FC2ブログ



ニューシングルレビュー:JUJU/JAY'ED/ZANE/XIAH junsu

2010年05月30日 20:43


◆ZANE 『Voice feat.JUN』『Do It』
まず皆さん、three NATIONのメンバーの一人として活躍していたMC・ZANEが、ソロとして再出発していたことはご存じでしたしょうか?彼は現在、「SOUND DIRECT」という自身のファンクラブを公式サイト上に設立しており、そのメンバーになった方のみを対象に、毎月自身の配信音源や、年1でコンピレーションCDを提供するという珍しい形態で、音楽活動を行っています。この「完全会員制」ともいえる奇抜かつアウェーな方法に、俺もはじめは驚きと戸惑いを隠せなかったのですが、公式サイトで楽曲を試聴してみると、これが軒並み現行シーンに通用し得るハイレベルなものばかりで、閉鎖的に配布しているのがいささか勿体ないなと感じてしまうほどだったんですよね。もっとも今のご時世に、わざわざこうしたフォームを選んで音楽を発信しているからには、彼の今持つ確固たるポリシーがそれはもう大きく作用していることでしょうし、これからもリスナーとして、温かい目線で応援して行けたらなと思っています。

ちなみに今月は、three NATIONの紅一点ボーカル・JUNを招いたクラシカルな趣のミディアム・ナンバー『Voice』と、three NATION名義のアルバム「Dance Floor Lovers」に収録されている「illuminite」のフレーズをセルフ・サンプリングした、キャッチー味溢れるアーバン・トラック『Do It』の計2曲の配信楽曲を既にリリース済み。どちらも彼の落ち着いた紳士フロウが冴え渡る佳曲なので、3Nの活動再開を今か今かと心待ちにしている方は勿論、本稿で彼にはじめて興味を持った方も要チェックです!

◆Official⇒http://www.zane.jp/

Trust In You  
◆JUJU 『Trust In You』
最新アルバム「JUJU」も好調なJUJUのニューシングルは、恋人への内なる想いを吐露した、言わば彼女の十八番ともいえるミディアム・チューン。万全に潤いを含ませたトラックを聴いて、「絶対Jeff Miyahara氏やん!」と勝手に決めつけていたのですが、これがまさかのUTA氏編曲。彼ってここまで潔く美麗にまとまったアプローチが、これまでにあまりなかった印象だったので、ちょっとビックリしました。曲自体は、まぁ可もなく不可もない歌謡R&Bなんですけど、彼女の歌声がまっすぐ届くメロディーラインに不思議と惹かれてまして、これから聴き込んでいくにつれて、より印象が良くなっていくのは確実かな。それは、同路線のピアノ主軸スロー『feel me,feel me』然り。



PRAY  
◆JAY'ED 『PRAY』
アルバム「MUSICATION」以来初となるJAY'EDのニューシングル。
今回は、兼ねてからタッグを組み続けているBACH LOGICが、収録されている3曲ともを徹底的にバックアップしており、今シングルを聴く前から、彼サイドの強い意気込みが感じられました。が!メイン曲の『PRAY』、いやに地味すぎやしないですか?JUJU同様、彼の真骨頂とも言える、緩いビート使いのミディアムなんですけど、何度聴いても、今ひとつ消化不良な部分があってモヤモヤするんですよね。。ドラマ性は十分すぎるほどに備わっているのに、何でこうも訴えかけてくるものが欠如しているのか・・・「メロのパンチ不足かな?」「ボーカルの構成が悪い?」など、色々考えを駆け巡らせてみたんですが、結局それすらハッキリしないので余計にもどかしいww まぁ、俺の嗜好に見合わなかったってことでいいや(;´∀`)

一方、c/wの『Golden』は、強靭なシンセ・トラックを駆使した「攻め」の1曲で、琴線にバシバシ響きました。BACH LOGICは、やっぱこうでなくっちゃ!そのBLさん、もう1曲のc/w『夢のステージが待つ向こう』でも、"シンセの魔術師"の名を欲しいままにする目覚ましい重厚サウンドをアピール。大型タイアップが付いてる(日本語タイトルもなんか胡散臭いし)ので、内容が大衆へ偏重しすぎないかちょっぴり危惧してたんですが、俺の杞憂だったようです。



XIAH(DVD付)(ジャケットA)  
◆XIAH junsu 『XIAH』
グループの内紛が取り沙汰されている東方神起から、junsuがソロデビュー。
セクシャルに揺らめく本格R&Bダンサー『Intoxication』、EXILEの「響~HIBIKI~」を思わせるストリングス取り巻く悲哀バラード『悲しみのゆくえ』、そして小綺麗なアレンジが鼓動するミドルチューン『君がいれば~Beautiful Love~』といった、同じ調ながらタイプの違う計3曲が収録されています。いずれも彼の持ち味とされるスマートな高音ボーカルが手堅く活かされており、特に1曲目「Intociation」においてのR&B然としたスタイルからは、彼の末恐ろしい側面を採掘、不覚にもヤラれてしまいました。兼ねてから「メンバーひとりひとりが凄まじく有能なグループだなぁ~」とは思っていたのですが、まさか彼がこんなポテンシャルを秘めていたとは・・・。しかもこれらすべての楽曲の「制作」にも、彼が直々に携わっているというんですから、これは今後に期待しない手はないですよね!「怪我の功名」じゃないですけど、今回ソロデビューしたことによって、こうした彼の逞しいセンスをまざまざと見受けることが出来たので、個人的には万々歳です。




ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. JULIE | URL | -

    Zane is one of my favorite Japanese rap singer!!
    It's pity that I don't know how to use SoundDirectT口T~

    So glad that ケンイチ wrote about him!!Zane's "Zero" is one of my favorite songs~~I respect him very much!

  2. ケンイチ | URL | -

    >>JULIEさん
    SOUND DILECTについては、↓のURLへどうぞ!
    http://www.zane.jp/sounddirect/about.html

    俺も「ZERO」好きです!
    彼のMCとしてのスキルの確かさを思い知らされます。

  3. クスクス | URL | -

    初めまして~前々からロムってました。
    いつも参考にしています。

    私もジュンスのIntoxicationにヤラれた一人です。
    東方神起なんて興味0だったのにたまたま見たMステのパフォの衝撃といったらもうもう。
    あれだけ踊りながら、歌えるなんてー。
    曲が変に日本向けじゃない所も凄くイイ。ファンになってしまいそう。

    日本もこーゆう歌手が育ってゴールデンの歌番組に出演して歌い踊って欲しいですね~・・

  4. ケンイチ | URL | -

    >>クスクスさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。

    やっぱり彼に惹かれた方多いんですね~。
    実は俺もMステで衝撃を受けた口でしてw
    ソロになってああいう路線を打ち出したことは、
    彼にとっても、プラスになること間違いないと思います!


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/749-cc83d9c1
この記事へのトラックバック


最近の記事