スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さかいゆう 『Yes!!』

2010年07月06日 21:00

Yes!!  

さかいゆうのアルバム『Yes!!』(10.06.21)をレビュー。
2枚のシングルを収録した、メジャーデビュー後初となるアルバム作品です。

1. N.A.M.E.
2. ストーリー ~album ver.~
3. おはようサンシャイン
4. ウシミツビト

5. ラビリンス
6. ↓
7. Yeeeeahs!!
8. まなざし☆デイドリーム ~album ver.~
9. Room

10. 週末モーニン
11. ティーンエイジャー
12. train ~album ver.~

「Yes」――それは魔法の言葉。
対人における了承/賛同のサインや、時には精神的な高鳴りや興奮を表したりと、あらゆる「肯定的」な場面で耳にする、私たちが日常を円滑に生きていく上では、必要不可欠といっていいワードの一つです。そしてそれをメジャーデビュー以降、ある種のキャッチコピーとして強調し掲げているのが、彼:さかいゆう。それこそ日常に散らばる無数の小さなドラマを、まるでパズルのピースのように丁寧に楽曲へと落とし込んでいくその圧巻たるセンスと、スッキリとした後味を放つクリアーこの上ない歌声で、今もっとも注目を浴びている気鋭のシンガーソングライターです。彼が満を持して奏でる「Yes!!」な世界とは。邪心なき1stステージの集大成が、いよいよ幕を開けたのです。
まずは注目曲をご紹介。
③『おはようサンシャイン』
緩急自在に躍るピアノ捌きが如何にも彼らしい、瑞々しさを十分に含ませたポップ・チューン。
「ストーリー」が好きな方は、この曲もすんなり気に入られるのではないかなと。
朝のリアルな風景を切り取った歌詞と、嫌味のないハイトーンボイスが引き起こす睦まじいハーモニーは、とにかく必聴です。

⑨『Room』

哀愁が残り香のようにいつまでも後を引く、彼渾身のリード・バラード。
失恋をテーマにした歌詞には、「サヨナラ言えないTONIGHT」をはじめとする印象的なフレーズが多数散見出来るのですが、中でも「胸にあいた穴は 今でもあなたサイズ」という一節は、彼の素朴さなキャラクターがそのまんま滲み出ていて本当に素敵。悲しい歌なのに聴いていて癒されるのは、持ち前の歌声のみならず、そういった彼の気質が影響しているところも大きいのでしょう。

そのほか朗らかに歌い上げる淀みないメジャーデビュー曲②『ストーリー』、女性目線でいじらしい恋心を綴ったアコースティック色強いスロー④『ウシミツビト』、ジャジーな風情漂う小気味よい都会派ソウルナンバー⑤『ラビリンス』、「ワルツで繋ごう~♪」とアルバム後半への橋渡しを示唆する短編⑥『↓』、女性MC:RUMIがパートの大半を担うファンキーかつ異色なコミカル要員⑦『Yeeeeahs!!』、クラシック「主よ、人の望みの喜びよ」のメロディーを導入した秀逸ポップ・チューン⑧『まなざし☆デイドリーム』、中盤以降のエモーショナルな流れと、それに跨る彼のファルセットがことごとく麗しい叙情スロー⑪『ティーンエイジャー』、そしてラヴァーズロック調ののどかなリズムに乗せて悠々と歌う配信曲⑫『train』などなど、インディ時代から活発だったクリエイティブな才能は勿論、メジャー時代に突入し、より一層深みに磨きがかかったボーカルをもありのままに投影した、貫禄あるポップス・アルバムに仕上がっています。個人的には一度、緑の多い場所(森林とか)でジックリ聴き浸りたいですねぇ~この終始おびただしく沸き立つ透明感、悔しいくらい癖になります。

早速業界からも賞賛の声が上がっているようだし、彼がトップシンガーの仲間入りを果たすのも、そう遠くはないでしょうね。この心洗われる柔な世界観は、早いとこ享受しておいた方が吉ですよ!



★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.office-augusta.com/sakaiyu/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/785-9eeb3a78
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。