FC2ブログ



ニューシングルレビュー:2009年7月第2週 Vol.2

2009年07月12日 21:36

本日は、昨日のVol.1から引き続き、ニューシングルレビューのVol.2をお送りします。
ラインナップは以下の通りです。


◆twenty4-7 『Shake』
◆KREVA 『赤』
◆YU-A 『夕日』
◆谷村奈南 『every-body』
◆Safarii 『この恋にさよなら』
◆矢島美容室 『はまぐりボンバー』


Shake(DVD付)  
◆twenty4-7 『Shake』
アルバム「PROGRESS」がスマッシュヒットを記録した、twenty4-7のニューシングル。まずはご存じ、DOUBLEによる90'sクラシックをリメイクカバーした事で話題のM-1『Shake』ですが、ニュースがアナウンスされた当初は正直、「これはないわ・・・」と彼女らに対する落胆を隠せませんでした。ですがいざ楽曲を吟味してみるとPVやリリックなど、随所でDOUBLEへの強い慈愛とリスペクトが感じられたので、今は当初ほどの憤りはほとんどありません。そりゃMIKAの「ウッウッウウッ」みたいな掛け声が明らかに不要だったり、MEの英語の発音が相変わらず拙かったりと、クオリティこそ本家には遠く及びませんが、彼女らなりの解釈で、名曲を後生に残そうという意志もそれなりに伝わったので、筋が通った「リメイク」だなと、今となっては思えます。

c/wの『STRONG BODY ~247 mix~』は、7月1日にリリースされた、阪井あゆみ×twenty4-7名義のシングル『STRONG BODY』のtwenty4-7バージョン。エレクトロ調からタイトなロック調へとモデルチェンジが図られており、受ける印象も大きく異なっています。そのほかAILIがトラック提供したミディアム『MY DREAM』を収録。



赤(初回限定盤)(DVD付)  
◆KREVA 『赤』
3月にリリースした「青」に続く、色タイトルシングル第2弾。
メロウな雰囲気漂うチルアウトチューン『瞬間speechless』と、オートチューンをバキバキに使用したYMOのカバー『君に、胸キュン。 -浮気なヴァカンス-』の2曲がコンパイルされています。前作で彼の才能を大きく再評価させてもらったんですが、今作もヤバカッコいい出来で大のお気に入りです。特にM-1の『瞬間speechless』は、良い意味でHIP HOPに囚われず、オーバーグラウンドな目線を持って作られた、実に意欲に溢れた歌モノだと思います。常に挑戦的な姿勢を忘れない稀代のアーティストとして、これからも妥協ない音楽をたくさん届けて欲しいです。



  
◆YU-A 『夕日』

Foxxi misQを離脱した、YU-Aのソロプロジェクト第2弾シングル。
「孤独や辛さを拭い希望を見出す」切なさ溢れるバラード『夕日』は、ソロデビュー曲「逢いたい・・・」のようなねちっこいアプローチが薄まっており、良い感じにしなやかさを保った佳曲だと思います。「またバラードか~あんま期待出来ないなぁ・・・」とすっかり諦めきっていたんですが、直向きなリリック内容と、気丈に振る舞う女子を忠実に表現し抜いたYU-Aの歌唱に、見事やられてしまいました。c/wの『Belief』は一転して、勇壮に歌い上げるアップナンバー。



every-body(DVD付)(ジャケットA)
◆谷村奈南 『every-body』
おっ○いシンガーの新作。
夏をとことん意識したタイトルチューン『every-body』を筆頭に、英語詞を多用したクールなダンス・ポップ『GIRLS WANNA BE』、そして泥臭いR&Bに挑んだ『Mind Ya Biz』という3曲新曲を収録しています。彼女のシングルは毎作c/wまで本格的に作られているので、隅から隅まで楽しめちゃいます。さすがにそろそろアルバムが出てもいい頃よなぁ~早いとこ頼んますw



この恋にさよなら(初回生産限定盤)(DVD付)  
◆Safarii 『この恋にさよなら』
ハワイアンレゲエを歌う男女混合3人組ユニット・Safariiの新作。
キャッチーなメロディーで恋に見切りを付けるミディアムソング『この恋にさよなら』が有線でひっきりなしに流れていたのでチェックさせてもらいましたが、女性のVo.が巻き舌風で、なかなか良い声してはります。男性のラップは・・・あってもなくてもいいかなw そんな男声メインのc/w『Sunset Beach』、そして『Stand Up』はともに、南国らしい緩~いサウンドが印象的で、部屋にいながらリゾート気分が味わえそうな内容になっています。ただこれらをレゲエと定義するかどうかに関しては、ちょっぴり怪しい部分がありますけどねw 



はまぐりボンバー  
◆矢島美容室 『はまぐりボンバー』
ラストはまさかの矢島美容室w
去年暮れの解散撤回宣言以降、コンスタントにリリースを重ねているかr・・・彼女らですが、今作でもぶっとんだギャグセンスと、GSを意識した回帰的なサウンドで、大いに笑わせ、楽しませてくれます。特に楽曲のサビが、サザンオールスターズの『BOHBO No.5』そのものだったのには糞ワロタw そこら辺は、タブーにも躊躇わず切り込む3人だからこそ出来る業ですよねぇ。この夏は、この際どい「お遊びソング」で決まりッ(`∀´)b

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ぶる〜 | URL | -

    Re: ニューシングルレビュー:2009年7月第2週 Vol.2

    『Shake』・・・意外(失礼)と良かったですね。
    RAPが入ったことでカバー感が少し薄れたのと、何といっても原曲が良い!!から聴けてしまう!v-12ということに尽きる気がするww

    谷村奈南・・・ええ、iTunesでPVを購入しましたww
    やはりこのビジュアルにはかないませんよv-290

  2. パン助 | URL | -

    Re: ニューシングルレビュー:2009年7月第2週 Vol.2

    >>ぶる~さん
    確かに原曲の威力は凄いですよねぇ~。
    何だかんだで、247のテイストも塩梅よく盛り込まれていたので、思いの外好印象でしたww

    谷村は相変わらず乳で押しますね~w
    早いとこアルバムが聴きたいっす♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/429-7f1fbb8f
この記事へのトラックバック


最近の記事