スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMA-CHI 『Beauty or the Beast?』

2010年06月04日 19:30

Beauty or the Beast?   

COMA-CHIのニューアルバム『Beauty or the Beast?』(10.05.26)をレビュー。
配信ヒット3曲を含む、全10曲収録です。

1. Beauty or the Beast?
2. TIME 2 PARTY feat.AK-69

3. boyz!boyz!
4. ギュッと抱きしめて♡
5. spextacy ~U.F.O.!!~

6. イエナイ
7. Love symphony feat.JAY'ED

8. Heaven
9. STEP UP!
10. oneness

「クール、そして男勝りなラップで大衆を畳み込む」という固定的なイメージも、MCらしからぬ柔な母性と、MCならではの流麗な抑揚を兼備したハイブリッドなボーカルを強く打ち出して以降は、次第に鳴りを潜めつつある彼女。昨年2月のメジャーデビュー以降、今作を含めて、既に3枚ものアルバム(うち1枚はコンセプトアルバム)をドロップしてきたわけですが、昨年暮れから続けざまにリリースされた配信シングルは、いずれも「メロディー」が核を担ったボーカルありきのもので、そのキャッチーぶりに心躍っていた反面、『「RED NAKED」でこれ見よがしに晒していた、ハーコースタイルのCOMA-CHIにはもう会えないのかな・・・』と少し寂しい気持ちに駆られていたことも、この機会に正直に吐露しておきます。

ただ今作を聴いて、彼女のことを少しでも軽んじた自分自身が、途端に滑稽に思えてきて、恥ずかしくなりました。というのも、アルバム用の新曲5曲が、どれもパワーバランスに長けた、主張性のあるキラーチューンばかりだったんですよね。これには10曲という低ボリュームからくる先入的な物足りなさも、遙か彼方に吹っ飛びましたw 「彼女にとってはラップも歌も、自分の思惑を伝達する上での大切な手段の一つであって、それに口出しする権利なんて、俺なんかにあるわけなかったんだ・・・」と、少し大袈裟ですが、そう気付かせ、素直に改心させてくれるほどに確固とした説得力を伴って、今回俺の胸に飛び込んでこられたのです。やっぱり、高なんて括るものじゃありませんね。なんてったって、ヤツは「COMA-CHI」、なのですから。

主な収録曲を追っていくと、相対する概念を列挙したリリックと粘り気あるフロウから彼女の本色がとくと窺える渾身のタイトル・トラック①『Beauty or the Beast?』、AK-69×今井了介のウルトラ・コンビが参加した愉快痛快なパーティーアンセム②『TIME 2 PARTY』、前作「RED NAKED」収録の「girls!girls!」に対するセルフアンサー的ポジションに就くド変態エレクトロ③『boyz!boyz!』、甘美なボーカルがドリーミーに煌めく疾走感を繋ぐ胸キュンポップス④『ギュッと抱きしめて♡』、肩肘張らないユニークな押韻に魅入ること必至のDJ JIN(from RHYMESTER)トラック提供曲⑤『spextacy ~U.F.O.!!~』、「イエナイイナイ・・・」とリフレインする重厚なコーラスがしなやかな線を描くミドルR&B⑥『イエナイ』、JAY'EDとの絶妙なハーモニーに心行くまで聴き入りたい秀逸デュエット⑦『Love symphony』、そして「みんな違って素晴らしい」と、彼女きってのテーマともいえる「アイデンティティーの在り方」を強く訴えたエモさ抜群の1曲⑩『oneness』などなど、

MCとシンガー、二足のわらじを颯爽と履きこなす身軽な彼女が、最大限に投影された作風になっており、冒頭での俺のように、売れ線寄りのナンバーを歌う昨今の彼女のことを何となしに卑下していた方は、間違いなく面食らってしまう1枚だと思います。一層守備範囲の広がったラップは相変わらず堅いし、かと思えば、⑥のような幽玄たるR&Bチューンも巧みに歌い上げちゃうもんやから、完璧なまでに降伏しちゃいましたわ。シングルレビュー時はあまり評価しなかった⑨なんかも、今作どおりの流れで聴くと、妙な説得力を伴って響いたきたので万々歳。

あと今回参加した、個性派揃いのプロデューサー/トラックメーカー勢にも、大いに目を見張りつつ聴いて欲しいなと。注目どころは、RHYMESTERが起用したことで大きな話題を呼んだ19歳の新鋭トラックメーカー・Monkey_Sequence.19(①)や、天才的なセンスでその名を轟かせるNY在住のプロデューサー・SKY BEATZ(⑥)、そして彼女にとって偉大なるパイセンであるDJ JIN(⑤)ら。ほかにも今井了介、UTA、DJ MITSU THE BEATSといった、ネームバリューに富んだシーンの精鋭たちが大集合しているので、Pro.ヲタの方はチェックしないと損しますぜ!



◆MAJOR DEBUT ALBUM 『RED NAKED』のレビューはこちら
◆CONCEPT ALBUM 『LOVE ME PLEASE!』のレビューは
こちら

★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://www.coma-chi.com/top.html

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. いっちー | URL | -

    Coma-chi=ラップ。で僕も歌うのは。。。
    と思ってたけども清水翔太のfamilyを聞いて歌うコマチに納得しました。今回はまだチェックしてないのでチェックします。

    ちなみにme my kicksが1番好きなナンバーです。kreva remixは最高!

  2. ケンイチ | URL | -

    >>いっちーさん
    今や歌ってラップも達者出来るっていうのは、彼女最大の強みですよね。
    それをもう少し柔軟に理解してあげるということを、今作から学んだ気がします。

    「me my kicks」カッケーですよね!
    KREVA Remixはノーチェックだったなので、チェックさせて頂きます!

  3. ぶる~ | URL | -

    90'Soulっぽいストリートな雰囲気も強く感じる『oneness』が気に入ってます!

    それと『STEP UP』がだんだん良く聴こえて来たのは同感!! 最初は「なんじゃこれ?」って思ったのにねwww

  4. ケンイチ | URL | -

    >>ぶる~さん
    やっぱり流れって大事ですよねw
    俺も当初はCOMA-CHIから離れようかな・・・と真剣に思ったぐらいの曲だったんで、ビックリですw>STEP UP!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/751-b8d81255
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。