スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quadraphonic 『Quadraphonic』

2010年02月02日 20:15

Quadraphonic  
                          ↑全曲試聴出来ます。 

日本語と英語、そしてスペイン語を操る新鋭シンガーソングライター・Quadraphonicのデビューアルバム『Quadraphonic』(10.01.27)をレビュー。Soweluや、BRIGHTのNANAKAらの客演した楽曲を含む、全11曲収録です。

1. Get Up & Sing
2. 君を想うよ… feat. Sowelu
3. We Are Music !
4. Sunshine feat. twill
5. Turn Me On
6. I Promise You feat. Marie Ishikawa
7. Callin
8. Love Is The Way feat. NANAKA(BRIGHT)
9. ヒカリ -てぃんさぐぬ花- feat. Rino, Chikako & Minami
10. Message
11. Happy Birthday

初めてこのアルバムを通して聴いた時、「rhytyhm zoneはどエラい人材を発掘してきたなー」と、不覚にも手放しで喜んでしまいました。アーティストのみならず、イラストレーターやフォトグラファーなど、様々な分野に精通した彼・Quadraphonic(くあどらふぉにっく)は、本作でのデビュー前から、EXILEやKinKi Kidsらトップ・アーティストに楽曲を提供し、一部ではかなり話題になっていた人物でした。R&B、エレクトロ、ポップスなど、あらゆるジャンルを容赦なく消化・ブレンドし、そこに自らの個性をスパイスとして潜ませたハイブリッドな音楽群は、昨今の日本のシーンにはないセンセーショナルさと、聴き手の想像の一枚上手をゆく驚異の意外性に溢れ、彼のセルフプロデュース能力値の高さを、これでもかという程に思い知る事が出来るかと思います。言うなれば、それは「音のおもちゃ箱」。留まることなく繰り出される、衝撃と感動のクアドラ・ワールドに、どうぞドキドキワクワクしちゃってください!
個人的に推したい曲は2曲。
まずは、クラシック×エレクトロの奇跡の融合作⑤『Turn Me On』
DA PUMPの「Com'on! Be My Girl!」にも引用されていた、ビゼーの「アルルの女」をまんまサンプリングしたエレクトロ・トラックの上で、スペイン語と英語を交えたオートチューン使いのボーカルを炸裂させる、超前衛的なナンバーです。バックでブイブイ鳴り響くネタのチョイスの渋さも然ることながら、完全に日本のミュージック・シーンを超越した、鋭いアーバンっぷりが至極!Rihannaの「SOS」が好きな人なら、間違いなくどストライクな1曲でしょうw 

そしてもう1曲は、BRIGHTのBoAこと、NANAKAが参加した⑧『Love Is The Way』
こちらは光沢第一のゴスペルチックなR&Bチューンで、NANAKAのスッキリした後味のボーカルが見事にフィット。リリックの方も、前を見据えた非常に意義深い仕上がりになっています。今作の特徴として、客演アーティストが参加している曲の場合、歌い手としての彼の出番は極力控えられており、どちらかと言うと、そのアーティストのサポート役に徹している、という点が挙げられるんですが、この曲は、そんないくつかのコラボレート楽曲の中でも、「アーティスト・プロジェクト盤」という触れ込みが大きく機能した、随一のクオリティだと思います。

そのほかOutkastの「Hey Ya!」をど派手仕様にしたような明快ポップソング①『Get Up&Sing』、「すれ違い」をテーマにしたSowelu客演のミディアム・バラード②『君を想うよ・・・』、燦々とした陽光を音楽を通してリアルに描出した④『Sunshine』、m-flo TRIBUTEの「Come Back To Me」で一躍脚光を浴びたMarie Ishikawa客演による品あるR&Bスロー⑥『I Promise You』、気怠いバックサウンドとサビでの「コーリンコーリン♪」のリフレインがサイケデリックな中毒性を醸す全英語詞曲⑦『Callin'』、一際異彩を放つ沖縄サウンド全開のレゲエナンバー⑨『ヒカリ -てぃんさぐぬ花-』、そして清涼感タップリのファルセットを聴かせてくれる親しみやすいポップス⑩『Message』などなど、「Quadraphonic」というキャラクターを、時に強弱や色味を変えつつ、痛快に確立した1枚です。とにかくバラエティ豊かなので、是非とも色んな方に聴いて頂きたいっす(・∀・)

ちなみに今作の総括プロデューサーは、自身もマルチアーティストとして活躍する和田昌哉氏
Quadraphonicが今作で聴かせてくれる歌声と、和田氏の歌声が非っ常によく似ているので、個人的には同一人物=和田氏の別プロジェクトだと予想しているんですが・・・真偽は如何に。



★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://rhythmzone.net/quadraphonic/

ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

  1. *Jewels* | URL | P5Y6osyI

    なんか

    気になるー☆!

  2. ケンイチ | URL | -

    >>ちえりさん
    これは気になるべき!

    ポップスやらR&Bやら、とにかく色んな要素がてんこ盛りやから、
    飽き性の人でも難なく聴けちゃう1枚やと思う!

  3. ぶる~ | URL | -

    Soweluの参加曲をFMで聴いて「これは!!」と思ってましたが、
    かなり良さそうですね。チェックします。
    NANAKA(BRIGHT)の曲も気になりますね~(私はMI-MIファンですがww)

  4. ケンイチ | URL | -

    >>ぶる~さん
    これはきっとぶる~さん気に入られると思います!
    色んな要素が詰まってて、どの視点でも楽しめるってところが大きいかなぁ。
    NANAKAとの曲も、キャッチーで良い感じのR&Bになってます。
    (ちなみにビジュアル重視だと、MEGファンですw)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/628-ae3c35e5
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。