川畑メイン曲で、ストリート色強い激ハーコーHIP HOP⑤『BROTHERHOOD』、切なくも爽やかな旋律が初夏にピッタリな2ndシングル曲⑥『Point of No Return』、新たに流麗なイントロが付け加えられた名バラード⑧『You Go Your Way (Album Version)』、歯切れのよいメロとビートが気持ちよいJapanese R&Bファン垂涎の1曲⑨『Rewind』、後にドラマ主題歌としてニューバージョンでシングルリリースされる事になる永遠の愛を誓う不朽のウェディング・ソング⑩『君をさがしてた~The Wedding Song』、KEIKO LEEの渋いボーカルが堂珍の安定した歌唱と絶妙なセッションを繰り広げるアコースティック・ナンバー⑪『星たちの距離』、力を抜いた朗らかなバック・トラックに一瞬で安心感を覚えるラスト・ナンバー⑫『Motherland』などなど、

2人のソロ・セッション楽曲も収録していたりと、1stにして彼らの音楽意欲をひしひし感じ取れるシーンに残る名盤です。これはCHEMISTRYの2人に備わった確かな実力と、プロデューサーである松尾潔の視野を広く持った完璧なディレクション術が判然と功績となって現れた結果だと思っています。
ちなみに俺は当時中2だったんですけど、まわりの男友達がみんな愛聴してて、それから高1の終わりあたりまでカラオケでシングル曲のみならずアルバム曲もよくみんなで熱唱してたっていう、当時の彼らの強烈な影響力を物語るエピソードがあったりします(笑) 

★★★★★★★★★☆
公式⇒http://www.chemistryclub.net/pc/top.jsp

『愛しすぎて』
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 501 | URL | bxvF113M

    こちらのブログでは初めてコメントさせていただきますっ!
    改めてよろしくお願いします~

    えらく懐かしい名盤ですねw
    当時からR&…B……?と言われていたアルバムでしたけど、今の彼らに比べたら全然黒いことやってた気がします。
    それでもダブルミリオンまで売れるんだから、勢いってのは恐ろしいですね。

  2. KEN1 a.k.a ケンイチ | URL | jtIs1jFU

    どもども!よろしくお願いします~(*ノ∀`*)ペチッ

    彼らは今でも結構、随所随所に黒いアプローチを仕掛てますけど、昔ほどドップリっていうのはないですよねぇ。当時は日本中にR&Bというワードが定着してブームになってた頃なので、この年の彼らの勢いには恐ろしいとさえ感じました(笑)

  3. ワールダー | URL | SFo5/nok

    懐かしい!!

    こんにちは!
    最近オッサン街道を爆走中ですので、ちょっと懐かしい名盤をレビューしてもらうと、本当に嬉しいものです。ケミのアルバムの中でも一番好きなので、今でもたまに聴いています。「愛しすぎて」、「You Go Your Way」は、お酒を飲むとカラオケでたまに歌いたくなってしまいます。
    これからも懐かしい名盤のレビューもしていってくださいね。

  4. KEN1 a.k.a ケンイチ | URL | jtIs1jFU

    俺もケミのアルバムでは一番好きですw
    特に「愛しすぎて」はすごく思いいれのある曲です。メロもキャッチーなんで、思わず口ずさんじゃいますよねぇΣ(*/∀`*)ペチッ

    これから順次クラシック盤のレビューもしていく予定なので、よければまた見てください(・∀・)ニヤニヤ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/26-bdb08394
この記事へのトラックバック


最近の記事