スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORKS #04 『T-SK』&『T-SK SPECIAL INTERVIEW』

2010年05月19日 19:00

さーてやって参りました。
昨日お伝えした、「J.B.S. 2nd Anniversary 4大企画」の第1日目です!
本日は、シーンのプロデューサーの華麗なるお仕事遍歴をご紹介する『WORKS』の第4弾、CIMBA宏実の作品ですっかりお馴染みとなった、Mr.美メロディスト・T-SKをピックアップしたいと思います。しかも今回は、追記にてなんと、T-SK氏ご本人とのQ&A(インタビュー)も実現!彼の音楽に未だ触れたことのない方も必見の、非っ常に意義深い内容になっているので、是非最後までご覧になって下さい!



◆T-SK◆
1983生まれ。高校生の時に魅了されたHIP HOP R&Bの世界へと没頭し、Trackmakerとして活動し始める。同時期に、CIMBAとR&Bユニット「Very Phat Soul」を結成し、都内クラブを中心に精力的な活動を始め、2004年にはVery Phat Soulとして、1st maxi Single「BED TIME」をリリース。2007年には、CIMBAの1st Album 「PRIMEIRA」をほぼトータルプロデュースし、その後、HI-D、宏実などのプロデュースも行い、徐々に頭角を現し始める。特にHI-D Produce Album「Special Calling」では、AI、青山テルマ、May J.、ARIA、twenty4-7、CHiE (Foxxi misQ)、Anty the 紅乃壱など、第一線で活躍しているアーティストをHI-Dと共に手がけている。繊細な旋律と、強烈なシンセサイザーを駆使するT-SK独自のサウンドが、多岐に渡り活躍する日は近い。 (以上、彼のmixiのプロフィールより引用・改訂)


◆WORKS◆


◆Very Phat Soul 『BED TIME』(04.09.20)

彼とCIMBAの原点ともいえるユニット・Very Phat Soul。その彼らが2004年にリリースしたシングルから、幽玄なグルーヴが淫らに行き交うセックス・ソングをピックアップ。ちょっぴりNao'ymtの手癖も匂わせるそれからは、濃密なエロ・エッセンスが、今にもダラリと垂れ落ちそう。この時点から既に、彼のR&Bに対する熱心な眼差しは、すっかり確立されていたってわけなんですよねぇ。今とは180度様相の違う、CIMBAの半熟な歌唱がまた微笑ましいんだなぁ~これが。

◆CIMBA 『香水 feat.宏実』 (07.08.08)

CIMBA、そして宏美の名を、一躍世のコアな音楽ファンに知らしめた超絶名曲。2人のボーカリゼーションによって丁寧に紡がれるメロウネスは、快絶そのもの。幻想的なサウンドをあしらったトラックにも、「これぞT-SK!」と、聴く度に唸りをあげてしまいます。後にS-key-AやJunearも「この物語」に加わり、現在までに計3作が制作される人気シリーズに。



◆Kyohei Kaneko 『Escape! (Remix)』(07.11.14)

元FLAMEの金子恭平が、ソロでリリースしたアルバム「ESCAPE!」に収録のRemix作品。
ギターカッティングを持ち込んだポップな仕上がりの原曲を、スムースなビートを翻すフロアライクな装いへと、見事なまでに昇華しています。個人的に彼の歌声が好きなので、出来るならもっと積極的に活動してほしいんですけどねぇ。



◆GOW・NIKK&MAO 『Senora Rosa』 (08.01.16)

イギリス出身の女性シンガー・GOWの1stアルバム「It's Dance Shuffle」から、T氏はアレンジを担当しているのですが、これがラテン色強い熱っぽいダンスホール・チューンになってて、聴いた当初は相当意表を突かれましたw  今でこそ「流麗な」イメージを持つ彼の、知られざる世界観・・・是非一度ご堪能下さい。



◆宏実 『Sweetest Drug』 (08.05.21)

宏実の目覚ましいデビュー盤「True Color」でも、彼はマチガイナイ仕事ぶりを発揮。というか、この作品(宏実)を機に、彼の名前を知った人も多いんではないでしょうか。モロにStaragateテイストな艶のあるR&Bトラックを主軸に、いつになくナイーブな歌唱を震わせる宏実。一見のスタンダードさの裏に潜んだ奥深い哀愁に気付いたとき、あなたの心は、快楽へと導かれることになる・・・。


◆ARIA 『浮き草 ~Faded Dream~』 (08.09.10)

HI-D兄さんと手を組み、錚々たる布陣を招聘した一大プロジェクト「Special Calling」を代表する、極上のデュエットナンバー。恋人同士の生々しい"ギクシャク感"を通して、T氏持ち前の繊細なエレピ捌きが、より一層輝きを放ちます。ARIAによる関西弁が、何ら違和感なく沁みこんでくるのが、未だに不思議でしょうがありません。



◆YUKALI 『Promise』 (08.09.17)

現在Tiny Voice,Productionに所属するシンガー兼クリエイター・YUKALIも、T氏と華麗にコラボレーション。今回レビューを書くにあたって、あらためて楽曲を吟味してみたんですが、とにかく歌詞がめちゃめちゃ切ないんですよね。Nao'ymt氏との「We Can't Back」然り、彼女にはこの手の「後ろ髪引かれる失恋ソング」が本当似合いますわ。



◆滴草由実 『出逢えたなら』 (08.12.03)

こちらはBeing系レーベル所属の滴草由実による、虚しさ溢れ返すミディアムチューン。一応R&B畑のアーティストとはいえ、BeingとT氏という取り合わせには、いささか違和感があるのですが、そもそも彼の所属するプロダクション「DAY TRACK」って、Being傘下なんですよねw(今はどうか知らないですけど) そう考えたら、今後もしかすると、倉木麻衣あたりのビッグアーティストに楽曲提供なんてことも・・ありえなくはないかも?


◆宏実 『愛されたい』(09.09.16)

高い評価を得たアルバム「RAINBOW」からリカットされた、T氏のキャリア史上屈指の泡沫さを誇る美メロバラード。愛を渇望する女性を熱演した宏実のボーカルも相まって、今日までに多数のフォロワーを生み出しました。「名曲にはそれなりの理由<ワケ>があるんだ」ということを、つくづく思い知らされた佳曲です。



◆CIMBA 『REPLAY ~next lifetie~feat. Mr.Low-D, DJ LAW』 (09.12.02)

「輪廻転生」― そんな一見ファンタジーでしかないテーマを、端正なリアリティを込めて織り上げたのがコレ。儚さ際立つリリックと、とことん甘美なサウンドに跨る、狂おしいほどに叙情性のあるCIMBAの歌声には、誰しもが恍惚する事必至でしょう。ちなみにT氏は、今楽曲収録のアルバム「REPLAY」における、全曲のプロデュースを担当。「もはや彼の相方は、T氏以外に考えられないっしょ!」と確信せざるを得ない、圧倒的な相性で魅せてくれてます。天晴!


◆meajyu 『Secret Lover』 (09.12.16)

後述のT氏の回答でも、特に強調して語られているmeajyu。生音主導の楽曲が印象深い昨年末のデビュー盤「Secret Lover」の中でも、一際本流のR&Bにウェートをかけていた今楽曲に、気付いたときにはメロメロでした。オーソドックスなんだけど、彼の真髄とも言えるきめ細かいメロディーラインが惜しげもなく炸裂するので、ある意味かの名曲「愛されたい」以上に、彼の持ち味が明快に伝わってくる1曲といえるかも。



以上、俺の独断と偏見でセレクトした彼のお仕事作品「11選」を、まずは見て頂きました。
こうして一望すると、やはりスローナンバーを多く手がけてるな~という印象を強く抱きますね。
宏実の「Vanilla」や、CIMBAの「ASTRO☆BOY」など、バウンシーなナンバーでも佳曲は多いんですが、「彼独自のメロディーラインが活きるのは、やっぱりスローなんだよなぁ」と、この記事書きながら、何かしみじみ思っちゃったわけでw

ちなみに今年に入ってからは、真之介の配信シングル「疑惑」をプロデュースするなど、昨年同様、精力的な活動が続いています。近々リリースされそうなCIMBAの次回作にも、勿論ガッツリ関与してくれていることでしょうし、まだまだ彼からは目が離せそうにないですわぁ~wktk!




それではお待たせしました!
T-SK氏ご本人との濃ゆ~い「一問一答」を、どうぞご覧下さい!

◆T-SK×KEN1 Special Q&A◆

Q: まず、プロデューサーを志した切欠を教えてください。

A: そうですね。小さい頃ピアノを習ったりしていて、歌う事も大好きでした。
  それこそSingerになりたかったりしてました(笑)小学生の頃の話ですけどね。
  だから、小学校の頃から将来は音楽で生きていくんだ!!って言ってました。
  受験勉強を経て中学に入学した時、それまで勉強一本だった毎日から解放され、
  やる事がなくて...たまたまTVを見てたら、ナインティナインさんが司会を務めていた
  オーディション番組「ASAYAN」を見て、小室哲哉さんが出ていまして、
  あぁ、作曲してみたいな、ってふと思って当時家にあったピアノで作曲を始めました。
  その時から今現在まであたかも延長線上の様に自然とあの頃描いてた夢の道を歩き続けている気がしてます。だからどこかで志したというよりかは、迷いなくずっとこの道を歩いている感じです。



Q: T-SKさんが普段聴かれている音楽(ジャンルやアーティスト)を教えてください。

A: 色々聴いたりしますが...やっぱり一番聴く音楽はR&Bですね(笑)
  俺は意外と特定のアーティストとかを死ぬ程好きになったり
  例えば、、、この人が歌っていさえすればどんな曲も良い!!!
  なんて人?中々いなくて....
  でもそれに一番近いアーティストはJoe!!
  この声に産まれたかった....(笑)


Q: 兼ねてから尊敬しているミュージシャン(プロデューサーやアーティスト)の方はいますか?

A: 尊敬しているミュージシャン。
  やはり音楽だけでなく、人間的にも尊敬出来る人ですね。
  音楽に人間性は深く関わりがあるとも思いますし。
  なので僕が一番RESPECTしている方は「HI-D」さんですね。
  デビュー前から彼を見て来ていますし、
  「男性R&B ソロシンガー」をクラブシーンで確立させてくれたのもHI-Dさんだと思います。
  だから今一緒にお仕事させて頂いているのはもの凄く光栄なんです。
  人への気の使い方はもちろん、今でも「音楽」を楽しんでいる。
  これって当たり前の様で当たり前に忘れていくことでもあるんです。
大人としての品格と子供のように無邪気に音楽を楽しむHI-Dさんを心から尊敬しています。
  最近のProducerの方達は皆凄いです。何か聴いていて、やはり自分には出来ないっていうか。
  良く作ったなー、って舌を巻く事も多々。
  でも逆に出来ない分、自分にしか出来ない個性ってのがあると思うんです。
  だから逆に色々な曲を聴く事で
  自分にしか出来ないものを追求していきたいって思わせてくれますね。


Q: 
これまでご自身の手がけた楽曲の中で、特に印象に残っているものを1つ挙げるとするなら何ですか?よければその理由も教えて下さい。

A: わーそれ難しいですね><
  選び切れない...
  強いてあげるとしても1曲か...(笑)
  多分キリがないと思うので
  昨年手がけた作品の中から挙げると
  「REPLAY」「愛されたい」「青空」辺りですね。
  特に「REPLAY」かな。
  これは出来上がった瞬間、今までとは違う手応えってものを感じたし。
  最初から曲が終わる瞬間までこだわった作品ですね。
  「愛されたい」はいろんな意味で印象が残ってます。
  時間がギリギリでてんてこまいだったなーってのと(笑)
  当時あのRAINBOWというアルバムの中では俺が作った曲の中では
  愛されたいが最後の曲。アルバムも大分出来上がっていた中で
  こんな曲があったら良いんじゃないかなって作った曲ではあるんですが
  色々試行錯誤してたんです。自分の中で、でもある日突然降りて来た。
  ピアノの旋律なんかもそうですね。
  「青空」は何かパワーがある曲。あのPVも凄く感慨深いモノがありましたし、
  HI-Dサンのライブをみて、皆が盛り上がっているのを見て
  あぁこの曲を作って良かったって思えます。


Q:T-SKさんから見て、CIMBAさんと宏実さんの魅力をそれぞれ一言で表すなら、どう表現しますか?

A: わーこれも難しいですね><
  CIMBAは唯一無二の世界観。
  特に彼の詞の世界観は誰にも真似出来ない。
  洋楽R&Bを聴くような感覚でCIMBAというARTISTを聴いたらもったいないと思います。
  これからもっとCIMBA WORLDお魅せできると思います。

  宏実さんはやっぱりその歌声。
  どんな言葉もどんなメロディーも輝かせてしまう、
  ある意味先ほどのJoeじゃないですけど
  この人さえ歌っていればどんな曲でもいい!!
そんなARTISTです。初めて聴いた時は鳥肌が立ちました。
  皆と一緒です。歌う為に生まれて来たんだなって素直に思います。
  

Q: オフの日は、主に何をされているんですか?

A: オフが本当にないときはオフの日に髪を切ります(笑)
  最近は邦画見るのが趣味だったりします。
  あとは車で出かけたり、友達と遊んだり、買い物したり。
  割と普通です。ある意味音楽から離れますね。
  それが新たな刺激となるので。
  まとまった休みがあれば遠出したいですねぇ~。


Q: 個人的に、T-SKさんといえば「美麗なメロディーワーク」なんですが、メロディーは、いつもどうやって制作されているのですか?

A:先にTRACKを作ることが多いのですが、その時点でメロディーは大体出来ていることが多いです。
  TRACKが完成したら、そのまま思いついているメロディーをレコーディングしてみますね。
  それがこのままいこう!!ってなる時もあるし、録ってみて「ん~違うかもな」って思って作り直したり。
  とにかく試行錯誤の毎日です。


Q: インディーのアーティストとの親交が深いT-SKさんですが、昨今のインディーシーンの中で、「彼(彼女)がアツい!」と、(密かに)注目しているアーティストはいますか?

A: そうですなぁ。

  もう手がけちゃってますがwww
  やっぱ「meajyu(ミージュ)」
  去年の年末に「Secret Lover」というMiniAlbumでデビューしたFemale Singer。
  まだまだスタートを切ったばかりですが
  宏実さんと同様にとんでもない「歌声」を持っています。
  その魅力を120%引き出したいですね。
  楽しみにしてて下さい。


Q:現在のJapanese R&Bシーンについて、率直なご意見をお聞かせください。

A: 今井了介さん達が築き上げてきたJ-R&Bも今じゃすっかり音楽業界の中でも主流になってきたな
  って感じてます。クラブミュージックという枠も超えてきていますし。
  当時は両手で数えられるくらいしかいなかったアーティストも、今じゃ把握し切れないくらいの
  アーティストがいます。
  R&Bという音楽も文化も徐々に浸透して根付いているなって思えます。
  だから根付かせる部分はもう終わったかなと。

  その分最近では「R&Bって枠にとらわれないで」っていう言葉も良く聞く様になりました。
  素晴らしい事だと思います。
  ただその枠にとらわれなかった方向が皆同じな気もしています。
  
  僕自身は「枠にとらわれないで」というより
  表現したいことは既に自分が考える「R&B」って枠の中ではもう表現し切れない段階まできていて
  だから今まで培ってきたことはルーツとして
  もっと自由に表現してみたい。それだけです。
  自分を狭い(狭すぎるわけではありませんが)何かに閉じ込めていくのは嫌で、、、
  そして個性やオリジナリティ。その人にしか出来ない部分。
  ある意味大御所のアーティストさんたちが持っているもの。
  それを出していける部分でもあると思います。
  それが出来ていけばJ-R&Bももっとネクストレベルに生けるんじゃないかなって思います。
  
  事実、洋楽R&Bは既にBlack Musicって呼べるものなのかってくらい
  白人音楽が混ざっています。最近のはやっているR&Bは「黒いなーっ」って思わない。
  でもそれも進化なんだなって思います。
  60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代。
  R&Bはどんどんカタチを変えていきました。
  そして...
  普通に過ごしていて気付かなかったけど
  こんな風に言われている時代達からいえば
  今年から2010年代なんです。要は「10年代」
  それを自分たちの手で築き上げていきたいですね。
  「10年代はこんな素晴らしい音楽で溢れていた」と------------------ 


Q: 今後、プロデュース面で挑戦してみたい事は何かありますか?

A: 携わるArtistの魅力を120%引き出せるProduce。
  そして
  誰かに合わせて作るのではなくて自分だけにしか表現出来ない
  自分名義のアルバムってのもいずれ作ってみたいですね。
  その時は全てを表現してみたいです。


Q: 最後に、このブログを見てくださっている方へ、何かメッセージがありましたらお願いします!

A: こうやってJ-R&Bに触れてくれてblogというツールでそれを広めて下さっている。
  そんな時代にも皆様にも大変感謝しております。
  音楽とは僕ら作り手、アーティスト、スタッフ、そして聴いて下さる皆様。
  全てが繋がって成り立っているものです。
  だから歴史が浅い分全てが成長していかなければならない。
  ただ、他人任せではなく、
  アーティストや僕らを成長させてくれるのも皆さんであって
  僕らもまた皆さんに感動や共感を届け、成長させられる立場でいたいです。
  全てで1つ。
  僕らで新たな「10年代」。
  築き上げていきましょう^^
  これからも宜しくお願い致します。

  
T-SK





以上です!いかがだったでしょうか。
2ヶ月ほど前にオファーをさせて頂いたのですが、快く引き受けて下さり、本当に嬉しかったです。
しかも大層ためになる話ばかり・・・(涙 
普段聞けないことばかりだったので勉強にもなりましたし、何よりも彼が、プロデューサーという仕事に対して、どれほど熱い思いを捧げているかが、よくお分かり頂けたかと思います。

彼も挙げているmeajyuは、俺も応援しています。次世代の「宏実」にもなり得る、非常に頼もしい存在なので、皆さんもよかったらチェックしてみてください!ちなみに本日、iTMSにてLIVEアルバムをリリースしました。Meajyu - Love Session ~Live at Ginza~
(アルバム『Secret Lover』のレビューはこちら。)


T-SKさん、今回は本当にお忙しい中、こうして今企画に参加して下さり、ありがとうございました!
これからも引き続き、良質な楽曲を目一杯、世に送り出しちゃって下さい!期待しています。


◆過去のWORKS◆
『#01 Nao'ymt』はこちら
『#02 STY』は
こちら
『#03 Jeff Miyahara』は
こちら

ブログパーツ
スポンサーサイト


コメント

  1. YaSu | URL | -

    T-SKの表現の中のTim&BobやNao'ymtに通ずる繊細さ。いいですよね。もう虜です。
    恋愛で例えるならば、女性に対してガツガツ攻めるのではなく、そっと手を引きしっかり離さないといった感じでしょうか。

    僕にとってT-SKは、香水シリーズを生で聴きたくて、宏実・CIMBA・T-SKに会いたくて、渋谷のクラブに初めて足を踏み入れるきっかけを作ってくれた人です。
    元々クラブって場所は恐くて陰湿なイメージがあったんですが、彼らのステージパフォーマンスを見て一瞬で払拭されました。

  2. kazzma | URL | -

    待ってました!!
    今すでに何回読み返したことか。笑

    T-SK名義のアルバムとか想像しただけでヨダレが止まりません…ww

  3. ピタ | URL | -

    出遅れてしまったけど、ブログ2周年おめでとう!!

    レビューに留まらず、
    このブログでしか読めないスペシャルインタビューまで実現してしまうとは、
    健ちゃんすげぇ…(゚д゚)

    どんどん進化していくこのブログ&健ちゃんを
    これからも陰ながら応援していきます(´∀`)

  4. ケンイチ | URL | -

    >>YaSuさん
    良いたとえですねw
    さりげないというか、フッと心に感動をこみ上させげるのが非常に上手なんですよね~彼。

    クラブって先入観があまりよろしくないので、
    何かをきっかけにそうやって足を踏み入れる方は、実際多いんでしょうね。
    6月に、いよいよ初めての生宏実を見られそうなので、楽しみです!

  5. ケンイチ | URL | -

    >>カズマ君
    お待たせしました!w
    いや~マジで心打たれる内容やわぁ。

    T氏名義のは、俺も是非作って欲しいな!
    それこそスペコーで培われたものが凄く活かされそうな予感!

  6. ケンイチ | URL | -

    >>ピタ君
    ありがと~(´∀`)

    こんな有意義なインタビューが実現したのは、
    俺にとってもこのブログにとっても、確実に前進に繋がったと思う!

    ピタ君とはもう随分長い付き合いになるよなぁ~。
    これからも末永くよろしくです!

  7. JULIE | URL | -

    WHAT A GREAT ARTICLE!A article Full of love!

    感動しました!

    Thank you T-SKさん ~Thank you!ケンイチ君~

  8. スガB | URL | -

    初コメ

    R&Bが大好きでいつもblogを拝見させてもらっています。
    T-SKサンとインタビューなんて凄い!もはやblogの枠を越えてますねw(゜o゜)w
    これからも期待してます!

    CIMBAサンのblogにこのblog紹介されてますよ!!

  9. ケンイチ | URL | -

    >>JULIEさん
    Thank you for seeing this INTERVIEW!
    僕も、凄く感動しました!

  10. ケンイチ | URL | -

    >>スガBさん
    初めまして!コメントありがとうございます。
    今回のインタビューは、俺にとっても本当に有意義な出来事でした。
    また機会がありましたら、どなたかにオファーさせて頂きたいなと思っています。

    そしてブログの件、教えてくださってありがとうございます!
    今し方確認したんですが・・・やばいっ超嬉しいですww
    アーティストご本人さんに見て頂けることほど、光栄なことはないです!

  11. YUTTY | URL | anljw.JM

    遅くなりましたが、、、

    遅くなりましたが、ブログ2周年おめでとうございます!

    久しぶりに見に来たら、、なんかすごい事になってますね!?
    T-SKさんの楽曲には思い入れのある曲ばかりで、インタビュー読んで
    ちょっとナミダ出そうでした。w

    そして、ケンイチさんのモチベーションの高さにも心打たれております。
    同い年の方がこんなにすごいことしてるって思うだけで私も頑張れそうです。w

    これからも頑張って下さい~

  12. ケンイチ | URL | -

    >>YUTTYさん
    ありがとうございます!!
    一応2周年記念ということで、連日企画やってましてw

    T-SK氏のインタビューは、早くも沢山の方から反響を頂いてまして、

    こちらとしても、実現させた甲斐があったなと思ってます。
    以前から彼の音楽に触れていた方なら、間違いなく心打たれる内容ですしねぇ。
    これからの活動にも大いに期待してます!

    そういえばYUTTYさんとは同い年っすよねぇw
    Twitterをやり始めてから、同い年の同志の方とたくさんお近づきになれたので、
    正直かなり心強かったりw
    お互い夢に向かって頑張りましょうね!

  13. ぶる~ | URL | -

    おめでとう&いつもありがとう

    遅まきですが、2周年おめでとうございます!!
    いつもいつもその更新頻度と内容の濃さには舌を巻きます。
    これからも末永く続けてくださいね。

    で、T-SKさんへのインタビューとはすごいですね!!
    またその内容のすばらしいこと。
    私なんかよりも一世代下になるのでしょうが、日本のR&Bの進化をつぶさに見ながら、さらに進化し新しい世界へ向かっていこうという真摯な姿勢・・・感動です。
    (宏実さんへのコメントもいいですねえ。まさにその通り!)

    ぜひまたこんな生の声が聞ける好企画、期待してますよ(あっ決して無理せずにですねww)


  14. ケンイチ | URL | -

    >>ぶる~さん
    ありがとうございます!
    ぶる~さんには開設初期の頃からお世話になっているので、非常に恐縮なお言葉でございます。

    T-SK氏のインタビューは、J-R&Bが好きなものからしたら、涙がちょちょぎれるほどの内容ですよねw
    今回の企画を通して、彼のでかい志が、沢山の人にも届いたようで、嬉しい限りです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/739-2ffec2f3
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。