FC2ブログ



小柳ゆき 『EXPANSION』

2010年02月09日 19:30

EXPANSION  

小柳ゆきの2ndアルバム『EXPANSION』(00.08.23)をレビュー。
大ヒットシングル「愛情」「be alive」を含む、全13曲収録です。

1. feel the destiny
2. Legend of my love
3. heaven feelin'
4. unreliable
5. 愛情(album version)
6. prove my heart(album version)
7. fortune
8. can't hold me back(album version)
9. BRAND NEW WORLD
10. ア・カ・シ
11. be alive(album version)
12. precious time
13. prove my heart(Hollywood remix)

2000年にシーンを席巻した3大女性アーティストと言えば、宇多田ヒカル、倉木麻衣と、彼女・小柳ゆき。
小柄の体型から発せられる強靱な張り上げ系ボーカルと、黒くてナンボなガングロメイク(とうに死語)+鼻の穴で、大いに話題を呼んだアーティストでした。再来週には、デビュー10周年を記念したセルフカバーベスト『The Best Now&Then-10th Anniversary-』の発売も控えており、当ブログでも、それをささやかながら寿ぐつもりで、彼女最大のヒット作(約129万枚)となった、この2ndアルバムをレビューするに至りました。

作風は、1stアルバム「FREEDOM」で定めたシックなR&B路線を基調としながら、よりパワフルで振幅のある音楽性を打ち出すことにも挑戦しており、豊かなバラエティ性と、彼女の確かな成熟が窺い知れる1枚になっています。

たとえば、先行シングルであるメガヒット作⑤『愛情』と、⑪『be alive』
前者がエモーショナルにソウルをぶつけるファンクチューンに対し、後者はムラなく歌い上げる美メロバラード。これだけでも見事な対比ですよね。ほかにも、アフリカンなビートが鋭く疾走する扇動的なOPアップ①『feel the destiny』、ピュアな恋愛感情を柔らかい歌唱で紡いだ②『Legend of my love』、R&Bマナーに則ったアンニュイなサウンドが至極の心地よさを飽和させる③『heaven feelin'』、R&Bシンガーとしての決定的な歌声を聴かせるミディアム④『unreliable』、⑤流儀の熱っぽいファンクサウンドを纏った⑥『prove my heart』、これまでのアップチューンとは一線を画すジャジーな裏打ちリズムで展開する⑨『BRAND NEW WORLD』、ぶっとい声量を遺憾なく発揮したWhitney系熱唱バラード⑫『precious time』などなど、圧倒的なボーカル力を活かした、グルーヴ溢れる楽曲目白押しの快作になっています。今聴いても存分に気迫を感じるんですから、当時あれだけバカ売れしたのにも心底頷けます。

このリリースの翌年に突如として失速、人気が下降し始めてしまう彼女なんですが、その後も「remain~心の鍵~」「HIT ON」「誓い」など、秀作をコンスタントに発表。これから世代が移り変わるにつれ、どんどん再評価されていって欲しいなと切に願うアーティストの1人です。10周年おめでとう!


最後に余談なんですが、うちのオカンって、何故かドライブのBGMが1年ごとに変わるんですよね。
まぁ言い方を変えると、1年間ずーっと同じアルバム聴いてるって事なんですけどw
で、この「EXPANSION」は、オカンが2000年当時愛聴してたドライブBGMだったので、俺も車内でアホほど聴かされた結果、愛着が他の作品に比べてもの凄いあるというw ちなみに前年のヘビロテはHikkiの「Fist Love」で、翌年が鬼束ちひろの「INSOMNIA」だったはず。最近のは・・・一緒に車乗ることもほとんどなくなったから存じ上げませんw 以上っ!



◆1st ALBUM 『FREEDOM』のレビューはこちら


★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.yuki-koyanagi.jp/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/637-b0fe4480
    この記事へのトラックバック


    最近の記事