FC2ブログ



リア・ディゾン 『Destiny Line』

2008年01月01日 15:55

*前ブログからの移転記事です。


Destiny Line [通常盤]

グラビアのみならず、タレント、そして歌手とマルチな活動をこなし、今まさに乗りに乗っているリア・ディゾンの1stアルバム『Destiny Line』(9月12日発売)。TOP10ヒットを記録した3枚の先行シングルを含む、全14曲を収録しています。


01.IMPOSSIBLE

02.Everything Anything

03.Missing

04.恋しよう

05.運命線

06.Could you be that one?

07.Are you feelin' for me?

08.Softly

09.Time (Clock Of The Heart)

10.アイシテル~Love Story

11.Wonderlin'

12.L・O・V・E U

13.Drive me crazy

14.Again and Again


通常盤 Bonus Track
15.恋しよう♪ (yasutaka nakata-capsule mix)

主な収録曲を追っていくと、
「付き合っている男性に愛想をつかす」というOPから大胆な内容で飛ばす①『IMPOSSIBLE』、浜崎あゆみやV6に楽曲提供を行うCMJKによる空虚なトラックが別れの切なさを掻き立てる③『Missing』、PVでのリアのウィンクに悩殺された正統派胸キュンアイドルポップ④『恋しよう♪』、爽やかなサウンドに十分な透明感を含んだ歌唱が絡む儚いアルバムタイトル・チューン(アルバムタイトルは今楽曲のタイトルを英訳したもの)⑤『運命線』、コーラスの据え方が美しい起伏の激しいR&B/POP⑦『Are you feelin' for me?』、洗練されたトラックと垢抜けない歌唱とのコントラストが良くも悪くも印象的な記念すべきデビュー曲⑧『Softly』、「カーマは気まぐれ」などでお馴染みのCulture Clubのヒット曲のカヴァー⑨『Time(Clock Of The Heart)』、エッセ・メロウことSTYが手がけたリズミックなR&B⑩『アイシテル~Love Story~』、④同様名ポップメイカー・平田祥一郎とリアとの相性の良さをあらためて実感したライトな2STEPチューン⑫『L・O・V・E U』、実弟であるブラッドと初の作曲に挑んだ流麗バラード⑭『Again and Again』、そして最近株急上昇中の中田ヤスタカによる重低音にウェートを置いた④のド派手Mix⑮『恋しよう♪(yasutaka nakata-capsule mix)』などなど、

歌 に対してドッシリと構えたスタンスと、向上心を備えたバラエティ精神のもとで制作されたであろう抜かりのない1枚になっています。シングル曲を聴いてきた 方なら分かるかと思いますが、”そこらのグラビアアイドル歌もの”と同等だろうと侮って聴くと、おそらく度肝を抜かれる事でしょうw 1曲1曲のクオリ ティは、SUPALOVE所属の作家陣が中心になって丁寧に作り上げているので安定してるし、何よりも前述のとおりバラエティ豊か!リア自身の歌唱にはま だ若干の覚束なさを覚えるものの、それでも独特の色気を放っている点や、外国発アイドルという点を考慮すれば十分及第点だと思います。この調子で更にブレ イクして忙しくなっても、歌手業だけは辞めないで続けてほしいと切に願うばかりです。


★★★★★★★★★☆




関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://groovinrb.blog32.fc2.com/tb.php/96-25c00a2f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事