FC2ブログ



青山テルマ 『DIARY』

2008年06月27日 18:40

    

Souljaとのコラボシングル『そばにいるね』が、オリコンのシングル部門上半期売上げ首位に輝いた青山テルマの1stアルバム『DIARY』(08.03.26)。その『そばにいるね』や、デビュー曲『ONE WAY』、そして小泉今日子のヒット曲『あなたに会えてよかった』のカバーも収録されています。

1.My Beginning 2.そばにいるね feat.Soulja 3.ONE WAY 4.My dear friend 5.Last Letter 6.リズム
7.GOOD TIME REMIX feat.MIKU from YA-KYIM 8.HIGHER 9.Paradise 10.This Day feat.童子-T
11.このままで 12.あなたに会えてよかった 13.ママへ 14.DIARY


Soulja feat.青山テルマ名義でヒットした『ここにいるよ』のアンサーソングという形でリリースされ大ヒットを記録した②『そばにいるね』、『ナナナ~ナ~ナナ~♪』と軽快に歌うHookに元気をもらうデビュー曲③『ONE WAY』、②のカップリングとしてシングルに収録されPVも制作されたかけがえのない友情を歌ったミドル・ポップ④『My dear friend』、3rd Productionお得意の切ない旋律をテルマが伸びやかに歌い上げるバラード④『Last Letter』、シングル③のカップリングをYA-KYIMからMIKUを招き再構築した⑦『GOOD TIME』、シーンの流行を捉えたセンセーショナルなアッパー⑧『HIGHER』、力を抜いたボーカルスタイルで歌う童子-T客演のミッド⑩『This Day』、作詞をH.U.B、そして作曲とアレンジをEXILEやBoAらを手がける春川仁志というその道のプロたちが手がけた王道バラード⑪『このままで』、小泉今日子の1991年のヒットソングをアコギベースでしっとり聞かせるカバーに仕上げた⑫『あなたに会えてよかった』、ロッテ『ガーナミルクチョコレート』CMソングとして母の日シーズンに大量オンエアされた母への感謝の意を素直に綴った⑬『ママへ』、そして②のサイドストーリー性も感じられるストレートなラブソング⑭『DIARY』などなど、

透明感のある歌声で聴くものを魅了する、昨今の日本の商業R&Bが好きな人なら必ずや気に入るであろう1枚になっています。ただ3rd Productionが裏方で大いに関与している点や、小奇麗としたアルバムの構成などをはじめ多くの要因のせいで、どうもやっぱり加藤ミリヤがちらつくわけですよww 『ONE WAY』で正式にデビューした時には、『お、期待できるかも!』と思ってたんですけど、『そばにいるね』がヒットして、今やすっかり日本のぬるい音楽業界に飲み込まれてかけてますからねぇ・・・。ミリヤ同様もともと客演依存の高い彼女ではありますが(ソロデビュー前から数々のアーティストの作品に客演やコーラスで参加)、これからどうオリジナリティを発揮していくかによって、彼女の真価が問われていくんだと思います。

そんな彼女は再来週9日にアルバム発売後初となるシングル『何度も』をリリース。
予想通りスタンダードな1曲ですが、一過性の流行で終わってしまうのかどうかの行方も、言わばこの1枚が握っているといっても決して過言ではないのではないでしょうか。

★★★★★★★☆☆☆

Official⇒http://www.thelma.jp/

『何度も』
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. 501 | URL | bxvF113M

    すっげえ分かります。
    ONE WAY聴いた時にはミリヤ分を残しつつ、これからどう差異を(主にアングラ的な意味で)魅せてくれるか凄い楽しみだったんですけどね…
    大衆性って所詮この程度なのかと結構ガックリさせられたテルマさんでした。
    その点先輩のミリヤ嬢は宇多田の再来→女子高生のカリスマ(笑)とか変な看板を立てられつつも、実は折り合いが凄く上手だと思います。俺もライブ行ってみたいっす。

  2. KEN1 a.k.a ケンイチ | URL | jtIs1jFU

    わかっていただけて光栄ですww
    デビュー前は多彩な面子と競演してたんで、そういう意味でもこれからの彼女には音楽の幅を一番期待したいです。

    ミリヤは上手いこといいポジションつきましたよねぇ。実際にLIVEを見てつくづくそう思いました。
    両方とも決して嫌いなアーティストではないので、末永く頑張ってほしいです(・∀・)ニヤニヤ

  3. ピタ | URL | -

    すごい聴きやすいアルバムだとは思うけど、
    「あれ?こんなにポップ寄りでいいの!?」とか
    ちょっと黒さ不足を感じたりもしたかなぁ。
    あと、メディア露出を控えるタイプだと思ってたから
    売れてからテレビ出まくったのが意外に思ったw
    次のシングルとかその次ぐらいが正念場だから
    上手いこと頑張って欲しいな。
    サッパリ売れなくなるのは悲しすぎる・・・。

  4. KEN1 a.k.a ケンイチ | URL | jtIs1jFU

    そうそう~そういうところもミリヤにクリソツなんよなぁ>黒さ不足

    俺もメディア露出とテルマが結びつかなかったからHEY3のSPとか出てるの見た時はすんげぇ違和感あったww

    『何度も』はある程度大きいタイアップもらってるし、何より「そばにいるね」っていう絶大な後押しがあるわけやけど、正直今の時点でどう転ぶかは判断しかねるんよなぁ。有線や着うたはまずまずのチャートアクションみたいやし大コケはせんはずやけど。

  5. ワールダー | URL | SFo5/nok

    このアルバムは確かに聴き易く、うまくまとまっているように感じたのですが、何か物足りなさを感じてしまいました。辛口ですけども、彼女のオリジナリティというものが欠けているのかな?

  6. KEN1 a.k.a ケンイチ | URL | jtIs1jFU

    http://groovinrb.blog32.fc2.com/

    >>ワールダーさん
    おそらくそうだと思います。
    とはいえまだ試行錯誤の期間だとは思うので、これから徐々に彼女”らしさ”が出てくればいいなぁと思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/40-1cf99d67
この記事へのトラックバック


最近の記事