スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤ミリヤ 『HEAVEN』

2010年08月03日 21:10

HEAVEN(初回限定盤)(DVD付)  
加藤ミリヤのニューアルバム『HEAVEN』(10.07.28)をレビュー。
3枚のシングルを収録した、通算5枚目のオリジナル・アルバムです。

1. BYE BYE
2. Last Love
3. I miss you
4. X.O.X.O.
5. HEAVEN
6. Baby I See You feat.VERBAL(m-flo)

7. 空
8. WHY
9. FREE
10. Endless Love
11. Sweet Angel
12. Destiny
13. B.F.F.
14. Don’t wanna let go
15. Silent Ocean

16. 終わりなき哀しみ

「自由な表現が出来ている今の状況は、天国のように幸せだから―」。
アルバムタイトルに「HEAVEN」と冠した理由について、彼女はこのように述べています。
事実今作の焦点は、彼女の飽くなき好奇心の賜物ともいえるその「サウンド」。
過去に共演歴のあるm-floの☆Taku TakahashiやBACH LOGICから、DAISHI DANCEや田中直といった目新しい布陣まで、多方面から集められた魅力溢れるプロデューサー勢と切磋琢磨しながら、自らの鋭いセンスと対峙している彼女がすぐにでも目に浮かぶ、手広さ余るラインナップです。そんな彼女の音に対するある種の"執念"は、スピッツの「ロビンソン」を巧妙にサンプリングしたリード楽曲④『X.O.X.O.』で早くも実証済み。貪欲極まりない彼女の「今」が投影された雅なる音世界、いざ開かん!
主な収録曲を追っていくと、
後に清水翔太が同コンセプトのシングル(「GOODBYE」)をリリースした爽やかな「お別れソング」①『BYE BYE』、生音に拘ってきた昨今の音楽性の極みともいえる失恋バラード②『Last Love』、DAISHI DANCEによる目くるめくハウス・サウンドに切ない歌声が跨った③『I miss you』、「おとぎ話」をイメージしたという先述の秀逸サンプリング・チューン④『X.O.X.O.』、久々に本格派のHIP HOPトラックと交わった表題曲⑤『HEAVEN』、VERBALを壮麗なストリングス映えるスローに迎え入れるという「あえての離れ業」が見事功を奏した⑥『Baby I See You』、理性を失った少女を主人公に据えた激情ロック・ナンバー⑧『WHY』、イントロ部分の固いビートでRihannaの「Umbrella」が迷わず思い起こされた、⑧に続く盲目的な恋愛ソング⑨『FREE』、SAWAに提供しても絶妙にマッチしそうな印象を受けた、☆Taku Takahashiプロデュースの荘重な戯曲調Shit⑩『Endless Love』、「新婦の親友」からの視点で綴られたハートフルなウェディング・ソング⑪『Sweet Angel』、世の中に抱える不満がエッジーなサイバー・トラックとともに疾走する⑬『B.F.F.』、「ROSE」以来5年ぶりにBACH LOGICと手を組んだ今作における核要員⑭『Don't wanna let go』、「官能小説」をモチーフにしたタイトル通りの静閑バラード⑮『Silent Ocean』、そして彼女の直向きさ故の繊細さが痛いほど滲み出た深遠なるミドル・チューン⑯『終わりなき哀しみ』などなど、

音楽に対する自身の欲求を、起伏の激しい構成と、綿密に織り上げられたサウンド群によって、過不足なく随時的確に表顕した内容になっています。前作「Ring」にて悪い意味で際立っていた、「自己主張が強いだけのオ○ニーリリック」も、今作では飛躍的な進歩を見せており、より柔軟な発想を以て、多面的に物事を捉えられているように思いました。特に⑩や⑬、⑮の内容は、その大いなる象徴といえるでしょう。(但し、⑧⑨を筆頭とする一部の病的なまでの恋愛リリックには未だ慣れません、悪しからず。)そして冒頭でもお伝えした、サウンド面の清々しき抜かりなさ。そりゃこれだけの面々が一堂に会しているんですから、劣悪な産物になるはずがないんですけど、今回の磐石たる強化は、リスナーのみならず、彼女自身の感性にも一層の刺激をもたらしたことでしょうし、本当万々歳の結果ではないでしょうか。

一時はそのスイーツ(笑)一直線の活動ぶりに、「もう勘弁してくれ・・・」と何度も白旗を上げたものですが、今回こうして力強くスケール・アップしたものを提示してくれて、こちらとしては嬉しい限りです。しがらみをありのままに解く、新たな「加藤ミリヤ」誕生の瞬間に、あなたも立ち会ってみませんか。




◆1st ALBUM 『Rose』のレビューはこちら
◆2nd ALBUM 『Diamond Princess』のレビューはこちら
◆3rd ALBUM 『TOKYO STAR』のレビューはこちら
◆BEST ALBUM 『BEST DESTINY』のレビューはこちら

◆4th ALBUM 『Ring』のレビューはこちら

★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://www.miliyah.com/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/818-badd1b1c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。