スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

2009年03月10日 23:40

First Love

<2014年3月11日 更新>多宇田ヒカル 『First Love -15th Anniversary Deluxe Edition-』を開けてみた。

来る3月14日に、全米での2ndアルバム「This Is The One」をリリースする、宇多田ヒカル a.k.a. Utadaの1stアルバム『First Love』。実は今日3月10日は、この『First Love』がリリースされてから丸10年という記念すべき日なのです!J-POP史に残る数々の記録を打ち立て、一瞬にして日本中を宇多田フィーバーで席巻したあの頃からもう10年経つのかぁ~と思うと、何とも言えない感慨深さと哀愁が押し寄せました。 ちなみに俺は当時11歳。まだ右も左も分かっていないようなとぼけたガキんちょでしたが、そんな俺でさえ、当時今作を聴いて、「うただってすごいんだなぁ~」と、漠然とした感動に包まれた事を、今でも鮮明に憶えています。

本日は、そんな老若男女不問の一大ムーブメントを築いた、彼女の礎ともいえるモンスターアルバムを、この日の記念にご紹介したいと思います。レビューは、既に3年ほど前に別のブログでUPしていたものに若干の手直しを加えたものなので、読み辛い箇所もあるとは思いますが悪しからず。

01.Automatic -Album Edit- 
デビュー曲にして、彼女を世の認める歌姫に押し上げた超名曲。自然に身体に馴染むグルーヴ、そして本格的な打ち込みによるサウンド・アプローチは、当時まだ音楽に覚醒してなかった俺にですら目覚ましく映りました。また、『7回目のベルで受話器を取った君』というユニークな唄いだしで始まる歌詞や、PVでの屈んだ縦揺れダンス(?)も当時話題になりましたよね。今ではイントロのスクラッチ音を聴くだけで、反射的にワクワクしてしまいます。ビデオ左のアンプラグドVer.も素敵!

02.Movin' on without you 
①から間髪入れずにリリースされた2ndシングル。サビでの突き抜ける高音と、揺らぐことなくドッシリと構えたAメロの低音パートとのコントラストがいいアクセントになっているアッパーチューンです。15歳(当時)の感性によるものとは未だに信じ難い、繊細なタッチの歌詞にはただただ脱帽。

03.In My Room 
恋に恋焦がれる少女が主人公の、冷ややかなグルーヴ蔓延る秀逸ミディアム。
歌詞には「エクステンション」「フェイクファー」といったファッション用語も登場。

04.First Love 
言わずと知れた名バラード。ドラマ『魔女の条件』の主題歌に起用され、後々シングル・カットされる事になります。甘美に奏でるメロディーラインに麗しいハスキーヴォイスが絡んだ様は、まさに彼女にしか出せない唯一無二の妙味。絶品です。今なお世代を超えて愛されて続けているのも頷けます。

05.甘いワナ~Paint It Black~
④から一転、ジリジリと迫り来る混沌としたトラックに心奪われるキラーチューン。いやに奔放な歌い回しや、際どい愛を描いた刺激的なリリックなど、今楽曲でしか見せない彼女の才能の片鱗が盛りだくさんです。

06.time will tell 
『Automatic』と共に両A面として発売された”もう1つのデビュー曲”。
当時のJ-R&Bの系譜を象徴する落ち着いたビートのもと、”何事も時間が解決してくれる”と前向きなメッセージを投げかける今楽曲は、落ち込んだ時に聴くと絶大な威力を発揮します。

07.Never Let Go
Sting”Shape Of My Heart”のギターフレーズを引用した、物憂げな雰囲気放つ1曲。
「First Love」とともに、「魔女の条件」のBGMとして用いられていました。

08.B&C -Album Version-
『Movin'out without you』のカップリングとして収録されていた、快活なリズムを刻むミディアム・チューン。タイトルの「B&C」とは、歌詞中にも出てくるBonnie&Clydeのこと。かつてアメリカで数え切れないほどの悪事を働いた凶悪犯カップルですが、歌詞中ではあくまでも、”迷いなく互いの愛を信じ続けた二人”として肯定の意味合いを持って登場しています。

09.Another Chance
ソウル指向の泥臭い音色が癖になる、スモーキーな趣の1曲。
ほとほとシビアな歌詞に、ありとあらゆるやりきれなさが掻き立てられます。

10.Interlude
『よろこび 悲しみ 感動 せつなさ』という詞と、電話の留守電音声のみで構成されたインタールード。この曲から発展して制作されたのが、後に発売された2ndアルバム『Distance』収録の「言葉にならない気持ち」です。

11.Give Me A Reason
ティーン世代特有の葛藤や甘えを、等身大の解釈で綴った淡いスローナンバー。
反復コーラスと歯切れの良いリズム、そして雄叫びにも似たヒッキーのアドリブとが三位一体となった2分近くにも渡る長いアウトロダクションにより、今作での余韻も一入です。

12.Automatic -Johnny Vicious Remix-
ラストはアメリカの著名ハウスDJ・Johnny Viciousが手がけた、「Automatic」の疾走感あるリミックス作品。一種のハウスブームが到来している今、再評価されても何らおかしくなさそw


以上全12曲収録です。
とりあえず、3月10日中にUP出来て良かった。

そういえばUtadaの公式HPで、アルバム「This Is The One」から、「Come Back To Me」以外の楽曲の音源試聴がいくつかスタートしているので、是非チェックしてみてください!
アルバム、アメリカで売れればいいなぁ。

◆Official⇒http://www.emimusic.jp/hikki/
◆Official(Utada)⇒http://www.utada.jp/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 501 | URL | eYj5zAx6

    Re: 宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

    今日で10周年だったんですかーヒッキーおめでとう
    (*゚ー^)ノ*・'゚☆。.:*:・'☆
    僕も当時はすげえなあと思いつつ屈みダンスの真似しかしてなかったのですがw、その後のJ-POPの変化を見るだけで彼女の影響力は窺い知れますもんね。

    これからも末永くアーティスト生活をおくられます様に&そろそろ米でも彼女に光を…w

  2. ポニー♂ | URL | -

    Re: 宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

    おお!
    ちょうど10年前なんだね(゜∀゜)
    健ちゃん11歳とかかわゆすww
    それにしても「In My Room」ネ申すぎ!
    「Never Let Go」も(・∀・)イイ!!
    「time will tell」の
    >落ち込んだ時に聴くと絶大な威力を発揮します
    共感しすぎww
    学校で悩んだときにめっちゃ聴いたわw

  3. ピタ | URL | -

    Re: 宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

    毎週ものすごい枚数が売れてたから
    チャート見るのが楽しくてしょうがなかったなぁ(´∀`)
    「Automatic」のPVといえば
    「笑う犬」のオセロ中島のパロディを思い出すwww

  4. ケンイチ | URL | -

    Re: 宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

    >>501さん
    当時はみんな真似してましたもんねw>「Automatic」

    今作以降、彼女のフォロワーが続々と登場し、一時期飽和状態になっていたのを目の当たりにして、彼女の影響力が如何に凄まじいかを身をもって感じました。

    そんなカリスマ性も持ち合わせた、正真正銘のアーティストさんです。

  5. ケンイチ | URL | -

    Re: 宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

    >>ポニちゃん
    アホな11歳やったけど、当時まわりの家がみんなこのCD持ってて、相当凄い人なんやなって思ってたw

    「In My Room」はガチ神。
    HEY!3でのパフォは忘れもしないww

    「Time will tell」は形容できない不思議な力があるよな。
    俺も何度励まされたか・・・!

  6. ケンイチ | URL | -

    Re: 宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

    >>ピタ君
    確かにチャートフリーカーにとってはたまらない推移やったんやろうなぁ~。初動で200万枚近く売ったんやっけ?

    「笑う犬」のパロは、最近ひっさびさに見る機会があったんやけど、くだらなすぎてワロタw 

  7. ワールダー | URL | SFo5/nok

    Re: 宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

    こんにちは!
    もうこのアルバムが発売されてから10年が経ったんですね。当時21歳のボクも購入しました。あれから10年ですから、すっかりオッサンになったものです(笑)この頃邦楽のアルバムの中で一番聴き込んだので、なんだかとても懐かしいです。

  8. ケンイチ | URL | -

    Re: 宇多田ヒカル 『First Love』~10th Anniversary~

    >>ワールダーさん
    こんちゃ!
    21歳というと、今の俺の年齢ですw
    今世に出たアルバムが、10年後こうやって祭り上げられたりしたら俺はどう思うんやろうか・・・と思うと、結構楽しいものですw


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/304-414cbef0
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。