FC2ブログ



小柳ゆき 『The Best Now&Then -10th Anniversary-』

2010年03月14日 23:08

The Best Now&Then-10th Anniversary-(初回限定盤)  

小柳ゆきのデビュー10周年を記念したセルフカバーアルバム『The Best Now&Then-10th Anniversary-』(10.02.24)をレビュー。自身のヒット曲を、最優先に網羅した内容です。

1. be alive~そのままの君でいて~ feat.SoulJa (New Recording)
2. あなたのキスを数えましょう~You were mine~ (New Recording)
3. 愛情 with 浦嶋りんこ (New Recording)
4. DEEP DEEP with 熱帯JAZZ楽団 (New Recording)
5. remain~心の鍵~ with JULEPS (New Recording)
6. fairyland (New Recording)
7. Sunrise (New Recording)
8. be alive (Original Version)
9. あなたのキスを数えましょう~You were mine~ (Original Version)
10. 愛情 (Original Version)
11. DEEP DEEP (Original Version)
12. remain~心の鍵~ (Original Version)
13. fairyland (Original Version)
14. Sunrise (Original Version)

(初回盤の)構成は、7曲目までが、この度セルフカバーした新録もので、8曲目以降には、その各セルフカバー楽曲の原曲を収録。まさにタイトルどおり、「彼女の現在と昔」をこの1枚で象った内容になっているわけですが、少々強引過ぎるというか、「原曲いらないから、その分セルフカバーの曲数増やしてくれ」と、思わず嘆きたくなる事必至の仕様ではありますw まあともあれ、全盛期に比べて、幾分繊細かつしなやかになっている現在の彼女のボーカルを堪能した後に、エモーショナルさが売りだった原曲との比較を行う、と言うのなら、打って付けの構成ではあるかな。

主な収録曲を追っていくと、
Souljaが露骨なまでにスイーツ(笑)狙いのラップを挿した事により、曲の持つ品格や世界観がひどく劣化した①『be alive』、爽やかなストリングスを全面に押し出した大ヒットチューン②『あなたのキスを数えましょう』、ドリカムのサポート・ボーカルとしても馴染み深い浦嶋りんことの、目覚ましいボーカリゼーションが耳を惹きつけるテクノチックカバー③『愛情』、熱帯JAZZ楽団を招き、原曲とはまったくの別角度から「ラテン情緒」を表現したLIVE味溢れる④『DEEP DEEP』、JULEPSの淡いコーラスとピアノのみで構成されたシンプルな名バラード⑤『remain~心の鍵~』、そしてボッサを取り入れたカフェ・スタイルで原曲との大きな差別化を図った2ndシングル⑥『fairyland』などなど、多様なミュージシャンを迎えるなどの趣向を凝らし、輝かしい名曲に、現代らしい新たな魅力を吹き込む事に成功しています(一部を除く)。特に⑤のJULEPSとのコラボは、簡素なディレクションの中に確かな味わい深さがあって、絶品でした。あとは欲を言うなら、個人的に大好きな「can't hold me back」や、「HIT ON」のリメイクも収録して欲しかったところ。ああいう曲こそ、今再構築して世に出すべきだと思うんやけどなぁ。



◆1st ALBUM 『FREEDOM』のレビューはこちら
◆2nd ALBUM 『EXPANTION』のレビューはこちら


★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://www.yuki-koyanagi.jp/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. ピタ | URL | -

    小柳氏キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
    自分は迷わず通常盤買っちゃったw
    聴き比べができるっていうのも面白いっちゃあ面白いんだけどね。

    劣化be aliveがiTSで最高3位とかになってて
    かなり複雑な気持ちになった(´∀`;)

    今後はもっとリリースペースを上げて
    LIVEをたくさんやってほしい!
    まだまだパワフルな歌い方も出来るから
    久々に力強い曲をやってほしいな。

  2. ケンイチ | URL | -

    >>ピタ君
    通常盤でも別によかったんやけど、どうせなら聞き比べ出来る方がいいかもと思って限定盤をチョイスしたっていうw

    ちょ、iTSでそんなに高かったんや?
    原曲の知名度の高さか、Soulja客演の話題性か、どちらがより影響したのかが気になるなぁw

    >>まだまだパワフルな歌い方も出来るから
    やっぱり意識的にああいう歌い方してる部分もあるよなぁ?
    俺的に全盛期で声張り上げてる小柳氏の方が愛着あるから、出来るならもっとそういうアプローチをしていってほしいなと思ってる。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/671-5359ff73
この記事へのトラックバック


最近の記事