FC2ブログ



The New Classics 『STORY』

2009年08月08日 20:44

STORY  

Asu、Kaz、GregからなるR&B/HIP HOPグループ・The New Classicsのアルバム『STORY』(09.07.15)をレビュー。メジャーデビュー後初となるフルアルバムです。

1. KANSHA feat.WISE,May J.
2. Dreamland feat.YA-KYIM
3. 手紙
4. I loved you
5. ~Interlude~
6. Someday Somewhere Someone
7. 冬桜
8. The Story of My Life
9. 夜虹
10. ~Interlude~
11. One of a Kind
12. T.G.I.F. feat.Ai from RSP
13. 最後の夏休み
14. 渇かないナミダ

主な収録曲を追っていくと、
May J.とWISEを招いた穏和なHIP POPソング①『KANSHA』、こちらはYA-KYIM客演のFUNK色強いアッパー②『Dreamland』、美メロ取り巻く切ないラブソング④『I loved you』、Vlidgeっぽいテイストの繊細なトラックが気持ちよいR&Bチューン⑥『Someday Somewhere Someone』、説得力を込めて丁寧に歌い上げるハートウォーミングな1stシングル⑦『冬桜』、ピアノを軸にした清潔感溢れるミドルチューン⑧『The Story of My Life』、従来には見られなかった疾走感が魅力の4つ打ちナンバー⑪『One of a Kind』、フロアーでの恋を歌ったグルーヴィーなパーティーチューン⑫『T.G.I.F』、そして緩いアコースティックサウンドで展開するおセンチバラッド⑭『渇かないナミダ』などなど、

とことんアップに打ち込んだ⑪や本流のR&Bアプローチで男の色気を振りまく⑥など、ミニアルバム『BIRTH』やシングル作では窺いしきれなかった、彼らの多様な表情が詰まった1枚です。「メロウさ」だけが決して彼らの魅力のすべてではないという事を、今作を聴いて、つくづく思い知らされた気がします。

トラックメーカーでは、HI-Dとの仕事などで知られるEQが大健闘。前述の⑪をはじめ、対照的なスローである④なども担当し、彼らの音楽性を的確にアシストする、見事なプロデュースぶりを発揮してくれました。そのほか宏実の「RAINBOW」への参加も記憶に新しい新鋭・fink bro.も、⑥で才能の一端を爽快なまでに見せつけてくれました。大いにGJ!



◆DEBUT MINI ALBUM 『BIRTH』のレビューはこちら
★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.thenewclassics.com/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/450-f547b576
    この記事へのトラックバック


    最近の記事