スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特集 『Summer Anthem 2008』 Vol.1

2008年07月19日 19:00

さてさて~外は夏本番の暑さで、毎日クーラーなしでは生きられないKEN1でございます。

今回は少し趣向を変えて、『Summer Anthem 2008』と題しまして、こういう時季だからこそ聴きたい楽曲を、全2回に分けていくつかご紹介したいと思います。第1回は、「目には目を、暑さには”熱さ”を」ということで、アッパーチューンを中心に16曲をピックアップ。まぁあくまで自分の思いついたものをちょちょっと選りすぐった程度なので、楽曲に激しく偏りがございますがご了承をw それではいつもどおり俺目線のレビューで、かつ結構長いので、時間に余裕のある時にどぞ!w


**********************************************************************************
LIFE◆MONDO GROSSO 『LIFE feat.bird』 (00.05.24)
2000年発売。MONDO GROSSOは大沢伸一のソロプロジェクトで、当時大沢自らがプロデュースをした1stアルバムがロングヒットを記録していたbirdを起用した、これぞ最高のサマーアンセム。サンバ・ハウス・ボッサなどをいいとこ取りしたような縦横無尽なサウンドと、birdの清涼感たっぷりのボーカルのコントラストな取り合わせがもう最高!イントロのギターの時点で、めっちゃ気分アガるもんなぁw bird×大沢の相性のブレのなさを、これでもかと世に知らしめた名曲です。





**********************************************************************************
EXPANSION◆小柳ゆき 『feel the destiny』(00.08.23)
当時このアルバムを含めヒットを連発し、飛ぶ取り落とす勢いだったディーバ・小柳ゆきの『EXPANSION』の冒頭チューン。南米チックなジメジメしたイントロから幕を開け、『Wow wow~』とバックボーカルが煽り立て、極めつけは小柳氏が雄たけびのごとく野性的なボーカルを我々に見舞う・・・どこをとっても挑発的な楽曲は、夏のためにあるかのような圧倒的な存在感を見せ付けてくれます!「きっとここで私たちは 出会う運命だった」という意気に満ちたフレーズには、何度聴いてもヤラれます。この「EXPANSION」は名盤で、今でもよく聴くんですが、1曲目に据えられているということもあり、この曲ばっかリピートしてしまって、なかなか先へ進まないっていうw

**********************************************************************************
火ノ粉ヲ散ラス昇龍 [MAXI]◆餓鬼レンジャー 『火ノ粉ヲ散ラス昇竜』(01.05.23)
High Switch(DJ,MC),ポチョムキン(MC),YOSHI(MC),G.P(DJ)からなるHIP HOPグループ・餓鬼レンジャーのメジャーデビュー作。『上拳 上拳 マイクテスティング』のフレーズは、皆さん聞き覚えがあるんではないでしょうか。和というよりかは寧ろチャイナナイズされたオリエンタルなバウンシートラックに乗せて、目まぐるしくラップリレーを繰り広げる様は圧巻です。曲中に夏というワードは登場しませんが、楽曲からにじみ出る男特有のがむしゃらタフネスが夏の熱気顔負けやろうという事でご紹介。




**********************************************************************************
White Shiny Street◆中川晃教 『White Shiny Street』(02.05.29)
現在ミュージカル俳優としても活躍するシンガーソングライター・中川晃教の3rdシングル。彼持ち前のハイトーンボイスがよく映えた魅惑のアップ・ダンサーで、程よく乾燥した90'sノリのサウンドは、好みの女性を前にした際の胸の高鳴り・時めきを如実に表現しているように思います。発売当時中3だったんですが、その楽しげな歌唱にすっかり虜になってしまってました。ちなみにPVには藤原紀香が出演していますが、どこにも置いてなかったorz



**********************************************************************************
FLOATIN’◆CHEMISTRY 『FLOATIN'』(02.07.17)
ASAYAN出身のボーカル・デュオであるCHEMISTRYの通算5枚目のシングル。当時少しずつ世間に浸透し始めていた2ステップを用いたミッド・アッパーだったんですが、冒険心を見せ付けすぎたためか商業面ではあまり健闘しなかったんですよねぇ(´・ω・`)ショボーン 彼らの夏ウタといえば大ヒットした「Point of No Return」などがありますが、個人的にこの曲をもっと普及させたい!と何故か今更思ってコチラを採用w 大Hook前のアコギのすべらかなアルペジオなんか最高じゃないっすかーかなり爽やか!決して駄曲なんかじゃありませんよ(・∀・)ニヤニヤ



**********************************************************************************

長くなるので、続きは追記へどうぞ!
Summer Gorgeous◆F.O.H 『Summer Gorgeous』(03.07.23)
現 在Full Of Harmonyとして日本のR&Bシーンの中核を担っている3人組の2003年発サマーアンセム。ホーンの快活な音色が気持ちいいリズミックな R&Bチューンで、今聴くと「夏の情事を歌わせたら右に出るものはおらんなー」とつくづく痛感してしまいますw この曲のほかに「PARTY TUNE」なんかも王道路線まっしぐらな夏ウタなんですけど、やっぱり彼らはこれとか「Exclusive」みたいにどことなくでも怪しい曲のほうがすん げぇいい味出すわけでw 来年でデビュー10周年の彼ら、何かしでかしてくれることを期待してます!


**********************************************************************************
GET UP!ep     (CCCD)◆Soulhead 『GET UP!』(03.07.30)
こ ちらは昨年デビュー5周年を迎えた、巧みなコーラスが素敵な姉妹ユニット・Soulheadの5thシングル。これまでの陰なグルーヴを纏っていたシング ルとは一線を画す、思いっきり夏してる開放的なアッパーチューンで、当時からのファンの方はぶったまげたはずですw この曲は友達との間でのちょっとした プライベートエピソードがあって、昨年LIVEに足を運んだ際もこの曲でアホみたいに盛り上がりました。PVは沖縄で撮影されており、楽曲単体で聴くより 尚楽しめる仕上がりになってます。「You are my brother,You are my sister」というリリックが示すとおり、世界中の人々が一体となって堪能できる1曲・・・って言ったらちょっと大げさ?w

**********************************************************************************
BRAND NEW ARIA!!!(CCCD)◆Asuka 『BRAND NEW ARIA!!!』(03.08.20)
現ARIAとして活動するAsukaのデビューシングル。
夏 特有の湿気をタップリ含んだダンスホール調ナンバーで、後に変更される自身のアーティスト名をタイトルに、自身の出身地『大阪』をHookで高らかに フィーチャーしていたりと、意外にもパーソナルな楽曲なんですよねぇ。無心で騒ぎたい時には持って来いな1曲といえそうです。

PVはコチラ
**********************************************************************************
Do You Know?(CCCD)◆nobodyknows+ 『SUMMER』(04.06.30)
5MC+1DJ というグループ形態が話題になったnobodyknows+のヒットアルバム『Do You Know?』からの1曲。堂々と「SUMMER」と冠しているだけあって、夏の蒸し暑さを潔く訴えかけるリリックと、それを畳み掛けるようにテンポよくフ ロウしていくマイクリレーが爽快な1曲になっています。彼らは当時からあまり好きではないのですが、この曲にはことごとくハマりましたねぇ。5人5色の個 性的なフロウなので、単調じゃないし、あっという間に時間が過ぎちゃう感じ。夏は普段辟易しているお馬鹿ソングがいくらでも聴けるので、ある意味貴重な時 季といえそうですw



**********************************************************************************
female オリジナル・サウンドトラック◆Sowelu 『Uh with HI-D and JUN 4 HOT from FIRE BALL』 (05.05.11)
映 画『famale』のサントラに収録されていた豪華コラボの1曲。プロデューサーは大活躍の今井大介氏で、とかく全面的にウェットでエロい雰囲気ムンムン でございますw 特にSoweluの『アッ・・・』という掛け声には悩殺必至w 今回紹介している楽曲群の中で1、2を争うぐらい暑さを助長してしまう楽 曲なんですが、このムーッとした暑苦しい空気がたまらないんですよねーΣ(*/∀`*)ペチッ 毛色の違う3組をフィーチャーしているのもGood!



**********************************************************************************
PERFECT BLUE◆three NATION 『PERFECT BLUE』(05.06.15)
JUN(Vo.)、 EIGO(MC)、ZANE(MC)からなるartimage所属のHIP HOPユニット・three NATIONの7thシングル。レゲエベースのリズミカルなビートと、ソーダ水のように爽やかな後味のJUNのボーカルは、これから更に本格化するであろ う猛暑を心地よく演出してくれるはずです。現在はソロ活動が中心になっているこのグループ、リリースは2005年を最後に途絶えちゃってるんですよねぇ~ 久々に新作出ないかなぁ(´・ω・`)ショボーン





**********************************************************************************
LAST SUMMER◆So'Fly 『LAST SUMMER』(06.06.28)
プ ロデューサー業もこなすGIORGIO 13とVo.のTOKOの2人組HIP POPユニットの2006年発売シングル。色褪せない夏の恋を懐古する一見ほろ苦い内容なんですが、彼らの洗練された「HIP POP」というフィルターを通すと、涼しさを伴っていい意味で吹っ切れてしまうので不思議です。キャッチーなメロなので、聴く機会さえあればたくさんの人 に支持されそうな楽曲なんですが、何せ今ではすっかりJ-POPの流れに埋もれ「隠れた名曲」になってしまっている印象。系統でいえばmihimaru GTに近い印象ですが、こっちの方が独特のアングラ感があって好きかなΣ(*/∀`*)ペチッ まぁそれがあるからこそ売れないんやろうけど (;´Д`)w


**********************************************************************************
Last summer◆加藤ミリヤ 『Last Summer』(06.07.19)
奇 しくもSo'FLyと同年発売&同タイトルの今作は、女子高生のカリスマ・加藤ミリヤの6thシングル。当時高校を卒業したばかりだった彼女が、高校時代 仲間と騒いだ鮮やかな思い出をモチーフに自らリリックを書き下ろしたリアリティ溢れる夏曲です。友達と過ごす夏って、案外恋人との思い出よりも印象強いも んなんですよねぇ。これ聴く度に、友達とオールして馬鹿やったこととか、すべてが若気の至りだったティーンの頃の思い出を次から次へと思い出してしまいま すw それにしても、PV&ジャケのミリヤ黒すぎΣ(*/∀`*)ペチッ



**********************************************************************************
LENNON◆CHRIS 『Moon and the Sun feat.DJ KAORI』(07.06.06)
日本人の父とアメリカ人の母を持つMC・CHRISの2ndアルバム『LENNON』からの1曲。バスケ選手・モデルなど様々な顔を持つ彼ですが、ラッパーとしてのスキルもなかなかのものです。今楽曲はあの「DJケオリィィ」のやかましい掛 け声でおなじみのトップDJ・DJKAORIを、まさかのVo.として客演に迎えたスムースなナンバー。直接的な夏ウタではないものの、海辺のドライブに 重宝しそうな煌びやかなグルーヴが実に心憎い1曲なので採用w トラックはクリちゃんなどの作品を手がけるSUBZERO a.k.a. ICEDOWN。浮遊感あるアレンジと、軽めのハンドクラップという、彼の最たる特色を曲一杯に広げているので、一度聴いて即座にSUBZERO作だと分 かりました(・∀・)ニヤニヤ

試聴はコチラ
**********************************************************************************
SUMMERTIME feat.VERBAL(DVD付)◆DOUBLE 『SUMMERTIME feat.VERBAL』(07.07.04)
今 年デビュー10周年を迎えた孤高のR&Bクイーン・DOUBLEの2007年の作品。「海へ行こう~すぐに行こう~」と夏だからこそ楽しみたいん だ!という意気込みが強く感じられるミッド・アッパーで、客演にはm-floのVERBALが参加しています。それまで一貫してきたクールなイメージを払 拭するようにキュートさを打ち出してきたこの曲は、ファンの間で今尚賛否両論なようですが、俺はそんなTAKAKO姉さんも大好きですw こんな事言った ら変態じみてますが、「水着の跡見せ付けて歩いて!」って感じww エロチシズムの振りまきに躊躇がない夏ならではの1曲です。




**********************************************************************************
Fly Out◆twenty4-7 『Fly Out』(07.08.29)
ラ ストは俺も大好きな2人組ユニット・twenty4-7のメジャーデビューシングルをご紹介。程よい具合に聴き手を煽ってくるキラキラサウンドと、MEと MIKAの凛としたフロウが心に澄んだ風を送り込んでくれる爽快アッパーで、彼女らの核ともいえるポジティブネスが深く息づいています。俺が今最も応援し ているアーティストで、発売当時のインストアライブにも足を運んだんですが、人がまばらの中で堂々と歌う2人を見て、色々と感銘を受けたのを今でも鮮明に 覚えています。「悩んでる暇があったら立ち上がりな!」と夏バテさえも吹き飛ばしてくれそうな力強いメッセージを掲げる2007年残暑の大衆応援ソングな のでした。あ、今年の夏ウタ『summer story』もよろしく!w


**********************************************************************************

てなわけでやってまいりましたが、いかがだったでしょうか?
ちなみに夏というイメージが根付くレゲエジャンルの楽曲に関しては、今回極力除外させてもらってます。
挙げたらキリがないからねぇΣ(*/∀`*)ペチッ

上に挙げた楽曲以外にもサマーソングはたくさん存在するので、皆さんの「夏×アッパーといえばこの曲!」という曲も是非教えて欲しいなぁと思います。

第2回はスロー&ミッドテンポの夏ウタを中心にご紹介!
鋭意執筆中ですが、これだけのレビュー書くのは結構疲れるし、時間もかかるので、発表時期は一応未定ってことでΣ(*/∀`*)ペチッw
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. そうる2000 | URL | -

    あらっ

    からーの、さまーたいむくるーじんがはいってないじゃあーりませんかっ!

  2. ピタ | URL | -

    「feel the destiny」キター(゚∀゚)
    ちょうど昨日聴いたとこw
    『EXPANSION』のジャケに関して
    小柳氏本人が「Lil Kimっぽい感じじゃない?」って
    いろんなところで嬉しそうに言いまくってたのが懐かしい(´∀`)
    あと小柳氏で夏といえば「Endless」と「DEEP DEEP」だね。

  3. ポニー♂ | URL | -

    ケミの曲で夏歌とか関係なく一番好きなのFLOATIN'かも知れないw

  4. KEN1 a.k.a. ケンイチ | URL | -

    >>そうる2000さん
    「Summer Time Cruisin'」はVol.2のほうで紹介決定済です(・∀・)ニヤニヤ

  5. KEN1 a.k.a. ケンイチ | URL | -

    >>ピタくん
    マジかーw
    あ~確かにLil Kimっぽいかも!
    なんかこれ聴くと、すんげぇ懐かしい気分になるんよなぁ~。

    「DEEP DEEP」も夏ウタやなぁ~当時2枚同時リリースで、こっちだけ買ったっていうww 

  6. KEN1 a.k.a. ケンイチ | URL | -

    >>ポニちゃん
    マジで!?いいよなぁΣ(*/∀`*)ペチッ
    なんか世間の中でFLOATIN'はもはやなかったことになりかけてるのが悔しくてしょうがないわww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/62-0f3a9db8
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。