FC2ブログ



DOUBLE 『DOUBLE Ballad Collection Mellow』

2010年04月16日 19:00

DOUBLE Ballad Collection Mellow(初回限定盤)(DVD付)  

DOUBLEのバラードベストアルバム『DOUBLE Ballad Collection Mellow』(10.04.14)をレビュー。ファン投票を基にTAKAKO自身がセレクトした、全16曲収録です。当初は「病み上がり1発目の作品がベストって・・・」というやりきれない思いに駆られたりもしたんですが、店舗によって違う豪華な特典や、新曲が2曲収録されるなど、表面的な利点がいくつかあったので、割と躊躇うことなく購入する事が出来ました。

1. ストレンジャー
2. Angel
3. Why Do You Go
4. Okaeri
5. Strange Things
6. Betcha
7. You Took My Heart Away
8. Sweet Time
9. Teach Me
10. This Close
11. Winter Love Song
12. Let It Go
13. おやすみのキスを~Good Night My Love~
14. 残り火-Eternal Bed-
15. For You
16. Through The Fire

まずは、今作のために書き下ろされた2曲の新曲をご紹介。


「BED」でお馴染み松尾潔プロデュースによる①『ストレンジャー』は、恋の終焉を上品な筆致で綴りあげたバラードナンバー。アルバムタイトルにもある「メロウ」感を如実に体現した、ゴージャスでありながら落ち着きのあるR&Bトラックに、恍惚必至でしょう。ただメロディーや歌唱面においては、極めてのっぺりとした歌謡的アプローチが強調されており、個人的にはその掴み所のないちぐはぐ感が、少し苦手だったりします。特にHookの大仰なメロがどうも受付けないんですよねぇ・・・。作曲を担当した川口大輔は、同業者からも信頼される有能なライター兼シンガーですが、今回ばかりは「人選ミスでは?」と痛感せざるを得ませんでした。

そしてもう1曲、「Shake」や「Driving All Night」を手がけた今井了介と久々にタッグを組んだ⑮『For You』は、かつて共に活動していた、今は亡き彼女の姉・SACHIKOへと宛てられた厳かなR&Bスロー。こちらは自身のパーソナルな感情を包み隠さず吐露したリリックと、今井氏お得意のほろ苦いサウンド・ワークの相性がとにかく抜群で、非常に流麗な聴き心地を運んでくれました。姉への純真な想いを噛みしめるように、一節一節をエモーショナルな発声で歌い上げる様は圧巻もの。

上記の2曲が、一応のハイライトとして据えられてはいますが、既発曲の方も、彼女のバラード・キャリアを総括する、珠玉の楽曲ばかりで壮観。初代「SACHIKO宛て楽曲」としてファンからも高い人気を誇った母性溢れる静閑スロー②『Angel』、漠然とした哀感をしなやかなボーカルで表現し抜いた、「Reflex」の中でもとりわけ馴染みやすいミディアムR&B③『Why Do You Go』、アルバム曲でありながら「DOUBLE史上最も秀でたバラード」との呼び声も少なくない、疲れた身体を癒すチル・アウトチューン④『Okaeri』、全英語詞で展開する本場のR&Bと何ら遜色ないメロディアス・トラック⑥『Betcha』、ルパン三世とのコラボレーションで挑んだジャズ・ムード一色の意欲作⑦『You Took My Heart Away』、Aaliyahの「Miss You」にも通じるスムーシーなアーバン・トラックが覆う、アルバム「double」収録の「home」のEnglish Ver.⑨『Teach Me』、「Angel」の再来とも言うべきハートフルに魅せるラヴ・ソング⑪『Winter Love Song』、彼女初のメッセージ・ソングと謳われた晴れやかなミドル・ナンバー⑫『Let It Go』、彼女からのオファーで実現した清水翔太とのデュエット・シングル⑬『おやすみのキスを~Good Night My Love~』、儚いメロディーに胸が詰まる名曲「BED」の続編⑭『残り火-Eternal Bed-』、そしてSACHIKOと共にデビュー前らしからぬ卓越したハーモニーを聴かせるChaka Khanのカバー⑯『Through The Fire』などなど、R&Bというジャンルに潜在するメロウネスを、ハイ・クオリティな楽曲群を通して、まざまざと感じ取れる完璧な構成だと思いました。ただ1曲の存在さえなければ・・・。

そう、その曲とは、去年のシングル⑫『Let It Go』
曲自体は、別に嫌いではないんですが、今作のコンセプトで言えば、明らか不相応ですよね。
実際、⑪までムードある流れで夢心地な気分に浸れていたのに、⑫の明朗なアレンジが流れてきた瞬間、それが一気に興醒めしちゃいまして、現在この曲の収録を、相当恨めしく思っています。

「最近のシングルだから入れとけ!」みたいなやけっぱちな気持ちで収録したのかどうかは定かじゃないですが、ハッキリ言って邪魔以外の何物でもないので、今後はこの曲だけ飛ばして聴く事にします。あー玉に瑕。



◆2nd ALBUM 『VISION』のレビューはこちら
◆3rd ALBUM 『Wonderful』のレビューは
こちら
◆BEST ALBUM 『THE BEST COLLABOLATIONS』のレビューはこちら


今作に関する公式のインタビュー動画。長編で、見応えアリです!


★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒www.artimage.co.jp/artists/double/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. hirontier | URL | mQop/nM.

    僕も購入しました!
    特典もちゃんとした造りで良かったのと、新曲もそれぞれメローな出来で満足だったのですが、やはり"Let It Go"の収録はナンセンスな気がしましたね~
    てかバラードじゃないじゃん!というツッコミもありますが、ちょっとのっぺりした流れを締める意味ではアリなのかとも思ったり。(でもバラードアルバムだし...)

    個人的には新曲に既発曲の新アレンジとかでミニアルバムとかでも良かったかな~と。
    でも無理せずに体調に気をつけて!とまず言いたい(´∀`)
    次は久々のアップチューン期待したいところですね!!

  2. ケンイチ | URL | -

    >>hirontierさん
    やはり購入されましたか!w
    「Let It Go」はなんかしっくり来ないんですよね~、あの流れやと汗
    オリジナルアルバムが出せなかったから、急遽入れる事が決まりました!的な臭いがプンプンしますw

    >>個人的には新曲に既発曲の新アレンジとかでミニアルバムとかでも良かったかな~と。

    あーそれでもよかったですね!
    コンパクトに収まってる分、聴き応えは全然違ってくるでしょうし。
    で、そこには最新のシングル曲を収めずに、
    あえて次のオリジナルアルバムまでもったいぶるっていうので良かったですねw

    アップナンバー、確かに聞きたいですわぁ。
    「Who's That Girl」が死ぬほど好きなので、
    またああいうのやってくれないかなーと密かに期待してるんですが・・・無理かな?w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/703-b6fe56ed
この記事へのトラックバック


最近の記事