FC2ブログ



ニューシングルレビュー:倖田來未/清水翔太/紗羅マリー

2010年07月17日 12:00

Gossip Candy(DVD付)  
◆倖田來未 『Gossip Candy』
もはや定番となった、倖田來未の夏仕様マキシシングルが今年もリリース。
どこか土臭いR&Bトラックに、自分に寄りつく男を嘲笑する歌詞を掛け合わせた新感覚の"エロカッコソング"『Lollipop』をはじめ、キーと歌詞以外(メロディーやテンポ)はまったく同じものを採用した似て非なる2曲のロックナンバー『Inside Fisbowl』『Outside Fishbowl』、そして彼女の骨頂ともいえる感謝系ラブ・バラード『For you』などが収録されています。まぁ全体的に可もなく不可もない出来といった印象なんですけど、彼女にしてはえらく奇抜なアプローチに映った「Lollipop」に関しては、意表を突いてくれたという意味で高く評価しているつもりです。あとはこれで英語の発音も流暢なら、もっとより良いクオリティになったと思うんですけどね。ロクに英語喋れない自分が言うのも何ですけど、なんかちゃちいんですよね、彼女の発音って。妙に鼻にかけてる癖に拙いから、聴いてて本当にイライラするww 初回盤のみに収録されているCheryl Lynnのカバー『Got To Be Real』も、そういった発音の見地では本当に精彩を欠きまくった1曲で、大胆に振り切ったアレンジには合点が行っただけに、心惜しさ満点でした。


GOODBYE(初回生産限定盤)(DVD付)  
◆清水翔太 『GODDBYE』
2ndアルバム「Journey」を経て初となる、清水翔太のシングル。
タイトルの通り別れをテーマにした歌詞ながら、曲調は至って爽やかな4つ打ちアップで、本人もそのコントラストを強く意識しながら制作したのだそう。シングルA面曲では初のアップナンバーでもあるし、これまでの緩いナンバーで凝り固まってしまった世間のイメージに風穴を開けるには、ちょうどいい契機になったのではないでしょうか。俗に言う「新機軸」ってやつです。まぁもっとも、曲調自体にはさして新鮮味もないんですけどねw それなりに聴き込んだ今ですら、JAY'EDの「Can't Let Go」がちらついて仕方ないし。c/wには、兼ねてから報道されていたJoeとの夢のコラボバラード『"Be With You"』と、MC:SHUNを客演に迎えた穏やかなミドル『Again』を収録。特に前者は、表題曲を凌駕する珠玉の出来なので、必聴です。Joeの声、やっぱ好きやわ~(惚




Mirror Mirror feat. COMA-CHI  
◆紗羅マリー 『Mirror Mirror feat.COMA-CHI』
ファッションモデルとして活躍する紗羅マリーの、歌手デビュー後2枚目となるシングル。
コンプレックスに悩む女性へエールを送る晴れ晴れしいミドル・チューンで、思いのほか「歌える」彼女にまず驚かされました。割と抑揚も弁えてるし、聴いてて心地良いんですよね。Jeff Miyaharaという最良の後ろ楯もついてるようですし、ハウスシーンの対抗馬:加賀美セイラに負けないよう、これから頑張って頂きたいです。ただ今回客演しているCOMA-CHI、コレ空気にもほどがあるだろ・・・。はじめ聴いた時、あまりに存在感がなさすぎて、真剣にクレジットの誤植を疑ったくらいですからねw この扱いは、さすがにかわいそうだなぁ。c/wには、カエラチックな歌声を武器にしたポップ・ロック『Hot Tequila』と、臨場感がひしひし伝わる素朴なアコースティック・スロー『電話をするよ』を収録。




ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/796-69ff0284
    この記事へのトラックバック


    最近の記事