FC2ブログ



Crystal Kay 『FLASH』

2010年06月20日 20:44

FLASH(初回生産限定盤)(DVD付)  

Crystal Kayのニューアルバム『FLASH』(10.06.16)をレビュー。
CMで話題の楽曲を含む、全7曲収録のミニアルバムです。

1. Intro-Genesis-
2. FLASH
3. Victoria

4. Never say goodbye
5. Happy
6. I pray
7. Outro

昨年8月のシングル『After Love-First Boyfriend-feat.KANAME(CHEMISTRY)/Girlfriend feat.BoA』を皮切りに、LIVEにリリースにと、自身のデビュー10周年を精力的に駆け抜けてきたクリちゃん。そんな彼女が、7月のデビュー11年目に向けて、「WILD STYLE」=「ワルスタル」なる、如何にも勇ましい"ネクスト・ステージ"を提唱。アグレッシブなダンスチューンや柔和なスローなど、一見従来と何ら変哲のないラインナップですが、そこには彼女がこの1年で築き上げてきた強靭なヴァイブスと、現在進行形の「攻め」のアティテュードとが融合した、目覚ましいほどに真っ新な世界が広がっておりました。
彼女の黎明を強く予感させるOP①『Intro-Genesis-』を経てまず迎え撃つのは、Canon「IXY」のCMソングに起用されている鋭利極まりないキラー・エレクトロ②『FLASH』。昨年のベスト盤「BEST of CRYSTAL KAY」にも、「Over and Over」や「Step by Step」といった高水準な4つ打ちナンバーが収録されていましたが、「I say 試してみる? 響きざわめき溢れる世界」と歌う煽動的なリリックと荒々しいボーカリゼーションで魅せる今楽曲は、完全にそれらとは別ベクトルからのアプローチで、PVが解禁された時点から、既に琴線壊滅状態でした。こうした楽曲をリードとして堂々と切ったあたり、彼女のアーティストとしての余裕がまざまざと窺えますよね。この調子で、これまでの無難な歌謡路線をバシバシ蹴散らしていってほしいと切に思います。

その②の流れを引継ぐのは、男を虜にする"色女"を主人公に据えた③『Victoria』。こちらも切れ味抜群の歌いっぷりが冴え渡る好ダンサーに仕上がっています。レトロなシンセ使いも、彼女にしては新鮮でした。そのほか品のある光沢を帯びたポップなハウス・チューン④『Never say goodbye』、敬愛するMichael Jacksonの初期曲を、優雅なバラードに昇華したカバー⑤『Happy』、そして現代版「月のない夜 道のない場所」ともいえる、郷愁誘う純朴たるミディアム・スロー⑥『I pray』などを収録。どの楽曲も、彼女が元来持つ個性を土台としながら、前述の気迫とも巧妙に結びついたものばかりだったので、それはもう手放しで拍手・・・したかったところなんですが、やっぱりミニアルバムではちょっと物足りなかったかな、個人的に。新たなスタイル主張の手始めに、コンパクトさが売りのこの形態でリスナーの反応を窺ったのかもしれないですが、これほどまでに自信に満ちた内容のものを作れるんだから、もう少し制作期間を確保した後にフルアルバムをリリースって流れを展開した方が、テイストの手広さがより分かり易くなって良かった気が・・・って贅沢言いすぎですかごめんなさい。



◆BEST ALBUM 『BEST of CRYSTAL KAY』のレビューはこちら
◆REMIX ALBUM 『THE BEST REMIXIES of CK』のレビューは
こちら

★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/C-Kay/


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. cozey | URL | XQHZ9Q/.

    こんばんは。
    アルバムリリースする前に、カバー曲以外全部ライブで聞いてしまいました(爆)
    こんなにも尖っているクリスタルケイを聞いたのは、「Crystal Style」以来ですかね?
    まさかここに来てエレクトロニカに針を振るとは思わなかったし、ここまで尖ったス
    タイルになるとは思わなかったので、まさかの展開に嬉しくもあり、今後のセールス的
    に大丈夫なのか!?とも思ってしまっているんですけど。

    >この調子で、これまでの無難な歌謡路線をバシバシ蹴散らしていってほしいと切に思います。

    それは私も非常に同感です。

    追記:遅れましたが、雑誌掲載おめでとうございます。今やR&B方面では有名ブロガーな
    感じになってきましたね!!
    それ以上にアーティストサイドの方からリスペクトされているのは凄い事だし、いろんな意味で
    冥利に尽きるのではと。
    これからも良い記事を期待します&ケンイチさんがBIGになっていく過程も(爆)

  2. ケンイチ | URL | -

    >>cozeyさん
    そうなんですか!
    特に序盤の2曲はLIVE映えもしそうやし、羨ましいです(´∀`)
    実際セールスは伸び悩んでるようですねぇ。。
    まぁこれが彼女の信じるスタイルなら、安室ちゃんのように、徐々に支持されていくと信じています!

    そしてわざわざありがとうございますm(_ _)m
    本当に思わぬ依頼だったんですが、今回協力させてもらったことで、自分のビジョンみたいなものが少しずつハッキリしたものになった気がするんですよね。有り難い限りです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/767-ec38b759
この記事へのトラックバック


最近の記事