スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保田利伸 『Timeless Fly』

2010年03月02日 19:30

Timeless Fly(初回生産限定盤)(DVD付)  

Japanese R&Bシーンのきっての”アーティスト”・久保田利伸のニューアルバム『Timeless Fly』(10.02.24)をレビュー。前作「FOR REAL?」以降にリリースされたシングルを含む、自身4年ぶりとなるアルバム作品です。

1. Timeless Affection ~Foreplay~
2. Keep it Rock feat.WISE,Tarantula from Spontania
3. Soul Mate ~君がいるから~
4. FLYING EASY LOVING CRAZY feat.MISIA
5. 24/7 ~NITE AND DAY~
6. STAR LIGHT
7. Is it over?
8. Tomorrow Waltz
9. Timeless Affection ~The play~
10. M☆A☆G☆I☆C / KUBOTA meets KREVA
11. The Other Half
12. 僕じゃない
13. Life-long High-way
14. Nyte Flyte
15. Moondust (poetry reading by Kyoko Koizumi)

彼の秀でてスゴいところは、「自らのカッコいい部分を、限りなく知り尽くしている」ところ。
今年でデビュー24周年を迎える彼が満を持して放った新作は、ご自慢のファンク精神をすべての根底に費やした、充実感溢れる嗜好盤。シンガー、ラッパー、そしてトラックメイカーと、現行音楽シーンに多大な影響をもたらしているあらゆる後輩ミュージシャンを招き入れたにも関わらず、決してそれらに媚びすぎることなく、あくまでも直向きに、そしてソウルフルに自分のスタイルを貫徹する様はもはや神神しく、敬服の念を示さずにはいられません。また、常に新しい次元に憶する事なく飛び込んでいく彼ならではの、ニクいギミックも豊富に用意されており、これを聴けば、4年間という長いブランクも、嘘のように浄化されていくのが身に沁みて分かるはずです。やはりシーンの先駆者は格が違った!


まずは2曲の注目曲をご紹介。
②『Keep it Rock feat.WISE,Tarantula from Spontania』
泥臭いホーン渦巻く、彼の純然たるソウルネスが活きたスウィンギー・アップ。
オントレンドな若手MC2組(WISE/Tarantula)を客演に迎えていながら、自身の緩急自在な歌唱を以て、それらをしっかりと束ね牽引しているのは、もう流石としか言いようがありません!事実、奔放なスタイルで賛否両論ある2組のRapが、違和感なく嵌りきってて至極痛快なんですよね。「slowもmellowもpopなflowもあるから」と、今作のラインナップを冒頭でざっくり紹介してしまっているのも、地味ながらお楽しみポイントの1つ。

⑫『僕じゃない』
とことん感傷的に迫ったリリックが、ドライなR&Bトラックにしとしとと降り注ぐミディアム・スロー。
挑戦を控えたオーセンティックなアプローチですが、逆にこういう楽曲だからこそ、彼にしか醸し出せないペーソスを十二分に堪能出来るわけで。特に「僕に向けられた 君の口づけは さみしさの果ての切ないエスケープ」のフレーズなんて、古臭さを通り越して、一種の斬新さすら感じるから面白い!彼のスタンダードな妙味に乾杯。

そのほかCMソングとしてもオンエアされているウェットさに富んだ艶やかスロー③『Soul Mate~君がいるから~』、日本を代表するDIVA・MISIAと美しいハーモニーを織り上げる世紀のコラボバラード④『FLYING EASY LOVING CRAZY』、まんま使いのAl B. Sure!「Nite And Day」と、久保田氏によるムーディーな世界観が迷いなくリンクした⑤『24/7 ~NITE AND DAY』、故・Michael Jacksonへのオマージュを込めた溌剌ファンク・ダンサー⑥『STAR LIGHT』、Hookの女声ボーカルにJUJUを起用している歪んだスロージャム⑦『Is It over?』、ドリーミーに揺らぐサウンドに、淡く滲んだボーカルが寄り添う骨頂バラード⑪『The Other Half』、UTAがサウンドプロデュースを請け負ったキャッチーな4つ打ちチューン⑬『Life-long High-way』、こちらはICEDOWNプロデュースによる色彩豊かな濃密メロウ・ナンバー⑭『Nyte Flyte』、そして小泉今日子がポエトリーリーディング(詩の朗読)で参加した、叙情と感動で包括されたエンディング⑮『Moon Dust』などなど、各楽曲が彼持ち前の”鉄板さ”を匂わせつつ、彼自身のセンスの進化をもしっかり捉えた珠玉の出来で、捨て曲が一切見当たらない孤高の名盤に仕上がっています。

「FOR REAL?」からひたすら待ってた甲斐がありましたよホント。
こうやって数多のミュージシャンに囲まれ、和気藹々とやりたい音楽をこなしている久保田氏を想像したら、何か凄く愛おしく思えて、泣けてきました。これぞ王者の貫禄、モノホンのR&B/ソウルです。

これからも後進やリスナーに、希望やモチベーションを絶え間なく振りまき続けるアーティストでいてください。R&Bのボーダーが、次第に薄れつつある現在だからこそ、こうした意義深い音楽は、もっともっとたくさんの人の胸に届くべき!



★★★★★★★★★★
◆Official⇒http://www.funkyjam.com/artist/kubota/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 501 | URL | Lis/V8ZU

    力作乙です!
    久保田氏には直接的な縁が無かった自分でも、ケンイチさんにここまで押されると聴く意欲が湧いてこずにはいられませんよ。
    って言うかM☆A☆G☆I☆Cとか超懐かしいものわざわざ収録したんですねw 密かにお気に入りなのかな?

    大知然り、MJを目標にしてきたアーティスト達が盛んに傑作をドロップしている気がします。
    やはり、心に強く打ち付けられるものがあったんでしょうね。

  2. ケンイチ | URL | -

    >>501さん
    あざまっす!
    是非501さんを含め、たくさんの方に聴いて頂きたいです。
    この密度は、一度は体験しておくべきですよ!w
    M☆A☆G☆I☆Cは、一応「FOR REAL?」以降のシングル曲なんですよねぇ。
    なんか随分前に出た印象ですがw

    マイコーは本当に偉大だったんだな、と、今作を聴いて尚強く思いました。
    特にマイコーの活動最盛期から、音楽活動を続けていた久保田氏ですから、
    リスペクトっぷりも凄くリアルで。。心打たれましたね。

  3. YACK'N | URL | mQop/nM.

    捨て曲が見当たりませんw

    ALI-KICKやG.M.KAZの参加はKREVAの紹介?にしてもALI-KICKの音世界はなんとなく久保田さんとマッチするだろうなと思っていたので嬉しい限り!

    『24/7 -NITE AND DAY-』のAl B. Sure「NITE AND DAY」はJAY'EDがカバーしてましたね!久保田さんの「Missing」やMJの曲もカバーするJAY'EDには久保田フォロワーな存在として頑張ってってほしいですね♪

  4. ケンイチ | URL | -

    >>YACK'Nさん
    ですよねぇwさすがのクオリティで、頭が下がりっぱなしです。
    ALI-KICKはKREVA経由と考えるのが妥当でしょうね。
    顔の広~い彼。の事ですからw

    「NITE AND DAY」は凄く好きな曲で、JAY'EDがカバーした時も、ニヤニヤしながら聴いてましたw

    久保田氏が代々受け継いだものを、そのフォロワーたちがまた継承していくというのは、非常に感慨深い事ですよね。その先鋒ともいえる久保田氏には、まだまだこれからも頑張って頂きたいです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/657-2844d278
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。