スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMI MARIA 『cross over』

2010年11月23日 20:30

   

EMI MARIAのニューアルバム『cross over』(10.11.17)をレビュー。
先駆けて配信リリースされたシングル曲を収録した、全7曲のコンセプト・ミニ・アルバムです。

1. Nobody Like You
2. Mr.ALIEN
3. Mirror

4. cross over -Interlude-
5. Keep Going ~cross.o.version~
6. Missin' ~cross.o.version~
7. The Greatest Love Of All


スタジオの椅子にて膝を抱え、何やら重要そうな用紙に目を向ける彼女。
自身初となるコンセプト・アルバムのジャケット写真として、こうした見るからにインフォーマルなショットを選んだのはおそらく、プロデューサー:EMI MARIAとしてのリアルな佇まいを、出来る限り如実な形でリスナーへと伝えたかったから他ならないのでしょう。メジャー・デビューを果たして1年。時間を経るごとに円熟さを増していく彼女のボーカル性にとことん迫れる今回のミニ・アルバムには、自身がプロデュースを請け負った渾身の新曲群に加え、バンド・サウンドを巧みに広げたセルフ・カバーも収録し、それまでのイメージとはかけ離れたアコースティックフルな概念をも優美に体現。まさに彼女の擁する対極の世界観が綿密な融合を以て収められた、会心たる一作といえます。


1. Nobody Like You
OPに差し向けたのは、幻想的な音色が失恋の痛みを綴ったリリックを仄かに照らすミディアム・ナンバー。
作詞作曲のみならず、アレンジやプロデュースなどの大がかりな作業も彼女自身が担ったのは本作中この楽曲のみなので、”今、彼女がやりたいこと”を推し量るには持ってこい楽曲かと。飾り気のないメロディーも好みです。


2. Mr.ALIEN
PVでのユニークな振り付けも話題を呼んだ、9月の配信シングル。
”宇宙人の男性に惹かれてしまう”という奇抜なテーマだけあって、リリックには「NASAにもマークされそうなくらいDanger」「逆らえない重力に押し潰されそう」などといった愉快なライン満載。ほかにも近未来さに長けたトラックなど評価したい要素はたくさんあるのですが、個人的に最も痺れたのが、EMI嬢の真骨頂ともいえる低音Verse。楽曲の雰囲気も相まって、すこぶるクールな聴き心地になっています。天晴!


3. Mirror
苦境から抜け出そうとする勇ましい精神を落とし込んだ、鈍重なミディアム・トラック。
叫びにも似た高音が登場する悠然としたBメロと、そこから雪崩れ込む小気味よいHookとのコントラストが目を見張るほど素晴らしい1曲です。リリックのテーマ然り、シリアスな楽曲が大半を占めていたインディー時代を強く思い起こさせてくれます。

4. cross over -Interlude-
”もう一つのEMI次元”への橋渡しの役割を果たす3分弱のインタールード。
荒削りなギターやスクラッチなど、ありとあらゆる音色を閉じ込めた文字どおりの”クロス・オーバー”要員です。

5. Keep Going ~cross.o.version~
処女作「Between the Music」収録の佳曲を、この度アコギ主導の生音アレンジを以て”再生”。
良い意味で淀んだ原曲のイメージに、アコースティック・サウンド特有の泥臭さを見事に合致させ、「アーバンなのにどこか野暮」というブラック・ミュージック最大の美点を絶妙な角度から表現することに成功しています。正直こっちのバージョンの方が好きですね、俺は。

6. Missin' ~cross.o.version~
同じく「Between the Music」に収められている、かの初期の名曲「いえないことば」と双璧をなす切ないスロー・ナンバー。バンド・サウンドに生まれかわったことにより一段と臨場感を増したベース・ラインと、それらをしなやかに、そして慎ましく織り上げるEMI嬢の歌声に恍惚を覚えること必至です。いつ聴いても良い曲だ。

7. The Greatest Love Of All
ラストはWhiteney Houstonの歌唱でも知られるGeorge Bensonのカバー作でしっとり幕引き。
序盤を彩る素朴なアコギ、途中から絡むストリングス、そして終盤の愛らしいピアノと、各音色を場面ごとに上手く使い分けた結果、EMI嬢のエモーショナルな歌唱を盛り立てるに相応しい、シンプルながら抑揚ある名アレンジが成立しました。絶品です。



◆INDIES MINI ALBUM 『Between The Music』のレビューはこちら
◆INDIES FULL ALBUM 『A Ballad Of My Own』のレビューは
こちら
◆MAJOR 1st ALBUM 『CONTRAST』のレビューは
こちら

★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.emimaria.com/

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. U | URL | Lef/o.V2

    毎回のピックアップありがとうございます。
    いつも拝見させて貰ってます。
    これからも宜しくお願いします。

  2. ケンイチ | URL | -

    >>Uさん
    はじめまして!
    コメントありがとうございます。

    ブログの方を拝見させて頂いたのですが、A&Rの方なのですね。
    わざわざ挨拶してくださり、恐縮です。
    こんなブログでよければ、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/914-4d5a09e1
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。