FC2ブログ



浩督 『EPISODE-1』

2010年10月23日 20:44

  

注目の男性R&Bシンガー:浩督のアルバム『EPISODE-1』(10.10.15)をレビュー。
自身初のCD作品となる、全6曲収録のミニ・アルバムです。

01. Everything's Gonna Be Alright
02. You're my Angel
03. MY LOVE
04. SPunKy Boy,SEXY U... feat.AKIYO
05. ありがとう。

06. キミのそばにいるから

歌唱のみならず、作詞作曲やトラックメイキングも自ら手がける切れ者シンガーソングライター。
実際本作に収められている楽曲は、すべて彼自身がプロデュースを請け負っており、まずクレジットを流覧した時点で、音楽に対する彼の意気込みが手に取るように伝わってくるかと思います。
収録曲は、淡さが先行するR&Bネスをふんだんに敷き詰めた、アップからバラードまで手広いラインナップ。
昨今の流行である清涼感あるシンセ+軽快な4つ打ちビートのコンボでのっけから飛ばす①『Everything's Gonna Be Alright』、スムースなタッチのボーカルが夢心地へといざなうメロウ・チューン②『You're my Angel』、持ち前のファルセットをコーラスに据えた密やかミドル③『MY LOVE』、女性シンガー:AKIYOとのスパイシーなダンスホール・デュエット④『SPunKy Boy,SEXY U...』、J.Holidayの「Bed」を思わせる繊細なサイバー・チューン⑤『ありがとう。』、そして落ち着いた歌唱アプローチで旋律を手堅く織り上げるラブ・バラード⑥『キミのそばにいるから』などなど、

声の節回しやトラックのディテールに若干の粗は見られますが、Junearライクな野太いボーカルが好きな方には、なかなかフィットする内容かと思います。個人的には、彼のR&B然とした姿勢がしっかりと汲み取れただけに、全体的にもう少し弾けて頂きたかったですね。それは決して「もっとアップ・ナンバーが聴きたかった」という意味ではなくて、開拓出来る部分をまだまだ多く残しているような気がしたので、「もっと容赦なくやってもよかったんじゃない?」っていう具合で。節回しの粗の件を先述してはいますが、彼に備わったボーカル性自体や、一人で何もかもをやってのけてしまう器量には非常に惹かれるものがあるので、今後も精力的なスキル・アップを目指していってほしい限りです。「歌わされているアーティスト」が少なくない現行シーンにおいて、彼のような能動的な存在は、高貴以外の何物でもないのですよほんと。



★★★★★★★★☆☆
◆Official Blog⇒http://ameblo.jp/hiromasa-def-the-soul/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/879-83484634
    この記事へのトラックバック


    最近の記事