FC2ブログ



Baby M 『Baby M』

2010年07月11日 19:30

Baby M(DVD付)【ジャケットA】  

日本と南アフリカを拠点に活動する女性シンガー:Baby Mのニューアルバム『Baby M』(10.06.30)をレビュー。3月にリリースされたプレ・デビュー盤「Bhuti」以来となる、全14曲収録のフル・アルバムです。

1. opening
2. Dream come true
3. キミと ~強く儚い者たち~

4. On My Way
5. Free
6. Bhuti feat.BOY-KEN ~Ndihamba Nawe

7. I am
8. あなたがいるから
9. もっと・・・
10. Never find your way
11. Tough To Love
12. Get Ready feat.童子-T & MANDOZA -Special Tracks-
13. Free (English Version) -Special Tracks-
14. Bhuti feat.BOY-KEN ~Ndihamba Nawe~ (DJ Mujawa remix) -Special Tracks-

まず、今何かと巷を騒がせているのが、Coccoの「強く儚い者たち」のサビフレーズをサンプリングした③『キミと ~強く儚い者たち~』。原曲がCocco史を代表する超絶名作とだけあって、「軽薄なサンプリングだ」などと批評も相次いでいるようですが、アレンジやメロディーラインに現代的な爽やかさを落とし込んでいるあたりは、個人的に嫌いじゃないかな。ただそれを、「淡い失恋ストーリー」として、歌詞にまで遺憾なく注入してしまったのは極めてナンセンスだなと。人間固有の愚かさと、それ故の尊さを幽玄に織り上げた世界観こそが原曲の最たる魅力なのに、その核心部分すらろくに汲み取らず、まるで開き直ったかのようにあっさりと別視点から捉えた内容なので、これは安直と切り捨てられても無理ないような気がします。まぁどこぞのコピーを読む限り、彼女なりの原曲に対する思い入れは相当なもののようですが、昨今サンプリングを採用した楽曲は、この「歌詞」で躓くケースが本当に後を絶たないので、せめてもう少し要領のいい構成を練るべきだったのではないかと、手始めにちょいと苦言。
さて本作ですが、ミニアルバム「Bhuti」で展開した優等生的R&B/POPSにくわえ、ハウスなどのダンスミュージックにも挑戦した、本格デビュー盤らしい意気盛んな内容。特にSTUDIO APARTMENT(沢尻エリカの新曲「Treasure」を手がけた事でも話題)の手がけたラテン・フレーヴァー滾るダンス・ナンバー⑤『Free』は、洒落っ気あるサウンドと滑らかな彼女の発声が抜群にマッチしていて秀逸です。

そのほかキャッチーに魅せる清涼R&Bポップス②『Dream come true』、南アフリカで親しまれているジャンル:クワイトへ歩み寄ったノリノリの宴チューン⑥『Bhuti』、厚く張られたシンセで深遠な雰囲気を表現したメッセージソング⑦『I am』、「ずるいよ ずるいよ」のフレーズが印象的なサイバーダンサー⑨『もっと・・・』、英語詞主導の歌詞を流暢に紡ぎ上げる抑揚あるハウス・トラック⑩『Never find your way』、そして「RihannaのPon De Replay?」と一瞬錯覚させるイントロから幕を開ける破壊力抜群のダンスホール⑪『Tough To Love』などなど、透明感溢れる歌声をあらゆる手法で調理した、自己紹介盤と謳うに相応しい1枚になっています。あとはこれら多様なテイストの中、どれを自らの音楽の主軸として対峙させるかが、今後の大きな課題といえそうです。無神経なサンプリングで出端をくじかれた感もありますが、ここはひとつ、目一杯精進して頂きたいです。



◆MINI ALBUM 『Bhuti』のレビューはこちら。

★★★★★★★☆☆☆
◆Official⇒http://babym-music.com/index.html

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/788-8ec0734e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事