スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jine 『If I Said』:ニューシングルレビュー特別篇

2010年06月09日 20:00



≪驚愕の世界観、絶異の余韻。これぞ、彼らにしかできない"R&B"≫


先月、デジタル・シングル「Superhero」を以て表舞台へとカムバックした、J-R&B界のリーサルウェポンことJine。
その彼らが、早くも次の配信曲『If I Said』を、本日・6月9日にドロップ。イントロを聴いた瞬間から五感がざわつき始め、聴き終わる頃にはもう完全に虜。「これでこそJine!最高や!」と高らかに喧伝せずにはいられない、磐石の逸品に仕上がっています。

何が素晴らしいって、まずはやはり、彼らの要でもあるボーカル・ワーク。
今回は、パート割りがちょっとばかり特殊になってまして、Jun氏とEiji氏がVerseとフェイクを担当、そしてNao'ymt氏が、Verseを歌うことなく、Hookのコーラスのみでその存在感を遺憾なくアピールするという余裕綽々の"離れ業"に挑戦。この突飛ともいえる形態がズバリ功を奏しており、それぞれのボーカルの特性が喧嘩し合うことなく、色鮮やかに投影されているわけです。友人・DJ KAZZMA君もブログで言及してますが、特にEiji氏は、ソロパートの割合が、元来から他2人に比べて少ないので、フェアな視点で3者<Jine>を堪能出来るという意味でも、まさに打って付けの1曲なのです。

そして忘れちゃいけないのが、Nao'ymt氏による丁寧かつドラマティックなプロデュースぶり。
今回は、メンバー3人が一丸となって詞曲を制作しただけあって、良い意味で彼のカラーは中和され気味なんですが、いつにも増して押韻度の高いリリックの小気味よさや、最後の最後まで抜かりなくグルーブが据わったミドル・トラックなんかは、やはりNao氏の美麗なセンスあってこその賜物。「Superhero」同様、全体的に都会っぽさがフォーカスされてはいるんですが、メロディーがさり気なく醸す奥床しさは、かの伝説の客演プロジェクト「wit'」時代の彼らを彷彿させ、聴き終わった後に、底知れぬ尊い余韻を植え付けてくれること請負です。個人的なツボは、イントロから早々に音色を奏で出す、叙情的なピアノ。「あれがなければ、ここまですんなり惹かれなかったかもしれない・・・」と思ってしまうほど、俺にとっては必要不可欠な要素であり、また、彼らの復活を心から歓喜するに至る、大きな決め手にもなりました。


『THE CHANGING SAME』--- 平井堅が2000年にリリースしたアルバムのタイトルなんですが、今の彼らには、まさにこのフレーズがピッタリだなと。他の追随を許さぬ精度で変貌を遂げゆく一方で、自分たちの重んずる信念にはいつだって忠実。「変わりゆく、変わらないボーカルグループ」、それがJine。再び産声を上げた彼らの飽くなき快進撃は、まだ幕を開けたばかりです。

Jine - If I Said - Single

◆Official⇒http://www.jine.asia/


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    とても素晴らしい曲ですよね。ただ聴いた瞬間the underdogsが作ったのかと思ってしまいました笑 ちょっとそのまますぎるかなといった印象を受けてしまいます。

  2. ケンイチ | URL | -

    はじめまして、コメントありがとうございます。
    Underdogsですか~。
    個人的に、あまり意識はしてませんでした。
    プロデューサーのNao氏が、結構影響を受けているのかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/759-30c6a110
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。