FC2ブログ



Jine 『Winter Anthem』:シングルレビュー特別篇

2010年12月13日 19:00

 

≪Jineからファンへ。幸せ運ぶクリスマス・ギフト≫

 10月にリリースした『Let Me』を以て、楽曲発表は一旦区切りがついたように思えたJine。
そんな彼らから昨日、まさかの新曲『Winter Anthem』が到着。それも、今年自らの復帰を心から喜び、半年を跨いだ連続リリースを常に応援してくれたファンのために、公式サイトにて無料で配布するという驚異の太っ腹っぷり。無料ですよ、無料。こんなサービス精神が現行のシーンにまだ残っていたとは。これもNao'ymtをはじめとするメンバーの、ただひたすらに良い音楽を普及させたいとする志がもたらした賜物なのでしょう。また、外部での宣伝を一切行わなず半ば不意打ちで発表したあたりからも、彼ららしい謙虚さと直向きさがひしひしと伝わってきて、思わず顔が綻びました。だから皆さん、ここは有り難く受け取ろうじゃありませんか。音楽、そしてR&Bを愛してやまない3人のサンタからの、とびきり愛がこもった”クリスマス・プレゼント”を・・・。
(超余談ですが、この時期になると蔓延る、「~からのクリスマス・プレゼント!」とかいう上から目線丸出しの謳い文句が気に食いません。だって、金銭注ぎ込んで消費するのって結局はリスナーでしょ。)
 まず曲調ですが、ハッピーです。「これほんとに彼らの曲?」と一瞬疑ってしまいそうになるほどハッピーです。
ただ一度しっかり聴いてしまいさえすれば、その時点で違和感は綺麗さっぱり失くなるかと思います。何故なら、それだけこの曲には申し分ない説得力が備わっているから。要は曲調こそ明るめだけど、サウンドのディテールや譜割りに少しでも耳を傾けると、そこにはJine(Nao'ymt)を司る”いつものオリジナリティ”が、驚くほど判然と息づいているのが分かるってことなんですよね。今年の連続リリースでは深遠極まりない楽曲を多数発表し、ある程度そういったイメージが根付いてきたにも関わらず、いざここに来てそれらとは毛色の違う、良い意味で「万人受けしそうな」楽曲を出しても結果的にしっくり来てしまうのはやはり、無類のセンスを帯びたJineだからこそでしょうね。

 次に、毎度フォーカスしているボーカルのパート割りについて。
今回はVerse1:Eiji、Pre-Hook2:Jun、Hook:Jun & Nao'ymt、Verse2:Nao'ymt、Pre-Hook2:Junという流れで、Hookでのキャッチーなタイトル・コールを中心とした全体のコーラスは、Nao'ymtが担当しています。今回注目したいのは、何と言ってもそのNao'ymt担うVerse2。彼の持ち味の一つとして数えられるハスキーなボーカルが変幻自在に旋律を行き交い、それはもう身震い必至なのです。こうした起伏の激しいメロディー・ラインは、彼の妖艶な声質を絶妙な塩梅で際立たせるのにも持ってこいなんですよね。なのでこのパートだけ、どうもアブノーマルなスウィートさを放っているというか、一筋縄では妙味を汲み取れない、言わば<Jine然とした>印象が突出してあります。

 そしてリリック。今回はJineらしからぬハート・ウォーミングなナンバーということで、言葉選びや比喩にも、幾分の親しみやすさが前提として置かれているのがお分かり頂けるかと思います。たとえばこの「不満といえばやり残した宿題」という節。その直後でも歌われている「童心に返って穏やかに冬を過ごそう」という今作における根本のテーマを、誰しもの感性に許容されやすいようすこぶるスマートに表現したフレーズだなと、初めて聴いたとき思わず感心してしまいました。あとは「かなしいことばに雪は降り積もり」と始まるPre-Hook2。何だかんだでネガティブな言葉をはめ込んでいるのが何とも微笑ましいところなのですが、重要なのはそこではなく、パートのラストを「きれいな花が咲く」とちゃんと前向きに諭す一節で結んでいる点。まるで師走特有の世間の混沌を鎮めようとしているかのような、そういった彼らなりの優しい側面が存分に活きた箇所のように感じました。ほかにもいつもの気難しさを極力排除した寛容なラインが満載なので、よろしければこちらにて詳細をチェックしてみてください。

 「自分たちが今、どうあるべきなのか。」
いちアーティストとしてのモットーや信条を、Jineは非常に慎み深く弁えています。そんな彼らの生き様が、淀みなく如実に投影されたといっても過言ではない今回の贈り物。我々リスナーもそのお返しとばかりに、彼らのより一層の繁栄を切に願い、忠誠の心を持って彼らと向き合っていくべきではないでしょうか。来年にはリリースされるであろうアルバムもますます期待値が上がってきたことだし、ひとまずはこのウィンター・アンセムを聴いて、寒い冬を幸せな気持ちで越そうと思っている次第です。クリスマス、一人のあなたも、二人のあなたも、是非。

◆Official⇒http://www.jine.asia/

◆過去作のレビューへは以下の画像からどうぞ◆ 
      

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. けろたん | URL | HfMzn2gY

    わぁぃ

    教えてくれてありがとうです~
    早速、ダウンロードしちゃいました~
    まさしく、クリスマスプレゼントですよね。
    とっても、おしゃれです~♪
    これから、聴きほれますね♪

  2. ケンイチ | URL | -

    >>けろたんさん
    いえいえとんでもないです!

    そうそう、今回かなりお洒落なテイストなんですよね~。
    今年の冬は、まさにこの曲で決まりかと♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/938-d2daa072
この記事へのトラックバック


最近の記事