FC2ブログ



ミトカツユキ 『SUMMER CANDLE』

2008年07月13日 19:22



以前MITOとしても活躍していた男性シンガーソングライター・ミトカツユキのミニアルバム『SUMMER CANDLE』(08.07.09)。インディ時代の楽曲のリメイクをはじめ、名曲のカバーなどを収録したバラードアルバムです。

1.Amazing Grace
ゴスペルのスタンダードとして知らぬ者はいないであろう名曲のカバー。ミト自身によって紡がれるジャジーなピアノラインの中、彼の渋くて黒いアドリブが縦横無尽に炸裂する珠玉の1曲。

2.会いたくて SEASONⅡ
インディーズ時代に発表されたアルバム「Natural Soul」収録のナンバーのセルフリメイク。
素直なメロディーラインを尊重するかのようにソフトに歌い上げるスケール感あるバラードです。

3.足跡
彼のシンガーソングライターとしての才能が遺憾なく発揮された、洒落たソウルバラッド。

4.I Will
ピアノとベースの低音が楽曲の輪郭を鮮明に醸し出すゴスペルテイストのナンバー。常日頃平和を願う我々の心中にそっと光を点してくれるような前向きなリリックが素敵です。

5.ラヴ・イズ・オーヴァー
中国出身の女性歌謡シンガー・欧陽菲菲の1984年の大ヒット曲のカバー。シンプルなアレンジと情感こもった歌唱で、愛の終焉を潔く歌った原曲の世界観を崩すことなく表現してみせています。

6.悲しみの向こう側
収録曲中最もアコースティック感の強いナンバー。包容力のある大らかなサウンドに相反して、リリックで情熱的な恋愛を描写しているのが特徴。

7.奇跡~大きな愛のように~
TBS系ドラマ「おふくろ先生のゆうばり診療日記」主題歌に起用されたさだまさしの楽曲のカバー。
ピアノとストリングスのみという最高にしなやかなサウンド構成に、心は見る見る恍惚へ。


★★★★★★★☆☆☆
Official⇒http://www.mito310.com/
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/58-bc459987
    この記事へのトラックバック


    最近の記事