スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-Key zone 『Advent of UKZ』

2010年08月14日 21:01

 

黒木メイサ/三浦大知/安室奈美恵など、大物アーティストを多数手掛けるR&Bプロデューサー:U-Key zoneの配信アルバム『Advent of UKZ』(10.08.11)をレビュー。自身名義の作品としては初となる、全5曲収録です。

1. DO YOU HAVE THE PRIDE? / HEAT_CZR
2. Superwoman feat.SWAY / 宏実
3. Human / HIROKI
4. REVENGE / 為岡そのみ
5. Possession / mochA


"音の魔術師"、U-Key zone。
彼の手にかかれば、どんな音色も生きているかのようにたちまち息づき出し、変幻自在に躍らせることだって、そう難くはありません。今回の配信ミニ・アルバムには、着実にステップ・アップを重ねるそんな彼の奇才ぶりが、それはもう申し分なく凝縮されています。潤沢なメロディー、前を見据えた奥行きあるサウンドアプローチ・・・全5曲というボリュームを決して見くびることなく、毅然とその門を叩いた者だけが味わえる、偉大なる境地。J-R&Bファンなら、そりゃあ足を踏み入れないわけにはいかないですよ、ね?


孤高の魔術師と対峙すべく集ったのは、魅力溢れる"5人の戦士たち”。
人間誰しもが抱える≪強さ≫と≪脆さ≫を大本のテーマに敷き、それぞれのスタンスで独自の世界観を炸裂させます。もっとも、彼らのアビリティーがムラなく輝きを放てるのも、彼<U-Key zone>の辣腕あってこそというのは言わずもがな。HEAT_CZRやHIROKIら「知る人ぞ知る実力派」のフックアップぶりにもひたすら頭が下がります。



1. DO YOU HAVE THE PRIDE? / HEAT_CZR
<そのくだらない意味ないプライドは捨てな>
トップバッターを飾るのは、独特の粘着ボーカリゼーションを誇る女性シンガー:HEAT_CZRによるミステリアスな佇まいのミドル・トラック。無駄に虚勢を張る人たちへ容赦なく叩き付ける、クールなメッセージ・ソングになっています。展開にメリハリを効かせた、言わばU-Key氏ならではの作風なので、まずはこの曲で、「冒険」への十分な肩慣らしをして頂きたいところ。


2. Superwoman feat.SWAY / 宏実
<君のために 今立ち上がる>
「Hate U」「YES」など、U-Key製楽曲を多数擁する宏実が挑むのは、サイケデリックなシンセ飛び交う勇ましきアッパーチューン。オートチューンを惜しげもなく被せ、至極近未来的なアプローチで一気に攻め上げます。「女は皆、誰でもスーパーウーマンになれる」という頼もしいリリックも聴きどころの1つ。「I like it」以来の共演となったMC:SWAYのラップもノリにノッていて、言わば万々歳の仕上がりに。


3. Human / HIROKI
< 守り、守られていたい>
本作唯一のスローナンバーを歌うのは、本作唯一の男性アーティストである、元Down 2 EarthのHIROKI。
ヒトの普遍性を、回想多き大人の視点から優しく諭すリリックがとにかく秀逸で、それを滑らかに、ときに険しく紡ぎ上げるHIROKIの歌唱も圧巻この上ありません。緩急の弁え方が本当に抜群で、惚れ惚れしますわ~彼。さらに切ないメロディーや重厚なコーラスも手伝って、「ああ、人間ってこんなにも尊かったんだ・・・」と思わず驚心動魄せざるを得ない衝撃の1曲。


4. REVENGE / 為岡そのみ
<あの頃の私はもういない あの頃のあなたももういない>
打って変わって、冒険の旅は再び”泣く子も黙るフューチャリスティック地帯"へ突入。復縁を迫る元カレを一蹴する挑発的なリリックが眩しい、U-Key氏屈指のサイバーR&Bチューンです。あちこちで言及しているのですが、並み居る佳曲の中でも、この楽曲が一番好きなんですよね。切迫感ある展開や、シンセを駆使したアレンジは勿論なんですが、そもそも「しっとりした曲のイメージが強い為岡そのみに、このようなガツガツした鋭利トラックを確信的に宛がう」というその意欲そのものが素晴らしいのなんのって。もう大満足でございます。極めつけは、大サビ冒頭の「煌め~くよな~~」というキレのあるフェイク。颯爽としたリリック・テーマと合致する、今楽曲最大のカタルシス発散箇所なので、心してお聴きください。


5. Possession / mochA
<独り占め出来ないくらいなら 壊してしまってもいいですか>
ラストは、狂気にも似た独占欲が渦巻くキラーチューンで妖しく幕締め。
mochA aka MOMO "mochA" N.の真骨頂とも言える、日本語と英語の絶妙なコンビネーションぶりと、U-Key氏の静かに鼓動するトラックからなる構成は、まさに「黒木メイサファン垂涎」といえるでしょう。ただ上記でも挙げた半ば禍々しいフレーズ群が、これほどまでに活き活きとした存在感を醸せているのはやはり、黒木メイサよりもうんと妖艶な声質を持つmochAが歌っているからこそなのかなぁと。個人的なお気に入りは、大サビ手前の「壊してしまってもいいですか(いいのぉ~)」←の部分。ここだけ何回も聴きたいくらい。


ひさびさに満点付けました。よかったら聴いてみてください。
★★★★★★★★★★
◆myspace⇒http://www.myspace.com/ukeyzone

U-Key


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 卑弥呼 | URL | -

    ラジオ内容面白かったです!!

    つことでADOFUKZは満点

  2. ケンイチ | URL | -

    >>卑弥呼さん
    あざます!!
    またやる際は是非!

    ここまですんなり満点をつけられたのは久しぶりです。
    爽快な作りに乾杯!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/827-12c1bc02
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。