スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVEレポ 『福岡R&B祭 2010』

2010年11月15日 19:00

 

おととい、福岡はZepp Fukuokaで行われたR&Bフェス『福岡R&B祭 2010』に行って参りました!
2007年から年1で行われているこのLIVEイベント。参戦するのは今年が初(ちなみに福岡上陸も初)だったのですが、これが予想を遙かに上回る楽しさで最高でした!出演者が偏っているなどと、観覧前からブーイング気味だった自分のことがつくづく恥ずかしくなりましたね。

というわけで早速、追記にて出来る限り詳しいレポートを行っていきたい・・・と思うのですが、まずは今回の福岡遠征での一連の行動を、タイムテーブルに纏めてみたのでどうぞ。

12日(金)
22:00/福岡行きのバスに乗車。

寝心地が悪すぎて全くと言って良いほど眠れない(前日、よく眠れるように睡眠時間を短縮したにも関わらず)

13日(土)
7:00/福岡着も、時間を持て余して10時までマクド滞在。

10:00/福岡でもちゃっかりBOOKOFF。まぁ1枚しか買ってないけど。

12:00/ラーメン屋「一蘭」で昼食。


13:00/開場一時間前に会場到着。なんという心逸り。

15:00/開演。襲いかかる睡魔と格闘しながらもLIVEを堪能。

22:00/LIVE終了。そのまま天神に移動し晩飯。

14日(日)
0:30/天神のクラブで開催されたアフター・パーティーに参加。

6:20/博多駅まで戻ったところで、携帯を紛失したことに気付く。(結局クラブあがりで入った飯屋にあったというオチ)

7:00/再びマクドへ。飲酒+疲労のコンボで睡魔がピークに。

9:00/大阪行きのバスに乗車。座席に着くやいなや爆睡。そのまま17時まで死んでた。

18:00/大阪着。飯食って解散。


・・・何なんだこの強行スケジュールは。
せめて行きのバスでもう少しちゃんと眠れてさえいたら、もう少しまともなコンディションでLIVEを観覧出来たはずなのに・・・とまあ、悔やみ始めればきりがないのでこの辺で。自分で蒔いた種だしね。

では、気を取り直して参ります。追記にて祭の詳細レポでーす!!


◆福岡R&B祭 2010 LIVEレポート◆(時間は大体の登場時間です。)

DJ LICCA 14:00 
開演までの間、OP DJを担当したのはDJ LICCA。
開場が予定よりも30分遅れていたのを受け、当時超不機嫌だったんですけど、
何だかんだで会場に入ってしまうと、そういったものは一気に吹っ飛ぶものですよね。
彼女には、観客を煽る粋なJ-R&Bをたくさん流してほしかったんですが、そのほとんどがメイン・ストリームの洋楽ばかりでちょいと残念。で、いざ邦楽が流れたと思ったらキマグレンって何だよおい。


Licana 15:15 
1. ホントの気持ち
2. はばたくとき
3. ひとりじゃないから


開演後ほどなくしてOPアクトで登場したのは、レペゼン大阪のシンガー:Licana。
一番手とはいえ、あんなに大きな箱でのLIVEが実現したのは、今年幾度と彼女と接見してきた俺からしても本当に嬉しかったです。ほんまおめでとう!LIVEは、客席から「カワイイ」の声が漏れる中3曲を披露。序盤はやはり緊張していたのか、少々力みすぎている場面も見受けられましたが、歌唱のクオリティ自体は、先月から段違いにパワーアップしていてビックリ。特に『ひとりじゃないから』のフェイク捌きには圧倒されました。この調子で、どんどん羽ばたいちゃってください!


L&J 15:25
1. 不明(未発表曲?)
2. Girlfriend
3. 不明(未発表曲?)


続いて登場したのはL&J。
未発表らしき楽曲を含む3曲を披露しました。
この人のLIVEを観るのは今回が初。「キザなパフォーマンス」と小耳に挟んでいたのですが、思いのほか普通に展開して、それはそれでちょっぴり拍子抜けw


Des.Art 15:40
1. Shake It
2. Higher
3. Love Story


先だって行われたオーディションで準優勝を飾った、九州圏を拠点に活動している2人組:Des.Art。
そのパワフルな歌声で地元民からの支持も厚い彼女らですが、個人的にはもう少し歌声に繊細さが欲しかったかな。
確かに歌唱は据わっているし、LIVE慣れしているのかステージでの立ち振る舞いも相当なものなんだけど、どうもその威勢の良さだけが目についちゃって。もっと良好なコンディションなら、見方も変わったのかな・・・w


健太康太 15:55 
1. ダイアモンド・ブルース
2. あなたとだから


そのDes.Artを退け、オーディションで見事優勝のポストを奪取したのが、双子で構成されたユニット:健太康太。
バラード『あなたとだから』など2曲を、的確なハーモニーを交えて歌い上げていました。ただ如何せんこちらは、非常にピッチの精度が悪い。ある程度の緊張状態にあったのを考慮しても、あれだけ不安定なのは正直如何なものかと。あと、写真左の短髪の方が発言の際やたらと噛んでいて、観客の笑いを誘っていました。


HI-D 16:10
1. Guess Who's Back
2. CRAZY LOVE
3. 椅子取りゲーム
4. Vanilla
5. 嫌いなもの
6. YOU ARE NOT ALONE


OPアクトが出番を終え、祭はいよいよ本編の開幕へ。
一発目はいきなりこの方、HI-D兄さんでした。
この日は懐かしの『Guess Who's Back』を皮切りに、のっけから超エキサイティングな展開。「祭を始めようぜぇ!」の掛け声には、観客一同が大きく湧き立ちました。次ぐ『CRAZY LOVE』ではブレイクにて本格的にダンスをこなすなど、「踊れるベテラン歌手」としての威厳をも存分に発揮。エンターテイナーとして、終始冴えまくったステージでした。その後、「今日は新曲を持ってきました。日本版R.Kellyを目指した曲」と話し、セクシャル極まりない内容の『椅子取りゲーム』を披露。そこから続けざまに『Vanilla』『嫌いなもの』と名バラードを連発し、会場の空気は彼によって完全にロックされたのでした。「今年はアルバムを届けられなかったので、来年にはリリースしたい」と打ち明けた後は、「IT'S NOT OVER」収録のマイコーのカバー『YOU ARE NOT ALONE』を熱唱し〆。終始フェイクにも気を配ったお歌の数々、ご馳走様でした。


LEO 16:45
1. Flash Light
2. Dream of Love Part 2
3. Perfect Man wit' L&J,真之介
4. Melty Christmas


HI-D兄さん同様、SUGAR SHACK FAMILYの一員であるLEOが続いてパフォーム。
キャッチーな振り付け有りのアップ『Flash Light』に始まり、コンピ盤「URBAN NEXT-J-R&B-」収録の『Dream of Love Part2』など、持ち前のハスキーボイスで4曲を披露してくれました。『Perfect Man』は、共演者のL&Jと、サプライズ出演である真之介の3人で歌唱。果たして実際のメンバーである6人(LEO、L&J、真之介、MICHIYA、TSUYOSHI、JAY'ED)で聴ける日はやってくるのか・・・w ラストは『Flash Light』との同時リリースとなる『Melty Christmas』。披露前のMCで何度も「(ウィスパーで)ダウンロードしてくれると嬉しいですっ」と話していたのには笑いましたw 曲は、これまでのLEOとは一線を画すポップさを感じたミドル・ナンバー。ソロとして音源をリリースするのは今回が初なので、おめでたい限りです。


LUNA 17:10 
1. P.S~迷わず言わせて
2. 素直になれなくて
3. I Have A Dream feat. BES
4. I'll be there


Mr.マリックの娘:LUNAも祭に参戦。
彼女が登場して間もなく、あまりにふくよかなボディーラインに(色んな意味で)釘付けになってしまったのは内緒です。歌唱力に定評のある彼女ですが、その所以は体型にあったのか・・・なんて、勝手に一人で思いを巡らせてました、失敬。曲間のMCでは、「去年R&B祭に参加した際、胸からヌーブラが全力で出ていた」ことを大胆告白し、更に「普段しっとりしたトークをしないからやりにくい」などと、明け透けなキャラクターで笑いながら語っていました。ただあまり知名度が伴っていないのか、、観客の盛り上がりが終始あまりよろしくない印象を受けました。俺もあまり乗り切れなかった部分があるかな~好きな曲結構あるんですけど。


山口リサ 17.30 
1. 忘れたくて
2. ENERGY
3. ROYAL ROSE
4. MY LIFE~終わりのない夢~
5. 最後の恋


ロリサこと山口リサは、17時半ごろ登場。
LUNAの空気を引継いだため、オーディエンス・サイドのテンションはぼちぼちでしたが、個人的に『ENERGY』を披露してくれたことは本当にでかかった!予想通り、ステージ映えする曲で最高でした。中盤には「エビバディセイホー!」というお決まりの掛け合いをこなし、『ROYAL ROSE』『MY LIFE~終わりのない夢~』を華麗に歌唱。また、最新シングル『最後の恋』ではマイクスタンドを用いて歌うなど、終始手堅い構成でした。「来年も一緒にR&B祭盛り上げていきまっしょーう!」という宣誓にも似た力強い発言も飛び出したことだし、次のR&B祭では、より一層スケール・アップした彼女が拝めることでしょう。


isis 17:50
1. 不明
2. 不明
3. 不明(ソカ調のアップ)
4. 不明(バラード)


お次は、九州地区で人気を集めているポップ・ユニット:isis。
彼らの情報を事前にほとんど取り入れていなかったため、どの曲も全く知りませんでした、悪しからず。
セットリストは、自ら「自分たちはR&Bとは違う」と話していたとおり、比較的ポップス寄りのものが多かったように思います。「なら何でここに居るんだよ」という話ではあるんですけど、要は今LIVEの「地元推薦枠」なんですよね、おそらく。個人的にはこういう理不尽な展開でも、プライドや意地を少しの間忘れてしまいさえすれば案外楽しめるものだから、極力憤ることをしたくない考えなのですが、よりにもよって「R&B」というしっかりとしたスタンスを構えたイベントのステージ上で、「俺らがやってることはR&Bじゃない」なんて豪語しちゃう彼らをいちいちオーガナイズする必要性は、正直言って、ないに等しいかと。まぁMCも和気藹々としていたし、息抜き要員としては丁度良かったんじゃないですかね。


EMI MARIA 18:20 
1. Focus on Me
2. Mr.ALIEN
3. A Ballad of My Own
4. Show Me Your Love


そんなこんなで第一次眠気大戦に勝利すると、そこに待っていたのはEMI MARIA!
念願どおり『Focus on Me』で高らかに登場し、配信曲『Mr.ALIEN』など4曲を披露しました。ただ「エイリアン」をイメージしたという特殊な髪型がサザエさんさながらで、出オチもいいところでした。あれに吹かなかった人が羨ましい・・・w また、ファンと見られるお客さんの数も、他アーティストに比べて多いように感じました。『Mr.ALIEN』の振り付けをマスターしている人とかもいたし。『A Ballad of My Own』は、「せっかく広い会場で歌うから」という理由で選出したのだとか。事実声の通りが非常に神秘的で、沁み具合が半端なかったです。ちなみに彼女、歌唱後ほどなくして東京に帰還したらしいです。忙しそうだもんなぁ。


KG 18:45 
1. By your side
2. Soul(未発表曲)
3. また出逢えたなら wit' HanaH


今回期待を寄せていたアーティストの一人であるKG。
最新アルバム「Songs of Love」の中でも一際輝くR&Bチューン『By your side』で登場し、未発表曲『Soul』を含む3曲を歌唱しました。彼のLIVEを観るのは昨年のMAY'SのLIVE以来約1年8ヶ月ぶりだったのですが、やっぱ上手いですね~彼。さすが「10年前からソウルをやってる」と言っていただけのことはあります。特に「POPだな~デュエットとかやってる人だな~という印象が強いかもしれませんが、自分のルーツはソウルです。」と言い切った上で披露した『Soul』は至高そのものでした。かなりアウェーな濃厚さのため、受け自体は今ひとつだったようですが、「デュエットを通して自分の音楽をたくさんの人に聴いてもらえている今は、良い意味で濃い音楽を広めやすい環境にあると思う」と独自の意見を展開した彼故に、伝わるものも大きかったです。MCではそういったシリアスな側面も備えつつ、その歌いっぷりからは想像も出来ないほどお茶目でノリの良いキャラクターも炸裂させ、終始観客の笑いを誘っていました。そしてラストの『また出逢えたなら』では、KGお墨付きのデュエット相手:HanaHが登場し、圧巻のコラボレーションが実現。やはり彼女のLIVEには、出来るだけ早く足を運ぶ必要がありそうです。無駄のない素晴らしい歌声でした。



KGが歌い終えると、MC AMIら進行のもと、毎年恒例という企画<楽屋裏からなんかチョーダイ>がスタート。
その名の通り、楽屋にいるアーティストから私物を頂戴し、それを観客へプレゼントするという企画でした。
今回ターゲットになっていたのはHI-D兄さんと、次に登場するLL BROTHERSのお二人。
お調子者である兄ィ~ンが手錠をプレゼントとして差し出す(勿論ジョークですが)場面では、出演者一同からすかさず鋭いツッコミが入ってましたw


LL BROTHERS 19.30
1. Tonight
2. Big Butt,G-Cup
3. She's So Amazin'
4. That's My Life
5. I Luv It


その企画でワン・クッションを置いたからか、眠気はどんどん減退。
そこに、盛り上げ番長である彼らが登場したものだから、テンションの上昇が止まりませんでした。
しかも1曲目が『Tonight』とか粋すぎる!ほかにも『That's My Life』『Big Butt,G-Cup』など、J-R&B史に残る倉夫妻チューンを次々と繰り出すという神セット・リストで、スキルフルに踊りながら魅了する彼らのことがより一層好きになれました。また合間のMCでも、LL節は健在。「久留米ラーメンを食べたんですけど、めちゃめちゃ臭かった」という直球発言をはじめ、仲睦まじい兄弟ならではの軽妙な掛け合いをとことん楽しめました。熱狂的なファンが多いのは、歌のみならず、MCでも抜かりないひと時を提供してくれるからなのでしょう。


Full Of Harmony 20:00 
1. KABUKI道
2. SOUL LETTER
3. SWEET NOVEMBER
4. SUGAR SHACK wit' LL BROTHERS,HI-D,LEO,L&J,真之介


間髪入れずに登場したのはFOH!
LLほど完成されたものではありませんが、彼らもMCには定評がありますよね、独特の空気感でw
特に「LEOをメンバーに入れようよ」という突飛な発言と、立ち位置に違和感を覚え自分のもとにやって来たARATAに対し、「なんでこっち来るの!」と突っ込んだYUTAKAには笑わせてもらいましたw セット・リストの方は、ラストに可能な限りのメンバーが集結した『SUGAR SHACK』が挿されたため、FOHの3人で歌ったのは実質3曲。少々物足りなさが残りましたが、「古い曲を歌いたいと思います」と前置きし、アルバム「W」収録の『SOUL LETTER』をしんみり聴かせるというサプライズ的要素もあったので、まぁ良しとします!


twenty4-7 20:25 
1. HERO
2. Shake
3. I CRY
4. Get A Life
5. 愛の色

そんな大御所2組を差し置き、LIVEの佳境で登場したtwenty4-7。
2007年のメジャーデビュー以前から動向を追っているので、ホント出世したなぁ~と感慨深くなるばかりでした。
ただセット・リストがバラード曲ばかりだったので、彼女らのタフな魅力が今ひとつ発揮出来ていなかったような気がしなくもないですね。自分たちのことを知らない人もいるであろう箱だからこそ、「Back AGAIN」や「GOING MY WAY」といったもっと弾けた曲を、ガツンとお見舞いすべきだったと思うのですが。MCでは、先週リリースされたMAY'Sとの新曲もちゃっかりアピール。今回のLIVEで聴くことは出来ませんでしたが、「もしどこかでMAY'S不在で歌うときは、私舞子りんのパートやりたい」とい意気込んだMIKAの発言に対し、「じゃあ私ラップやる!」と天然全開で切り返したMEが妙に印象的で、微笑ましかったです。


MIHIRO~マイロ~ 21:00 
1. 君色日和
2. Happy Birthday To You
3. さよならの前に
4. Makes Me Right


FOHから一人抜け出たMIHIRO様は、午後21時過ぎに登場。
定番『君色日和』で魅了後、「よく読みを”みひろ”に間違われるんです」と告白し、「”みひろ”じゃないよ、”マイロ”だよっ」という宏実リスペクト(?)ともとれる気さくな発言まで飛び出していました。HI-D兄さんもそうだけど、彼って見かけによらず(失礼)凄くフランクな方ですよね。聴き手の心の掴み方もよく弁えておられるし。後半には、12月にリリースされる2ndアルバム「New Edition」の告知を展開し、発売に先駆け先行配信される新曲『さよならの前に』をいち早く披露。適度にポップさを帯びたミドルR&Bで、普段彼の音楽を聴かない方にも支持されそうな楽曲でした。そしてラストは、既に各所で歌われているアップ『Makes Me Right』。「MIHIROはスロー・ナンバーだけでは終わらない」と言わんばかりの、エネルギッシュなパフォーマンスでした。途中、おとなしかった睡魔が再度降臨し、2月のワンマンでの悪夢が見事に再来してしまったわけですが、「彼の歌があまりにも心地よくて、つい微睡んでしまった」という解釈でよろしくどうぞ。


JAMOSA 21:25 
1. ROSE~エールを贈るよ~
2. 手紙
3. DREAM
4. MISSIN' U
5. BOND~キズナ~ feat.若旦那
6. Everything wit' MIHIRO~マイロ~

開演から6時間半、素晴らしきR&Bフェスのトリを飾ったのはJAMOSAでした。
実力を備えているので何ら問題はないんですけど、彼女ってこの手のイベントでの優遇っぷりが結構目立ちますね~(avexによる漲るパワーのおかげかな)。LIVEは最新作「LUV~collabo BEST~」収録の『ROSE』でスタート。あまりに明快な曲調に、当初は首を傾げるばかりだったのですが、本来はleccaとのコラボレーション楽曲だと悟った瞬間、納得。あと個人的に、冬の名曲『MISSIN'U』をフルで歌唱してくれたことが嬉しくて仕方なかったです。フェス終了間際の寂しさも手伝って、感動も一入でした。そして公演の最後を締めくくったのが、MISIAの代表作カバー『Everything』。勿論、コラボ相手であるMIHIROも登場し、二人での歌唱となりました。直前のMCで、「日本のJ-R&Bの基礎を築いたのはMISIAさんだと思う。この人がいなかったら、日本にR&Bは普及していなかったかもしれないし、もしかしたらこのフェスもなかったかもしれない」などと、MISIAサイドへの感謝の意を込めた非常に立派な発言をされていて、J-R&Bフリークとしてはグッと来るものがありました。こちらこそ、現行のシーンを背負って立っているあなたがたアーティストへ、いくら感謝してもしきれない思いです。これからもどうぞ、第一線でひた走り続けてください。今後の活動、期待しております。


JAMOSAのLIVEが終了すると、MC AMIの誘導で、楽屋に待機していた出演者たちが舞台上にズラリと顔を揃えました。KGやEMI MARIAはスケジュール等の都合で帰京してしまったため不在でしたが、J-R&Bを広めようと切磋琢磨している面々が一堂に会した様は、やはり壮観そのものでございました。また、この日はtwenty4-7のMIKAの誕生日だということで、サプライズでバースデイ・ケーキが用意されていました。おめでとうございます!

そんなこんなで、約7時間にわたる長丁場のLIVEは終了。
J-R&B愛をステージと共有し続けた結果、足は棒と化し、精根もすっかり尽き果ててしまったのですが、せっかくR&Bを深めに福岡に来たんだし、とことん楽しまなきゃ損だ!というわけで、その夜クラブ「MUSK」で開催されたアフター・パーティーにも参加してきましたぜ!


クラブには祭に赴いた観客のほか、出演アーティストも大勢来店。
その結果、クラブでは一時アーティスト争奪戦繰り広げられ、フロアは半ばパニック状態でございました。とにかく人口密度が半端なかったっす!と、さも他人事のように語っている俺も、何人かのアーティストの方とちゃっかり接触w せっかくの機会だしね!

てなわけで、下にその際に撮った写真を何枚かアップしてみました。
まずはこの方!


東京遠征以来のご対面となる山口リサ氏です。
実は祭本編のEDで、出演者がこぞってタオルを観客へと放り投げる場面があったのですが、その際リサ氏が投げたタオルを、俺がキャッチしたんですよねw で、後々そのことを話したら、どうやら俺がいたのに気付いてくださっていたようで、あえてその方向目がけて投げてくださったんだとかw AZS!

お次はこの方。


祭では新曲を披露したLEO氏
かなりの酒が入っていたようで、終始ご機嫌でしたw

お次はThat's ピンぼけ・クオリティな


イケメンシンガー:真之介氏
「毎度です~」という関西弁での挨拶には、心底ホッとさせられましたw
「ペー之介」の異名をとる彼らしく、あちこちで写真を撮られていたようです。

お次はレペゼン九州のオーディション組。


Des.Artのお二人。
普段なかなかリンク出来ない方々なので、こうして身近に会えて光栄でした!

そしてレペゼン大阪、個人的に今回の功労賞を授けたいこの方!


Licanaちゃん!(なんか俺の写真写りきめぇ。)
初めて会って以来、もうなんか凄まじいスピードで羽ばたいていて目を見張るばかりです。俺も負けじと頑張らなきゃなぁ。あとLIVE本番は、やはり相当緊張していたようですね。でも大丈夫、俺らにはあなたの歌声、ちゃんと届きましたぜ!

このほかにも、諸事情により掲載を見送らせてもらった写真がいくつかあるのですが、

たとえばこんな方や、


こんな方とも、


写真を撮って頂きました。感激っす!



来年、記念すべき5周年の節目を迎える福岡R&B祭
今回初めて参戦して、J-R&Bの魅力がより鮮明な形で映し出されることが分かったので、出来れば来年も参戦したいと、この場を以て表明させてもらいます。日本にだって、R&Bは在る。少なくとも今回参戦を果たした方なら、誰もが心からそう思えるはずです。




ん?いつも俺と行動を共にしている”ヤツ”が登場していない、ですって??


そうですね、確かに仰るとおりです。


では最後に、「彼」の勇ましきシュール・スナップ(@会場近くの寂れた公園)で、今回のレポを締めさせて頂きたいと思います。駄文長文で読み辛かったとは思いますが、こうして最後まで目を通して下さり、本当にありがとうございました!
peace out!



ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. なつみ | URL | WICShWyY

    お疲れさまです!

    長旅お疲れさまです!!
    詳しいレポ
    ありがとうございます★
    読んでてめっちゃ
    楽しかったです!(≧∇≦)

    やっぱり行きたかったな~!

    特にKG-Kohくん
    観たかったです~(>_<)
    Soul聴きたかった!

    しかし。。。
    豪華でしたね~\(^ー^)/

  2. KADOO | URL | -

    ななななんですかーこの激アツなイベントは!!w

    西日本はこういうイベント充実してますよね。
    正直うらやましいっす…
    北海道にJ-R&B文化が根付く日は来るのかなー

    twenty4-7にはshow time!とかアッパーチューン歌ってほしいですよね!
    MAYUMIさんがいないんでさすがにGirl Partyは無理かもしれませんが…

  3. けろたん | URL | -

    こんばんわ~

    すごいメンバ~でうらやましい限りです~
    レポ楽しかったす~♪
    わたいはこの中ではHI-Dさん。LEOさん、F.O.Hとマイロさん
    LLBrthersが特に見たい~ぃぃぃ

  4. cozey | URL | XQHZ9Q/.

    一度は行ってみたいです。

    お久しぶりです、こんばんは。
    こういう1日中R&Bにドップリと浸れるイベントは一度は体感してみたいですね。私も
    行きたいなと思ったんですが、あいにく別のイベント(毎年楽しみにしている)に行っ
    ていたので。LL・FOHは私も観てみたかった・・・。
    あとはオーディションで選出された2組もどんな感じのテイストなのか、ちょっと気に
    なります。

  5. モンゴ | URL | -

    参戦&レポおつかれぃ☆

    いやー すばらしいレポでございました!!
    それにしてもそんなに眠気と戦っていたとは(笑)
    私、福岡出身の二人組?isis?あれダメやった。一気に引いたわ。。
    体の動き止まったしねw完全不参加状態。
    R&Bじゃないの歌っていいかって、ダメやろ~みたいなw

    そいや山口リサさんとかアフター来てたんや!全く知らず…(汗
    最後のカズマ氏の写真ウケたw

  6. mikadai | URL | -

    R&B祭行きたいって言ってたね!
    ほんまにお祭りやね!!

    LLの「Tonight」大好き!
    って全曲好きやわ~♪
    MIHIROのMC可愛いね!
    アフターパーティーも羨ましい~(^ー^)

    私はこの日、大知のワンマンでした!
    新曲聴いたけど「Stay with me」みたいな感じで良かったよ♪

    またDisneyのカバーアルバム出るみたいだし、
    12月はなんかリリースラッシュ!
    お疲れ様~(^o^)

  7. kazzma | URL | -

    こらー!
    ひとをオチに使うな!!笑

    ハードスケジュールおつでした♪

  8. ケンイチ | URL | -

    >>なつみさん
    読んで下さりありがとうございます!!
    KGの「Soul」、かなりイカした1曲でした!

    ハードスケジュールでしたが、色んなアーティストのLIVEが見られて感慨無量です!(´∀`)

  9. ケンイチ | URL | -

    >>KADOOさん
    仰るとおり激アツでした!

    北海道ってあまりこの手のイベントはないんですかね?
    結構そういう類の話は聞くんですけどねぇ。

    おーshow time!いいですね!
    というかこのブログで、まともにtwenty4-7の話題振ってくれた方はKADOOさんが初めてです、おそらくw
    Girls Partyは今年のワンマンではMAYUMI抜きで披露していたので、何ら問題なさそうです!

  10. ケンイチ | URL | -

    >>けろたんさん
    ありがとうございます!
    もう最高でしたw

    LL兄さん方は特に凄まじいパフォーマンスで圧巻でした。
    まぁ個人的にはもう少しシュガシャ以外のメンバーも見たかったんですけどねw

  11. ケンイチ | URL | -

    >>cozeyさん
    どうも!お久しぶりございますm(_ _)m
    長丁場なのはとても疲れたんですけど、その分たんとLIVEを見られたので良かったです。

    オーディション組は、どちらも九州ではそれなりの地位にいるというだけあって、
    なかなか見応えがあるLIVEでした!

  12. ケンイチ | URL | -

    >>姉さん
    ありがとー!w
    眠気はねぇ~もうちょっとバスで寝られてたらましだったんやろうけど、何回も会場で倒れ込みそうになりました。サーセンw

    isisは確かにねぇ。
    俺ら受け手がR&Bと感じない楽曲があっても、J-R&Bである以上それは致し方ないことなような気もする。そもそもR&B自体が今多様化してるしね、みんながみんなしてR&Bと声高に呼べない曲が多いのも事実。でも歌い手本人が端からR&Bじゃないなんて言い切っちゃったら、その時点でR&B目当てで来てた俺らの思いのやり場ってもんが失せちゃったような気がしちゃったんだよね。まぁ、もう終わったことだから全然いいんだけどw

    リサさん来てはったよ~かなり躍り狂ってたけどw

  13. ケンイチ | URL | -

    >>mikadaiさん

    はいー楽しかったです!
    llはまさか昔の曲を歌ってくれるとは思ってなかったので相当嬉しかったです!

    おっ、ワンマン行かれたんですね!
    お疲れさまです♪
    新曲って、「Lullaby」ですかね?
    「Stay with me」っぽいのなら期待出来そうです!

    そうそう、ディズニーのカバー盤出ますねぇ。
    もう12月は火の車確定ですわ。。。泣

  14. ケンイチ | URL | -

    >>カズマ
    えへっ☆

    カズマもお疲れな~。
    へとへとやったけど楽しかった!

  15. Takke | URL | I9hX1OkI

    どもども~!

    なんていうか、凄い楽しそう。
    札幌のクラブシーンはHHとHOUSEがメインだしなぁ...

    てか、レポの中のKGの「POPだな~デュエットとかやってる人だな~という印象が強いかもしれませんが、自分のルーツはソウルです。」いうフレーズが痺れました。

    自分の中でもKGは昔から好きだったけど、最近はPOPなデュエットばかりだったから心配してたんす。

    それが聞けただけでもちょー嬉しいww

    ケンイチさんありがとうございます^^

  16. ぶる~ | URL | -

    お疲れ様でした!! このイベントやっぱ楽しいよね~。
    2008年には自分も参戦してましたが、山口リサ嬢はその時が初福岡で・・2年で出世しましたね!
    生「ENERGY」聴きたかったです。
    あとHanaHさんのゲスト参加とか・・ソロで出てもいいのにね。モッタイナイ。

    実は13-14日は大阪の音楽イベント「MINAMI WHEEL 2010」に参戦してました。(HanaHさんは12日に出演してたので観れず・・)
    またMixi日記ででもレポします。

  17. ケンイチ | URL | -

    >>Takkeさん
    札幌はあまりR&Bのイベントない感じなんですかね。
    確かによく聞くのはHIP HOPばっかりだなぁ・・。

    KGのMCには、Takkeさんと似た感情を抱いていたこともあって、俺も危うく泣かされるところでしたw
    こうやって本人から本音が聞けて、凄く嬉しかったです。

  18. ケンイチ | URL | -

    >>ぶる~さん
    楽しかったです!!
    ロリサはかなり堂々としたステージで感動しました。
    まぁ盛り上げぶりはぼちぼちでしたがw

    「MINAMI WHEEL 2010」って確か昨年も赴いてましたよね?
    さすがの行動力!w
    レポ待ってます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/904-62a3da43
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。