FC2ブログ



Vlidge 『Unlimited』

2010年11月27日 20:04



Vlidgeのアルバム『Unlimited』(10.11.03)をレビュー。
全12曲収録の、通算6枚目となるフル・アルバムです。

1. SEIZE THE DAYZ
2. TRUST~Happy Ending~
3. JUMP!
4. 太陽in my world
5. ブラックコーヒー
6. Your dog
7. Judgement
8. Pharmacy
9. グッバイマイラブ♪

10. トワイライト
11. Interlude
12. ひとりじゃない

デビュー10周年を迎えてもなお、力強く音楽道をひた走るVlidge。
R&Bというジャンルに執着していないのは今や周知の事実ですが、自分たちの信じたサウンド、そして自分たちの掲げるメッセージを頼りに日々自由度の高い活動を続けている点には、ひたすら頭が下がるばかりです。何を以て”素晴らしい音楽”とするのか、それは聴き手が各々の尺度で、好きなように計り取れば済む話です。ただそこからもし、アーティストの志した本意や気概がおのずと浮かび上がったのなら、私たちリスナーは質の善し悪しに関わらず、実直な構えで汲み取ってあげる必要があるのではないでしょうか。少なくとも、彼らがそういった確たるポリシーの持ち主であることは、本作を聴けば明白。事実根強いファンとともに、このご時世ここまで駆け上がってきたのですから、大したものです。
主な収録曲を追っていくと、
彼らならではの優しい作風が心地よいチア・アップ・チューン①『SEIZE THE DAYZ』、ハイトーンなボーカルで未来を熱く切り開くアップ②『TRUST~Happy Ending~』、デジタル色を強めた爽快さ突き抜けるポップ③『JUMP!』、恋人を飲料に比喩するというユニークな発想が活きたカフェ向けアレンジで送るミディアム⑤『ブラックコーヒー』、フロア特有のバウンシーなグルーヴを漂わせるシンセ主軸の⑥『Your Dog』、ボーカル加工を全開にし他曲とは一線を画したハイライト⑦『Judgement』、スムースなコーラス積みと中毒性高いスペーシー・サウンドが融合したR&B⑧『Pharmacy』、メロディアスな旋律が時の無常さをしなやかに紡ぐ彼らの真骨頂⑨『グッドマイラブ♪』、そして弟分:D-51に提供した楽曲をナイーブな節回しで聴かせるセルフ・カバー⑫『ひとりじゃない』などなど。

冒頭でも話したように、昨今の彼らはジャンルを断定出来ないほど実に多様な立ち回り方のため、R&Bの見地ではさほど期待していなかったのですが、コンテンポラリーなクラブ・アプローチを展開した3曲⑥⑦⑧が予想以上に傑出した出来だったことをはじめ、10年選手としての抱負に成り代わる真摯で説得力のある楽曲も多数収められており、今後の彼らの動向がより一層楽しみになりました。

ブレイク期はとうに過ぎ去り、リスナーやファンと身近に交流出来る今だからこそ達成出来た、”ゆとりあるグッド・ミュージック”。これからもその絶妙たる塩梅を忘れることなく、活動に励んで頂きたいと願う限りです。



★★★★★★★★☆☆
◆Official⇒http://www.vlidge.net/

◆ALBUM 『Everybody Needs Love』のレビューはこちら
◆MINI ALBUM 『KICK☆STAR』のレビューは
こちら
◆BEST ALBUM 『THE ENSAMBLE ~Vlidge The 10th Anniversary Unpluged Best~』のレビューはこちら

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. Takke | URL | -

    つまり、今作も良いって事ですか?

    俺は『BIG LEAVES』が一番でした。
    ってか1stからBIG LEAVESまでは当時チェックしたけど、それ以降をそこまでチェックしてなかったから再度要チェックっすかね(^^)

  2. ケンイチ | URL | -

    >>Takkeさん
    おっ、良いところ突かれますねぇw
    個人的にはなかなか聴きごたえのある1枚でした。
    やはりポップスに振り切ったものが多いんですけど、彼らのエネルギーみたいなものが活かされた曲が多くて、憎めないです。

    「BIG LEAVES」はある意味彼らの節目ともいえる作品ですよねぇ。
    そこからしばらくアルバムのリリースが滞っちゃうし。。
    今回はその頃の何倍もポップ寄りな作風ですが、二人の歌声がお好きなら、チェックして損はないかと(´∀`)

  3. msk | URL | -

    はじめまして!

    Vlidge大好きで、とはいってもインディーズあたりからなので
    後発なのですが、それ以降のLIVEは全て参戦しています

    やはり盛り上がる曲だったり名曲だなと思えるのって過去の曲
    なんですよねぇ
    なのでHIP POPS以降の楽曲はもう何かを割り切らないと聞けない。。。
    バキバキに踊れて歌えるのが彼らの武器だと思うんですが、
    新譜からはまったく想像できずorz

    なんか愚痴っちゃってすみません(><)

  4. ケンイチ | URL | -

    >>mskさん
    はじめまして、コメントありがとうございます!

    お~Vlidgeファンの方ですか!
    愚痴も全然大丈夫ですよ(´∀`)

    割り切らないと聞けないの節、確かに同意です。
    やはり昔が輝かしすぎたので、どうしても見劣りしてしまいますしね。
    ただ活力だけは今も変わらずあるんですよね~彼ら。
    最近ではすっかりポップス傾倒ですが、相変わらずボーカルを駆使した楽曲が多くて、何だかんだで興奮してしまいます笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/923-22a6d2f3
この記事へのトラックバック


最近の記事