FC2ブログ



AI 『THE LAST A.I.』

2010年12月08日 19:00

 
AIのニューアルバム『THE LAST A.I.』(10.12.01)をレビュー。
今年リリースされたシングルを含む、通算8枚目のオリジナル・アルバムです。

1. FAKE feat. 安室奈美恵
2. Let it go feat. Snoop Dogg
3. STRONGER feat. 加藤ミリヤ

4. Still feat. AK-69
5. For my Sister feat. Judith Hill
6. Incomplete feat. Boyz II Men
7. One More Try feat. Chaka Khan

8. Family
9. 眠れない街
10. Wavin' Flag / K'NAAN with AI
11. Through The Fire / AI with Chaka Khan

11月29日、『伝説NIGHT』。
メジャー・デビュー10周年を記念した今LIVEには、これまでに彼女がコラボレーションを行ってきた数多くの豪華アーティストが参加し、それはそれは大きな盛り上がりを見せたようです。彼女がこれほどまでに慕われ、そして愛される理由。それは、「THE LAST A.I.」と意味ありげに銘打たれた本作を以て、驚くほど色鮮やかに解き明かされることとなります。彼女と他者を結ぶ高い親和性と、”人間、決して一人ではない”と伝える前向きな作風を通して浮き彫りになる、AIというアーティストの輝かしい存在価値。ありのままを持ち味とする彼女ならでは本領は、想像を遙かに上回る説得力の在り処でした。
収録曲は「伝説NIGHT」同様、主にコラボレーション・ナンバーで構成。
安室奈美恵との久々のコラボレーションで話題となったフリーキーなアップ・ソング①『FAKE』、サイケデリックなシンセ渦巻くSnoop Dogg参加の贅沢ダンサー②『Let it go』、加藤ミリヤとの前のめりな掛け合いに惚れ惚れするT.Kuraプロデュースの先行シングル③『STRONGER』、鋭利極まりないAK-69のフロウが降り注ぐシリアス・チューン④『Still』、Michael Jacksonの「This Is It」ツアーのバック・ボーカルに抜擢された経緯を持つUSの女性シンガー:Judith Hillとのアーバン・ゴスペル⑤『For my Sister』、偉大なるBoyz Ⅱ Menにも引けを取らない卓絶した歌唱力を響かせるJeff Miyahara関与の壮大スロー⑥『Incomplete』、生ける伝説:Chaka Khanのボーカルに終始圧倒されっぱなしのエモーショナルなブルース⑦『One More Try』、彼女の等身大の優しさが飽和するメロディアス・スロー⑨『眠れない街』、今年のFIFAワールド杯を大いに盛り上げた、アフリカ出身の歌手:K'NAANとのピースフルな明朗ナンバー⑩『Wayin' Flag』、そしてChaka Kahn本人と共に、彼女の代表曲を精巧にデュエット・カバーした初回盤限定トラック⑪『Through The Fire』などなど、錚々たる布陣の存在感に怯むことなく、寧ろ双方の融合=化学反応を楽しむほど余裕に満ちた彼女が目に浮かんだ、10年間の集大成と呼ぶに相応しいバラエティに富んだ内容に仕上がっています。強いて何癖を付けるとするなら、収録曲数が10曲(そのうち正式な新録曲は3曲)とやけに低ボリュームに落ち着いている点ぐらい。まあ然りとてその問題も、これだけ一級品の面子を呼び寄せ、尚かつそれが見かけ倒しに終わらず、高質なクオリティを抜かりなく誘引していることを考慮しさえすれば、至ってあっけなく解消出来てしまうわけなんですが。サウンド群も器用なものばかりで、聴き応えありますし。ちなみに個人的に激しく推奨したい楽曲は、Chaka Khanとの超越的なボーカル合戦にギャフンと堪えざるを得ない⑦。AIの健闘は勿論のこと、現在57歳にして、神懸かり的な節回しを容赦なく操るChakaの崇高さには、ほとほと興奮を覚えること間違いなしです。

来年には世界で初めて行われる、故・Michael JacksonのトリビュートLIVEをホストとして取り仕切ることが決定しており、ますます飛躍的な活動が見込めそうなAI。日本が誇る無類の歌声がワールド・ワイドに羽ばたいていくその瞬間に備えて、海外からも大物ミュージシャンが多数参加した本作を聴き、我々リスナーも十分に意気を高めておく必要があるのだと思います。VIVA、AI!あなたの旅は、まだ始まったばかりです。



★★★★★★★★★☆
◆Official⇒http://www.universal-music.co.jp/ai/

◆2th ALBUM 『ORIGINAL A.I.』のレビューはこちら
◆7th ALBUM 『VIVA A.I.』のレビューは
こちら
◆BEST ALBUM 『BEST A.I.』のレビューはこちら


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. Ichhy | URL | -

    今回は間違いなく彼女の声にやられました。
    特にチャカ・カーンとのThrough The Fireには圧倒。そして90'sなBoyz II Menは個人的に今年No.1 Songです。海外勢と日本人のコラボって浮く感じがして嫌だったけど彼女の場合は別格。ここまでとはびっくりです。ALBUM全体もぶれないし。このバランスが好きです!!安室ファンの僕としては安室奈美恵 Feat. AIでもまたやってほしいですけどね。

  2. ケンイチ | URL | -

    >>Icchyさん
    Chaka Khanとの曲、2曲ともほんとやばいですよね。

    そう、別格です。BⅡMとの曲然り、彼女にはどんなアーティストとも張り合える抜群の器量が備わってるんだと、本作を聴いて熟々思い知らされました。

    安室ちゃんとやるなら、是非T.Kuraさんプロデュースでお願いしたいです。
    両者とも、倉氏との相性抜群ですから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/932-6a439a32
この記事へのトラックバック


最近の記事