FC2ブログ



LIVEレポ 『JAY'ED 1st TOUR2009"MUSICATION"』 in 心斎橋CLUB QUATTRO

2009年11月03日 19:30


メジャー1stアルバム『MUSICATION』がヒット中のJAY'ED。そんな彼の生涯初となるツアーの初日に、友人と参戦して参りました!会場は、心斎橋CLUB QUATTRO。客層は、男3:女7ぐらいだったんですが、年齢層はパッと見る限り、かなり幅広かったように思います。ちなみに開演数時間前に、会場のあるビル前で、新型インフル対策でか、でっかいマスクをしたJAY'EDとバッタリ遭遇するというハプニングもありましたw

◆アルバム 『MUSICATION』のレビューはこちら
◆外仕事特集 『OUT WORKS JAY'ED』はこちら

【セットリスト】
01. Open Your Heart
02. Can't Let Go
<MC>
03. SUNLIGHT
04. This Summertime
-Medley-
~05. Human Nature / Michael Jackson
~06. Never Too Much / Luther Vandross
07. Missing
08. CRY FOR YOU
<MC>
09. ずっと一緒
<衣装チェンジ>
10. do I do
<MC>
11. I do
12. Just let Me know feat.Jazzy Blaze
<MC>
13. Luv Is... feat.EMI MARIA
14. 最後の優しさ(Album Version)
<MC>
15. Everybody

-Encore-
16. Number 2 Heaven
<MC>
17. Why?
OPは、アルバム内で特にお気に入りの『Open Your Heart』。JAY'EDが登場するや否や、「JAY'EDー!!」「カッコいいー!」という黄色い声援が飛び交ってました。衣装は黄色のビニールパーカーにチェック柄のパンツ、そしてトレードマークである黒いハットを被ってました。続く『Can't Let Go』では、マイクスタンドをロッカーのように、アクロバティックに扱うパフォーマンスも披露してくれました。その後「(大阪)ただいま!」「お帰りー!」と観客との軽いコール&レスポンスを終え、立て続けに5曲を歌唱。中でも彼のLIVE定番であるカバー3連発は、「Michael Jackson、Luther Vandross、そして久保田利伸さんは俺の音楽のルーツ。それを皆さんに知って欲しくてセットリストに入れた。」と後のMCでJAY'EDが話していただけに、非常に意義深かったです。特にJAY'ED流『Human Nature』、流暢なリズム感でカッコよすぎました!ほかにも今回のアルバムタイトルを付けた理由も話してて、「音楽はコミュニケーションツールの1つ。今日は皆さんと音楽を通して1つになりたいです。」みたいな事を言ってました。そんな観客との距離を埋めた長いMCの後は、『ずっと一緒』を1つキーを下げて歌い上げ、彼の衣装チェンジTIMEへ突入。

約3分後、赤ジャケット姿で登場した彼は、Stivie Wonderのカバー『do I do』を溌剌と歌唱。途中ステージを降り、最前列の観客と握手を交わす親しみあるパフォーマンスで魅せてくれました。俺もだいぶ前の方で見てたんですが、JAY'EDに握手して貰おうと、俺の後ろから必死に手を伸ばすババアが超うざかったっすw それが終わると、2回目となる長期MCへ。脱帽し、「暑い!」「今日すんげぇ緊張してるんですよね」と恥ずかしながら言うJAY'EDに、観客からはツッコミが飛び交ってましたw その中の一人が「帽子ちょうだい!」とJAY'EDにねだったところ、「「それはねー・・・えーっと・・・ちょっと困るんです(苦笑)」としどろもどろに話してたのはワロタw 「I do」でゴリゴリに盛り上がった後は、インディー盤「The Gift」から、『Just let Me know』!ゲスト1人目としてJazzy Blazeが登場し、ハイテンションで弾丸ラップをぶっ放してくれました。これにはJAY'EDもたじたじだったようで、途中から向こうのノリについていけなさげでしたww 

そしてアルバムの名バラード『Luv Is...』。予想通り、EMI MARIA登場キタ━━(゜∀゜)━━!!! 何気に初EMI MARIAでしたが、思った以上の生での可愛さにビックリw 途中、イヤホントラブルでJAY'EDが歌をごまかす場面もありましたが、めちゃめちゃスウィートでたまらないデュエットでした。この曲に関しては、「EMI MARIAが自分のパートをレコーディングしてるのを聞いて、JAY'EDがあまりの心地よさに眠ってしまった」という、この楽曲の安眠度を裏付けるエピソードを披露してくれました。そして続けざまに『最後の優しさ』を、アルバムに収録のピアノVer.でしっとりと歌唱。最後の「君へ贈る歌~♪」の節を、マイクを通さず歌ったのには、思わず舌を巻きました。素晴らしかったです。本編ラストは、最新シングルである『Everybody』。この直前のMC内の、「次の曲で最後になります。」⇒一同「えーっ!?」⇒「まだそんなに曲ないねん!(笑)」と逆ギレするまでの流れが面白すぎましたw

アンコールは、彼が師匠でもある故ORITO氏に宛てたという『Number 2 Heaven』でスタート。この曲を全英語詞にした理由について、彼が「個人的なものにしたかった」と答えたのには、胸を打たれました。師も天国できっと、活躍を見ててくれてるはずです。そんなORITO氏との共作『Why?』で、LIVEはしめやかに幕引き。脱帽の上、目を潤ませながら歌う、JAY'EDの姿が印象的でした。


LIVEを通して思った感想は、とにかく「バックバンドの醸す音色が凄く良かった」という事。
原曲のトラックに頼らず、そのほとんどを生音で表現していたので、音の一つ一つが非常に際立って伝わってきて、臨場感十分でした。特に随所に登場したアコギ。「CRY FOR YOU」や「Missing」でのしなやかな健闘ぶりには、痺れましたね。

メジャー以降のファンの方が大多数だったようですが、インディ時代からの根強いファンの方も多くいたようで、安心しました。これからもドンドンひた走って、素晴らしい音楽を届けて頂きたいです。

◆Official⇒http://www.jayed.jp/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ポニー♂ | URL | -

    Re: LIVEレポ 『JAY'ED 1st TOUR2009

    バッタリ会ったエピソード詳しく聞きたいw
    JAY'EDもマイコーも聴いてみたいな~♪
    最近ちょい興味あるからアルバムも聴いてみたい!

  2. パン助 | URL | -

    Re: LIVEレポ 『JAY'ED 1st TOUR2009

    >>ポニちゃん
    会場のある心斎橋に着いたのがだいぶ早かったから、とりあえず会場下見してから買い物行くか~って事になってさ。んで会場がビルに入ってて、そっから出たときに、ツレがJAY'EDがビルに向かって歩いてきてるの見つけてさww あまりに突発的な事やったから、一瞬目が合っただけで握手とかも求めてないんやけど、すんげぇ怪訝な顔されたのは憶えてるww

    アルバムはUTA氏とかBACH LOGIC氏が関わってて、かつ色んなテイストの曲が入ってるから、割とすんなり聴けると思う(・∀・) 聴いたら感想希望!w

  3. ぶる~ | URL | -

    Re: LIVEレポ 『JAY'ED 1st TOUR2009

    うわ~『Human Nature』聴いてみたかったです。

    アルバム、どうせ甘甘路線で来るかとタカをくくってたのですが、とんでもない!!・・・かっこいい曲多いよね。
    「Open~」はもちろん「This Summertime」なんかもお気に入りですv-10

  4. パン助 | URL | -

    Re: LIVEレポ 『JAY'ED 1st TOUR2009

    >>ぶる~さん
    フルではなかったのですが、もの凄く粋な歌いっぷりでした。>Human Nature
    いずれカバーアルバム出してほしいぐらいですw

    そうなんです!結構ブレイクめがけた楽曲がシングルでは多かったので、アルバムはどうなることかと思いきや、想像を遙かに上回るハイクオリティでビックリしました。この調子で頑張って頂きたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/538-c1db95b8
この記事へのトラックバック


最近の記事