スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【年末恒例】『JBS Music Awards 2014』全31部門 最優秀作品/人物発表

2014年12月30日 21:36



先日ノミネーションを公開した『JBS Music Awards 2014』。今日はいよいよ各部門の最優秀作品/人物を発表させて頂きたいと思います。例年どおり、JBSが培ってきた感性と切り口をフル稼働させて、慎重かつ厳正に選出させて頂きました。今年を総括するための材料として、ぜひご活用ください。それでは、早速参ります。レコ大をも上回る(?)アツいラインナップを、どうぞ!!

◆JBS Music Awards 2014◆
*対象:2012年12月から2013年11月までにリリースされた作品および同期間に功労を遂げた人物
*各部門につき5項目のノミネート
*複数の部門に同じ作品がノミネートしている場合有り 
(例:R&B・オブ・ザ・イヤーとポップ・オブ・ザ・イヤーに同じ作品がランクイン)

 
◆アーティスト・オブ・ザ・イヤー◆

<アルバム>
◆R&B・オブ・ザ・イヤー◆
◆ポップ・オブ・ザ・イヤー◆
◆クリエイティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラエティ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ヴィンテージ・オブ・ザ・イヤー◆
◆プロジェクト・オブ・ザ・イヤー◆


<楽曲>
◆エモーショナル・オブ・ザ・イヤー◆
◆キャッチー・オブ・ザ・イヤー◆
◆グルーヴ・オブ・ザ・イヤー◆
◆センシュアル・オブ・ザ・イヤー◆
◆センチメンタル・オブ・ザ・イヤー◆
◆ダンス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ドラマティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハートウォーミング・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハッピー・オブ・ザ・イヤー◆
◆プリミティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロウ・オブ・ザ・イヤー◆
◆シリアス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ユニーク・オブ・ザ・イヤー◆
◆アイドル・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ディスコティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆リメイク/カバー・オブ・ザ・イヤー◆


<人物・映像>
◆プロデューサー・オブ・ザ・イヤー◆
◆リリシスト・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロディメイカー・オブ・ザ・イヤー◆
◆アレンジャー・オブ・ザ・イヤー◆
◆コラボレーション・オブ・ザ・イヤー◆
◆ビデオ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ニューカマー・オブ・ザ・イヤー◆
[ 続きを読む ]

「ニューカマー&ネクストブレイカー 50組以上徹底プレゼンSP 2014」完全版

2014年12月23日 22:08



12月22日にUstreamで放送した「JBS Radio 特別篇 ニューカマー&ネクストブレイカー 徹底プレゼンSP」。2014年にデビューしたり、何かしらの飛躍を遂げたアーティストをJBSが独自に紹介させて頂きました。今回は、テキストを整えた同企画の完全版をお届け!総勢68組にも及ぶ新鋭たちを、この機会にチェックしてみてください。
[ 続きを読む ]

【年末恒例】『JBS Music Awards 2014』 全31部門 ノミネート発表

2014年12月19日 21:31



今年もこの季節がやって参りました。年間の名作とそれにまつわる人々を讃える当サイト独自の賞企画『JBS Music Awards 2014』!例年にも増して多様な作品に手を伸ばしたため、各賞の選考もなかなか難航したのですが、絶えず感動を与えてくれる音楽への敬意を込めて精一杯選ばせて頂きました。さっそく、2014年ならではのカテゴリも加えた過去最多、全31部門のノミネートをご覧頂こうと思います。読者の皆さんそれぞれの総括のお役に立てたらなお幸いです。それでは、どうぞ!

◆JBS Music Awards 2014◆
*対象:2012年12月から2013年11月までにリリースされた作品および同期間に功労を遂げた人物
*最優秀の結果発表は12月30日を予定
*各部門につき5項目のノミネート
*複数の部門に同じ作品がノミネートしている場合有り 
(例:R&B・オブ・ザ・イヤーとポップ・オブ・ザ・イヤーに同じ作品がランクイン)

 
◆アーティスト・オブ・ザ・イヤー◆

<アルバム>
◆R&B・オブ・ザ・イヤー◆
◆ポップ・オブ・ザ・イヤー◆
◆クリエイティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラエティ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ヴィンテージ・オブ・ザ・イヤー◆
◆プロジェクト・オブ・ザ・イヤー◆


<楽曲>
◆エモーショナル・オブ・ザ・イヤー◆
◆キャッチー・オブ・ザ・イヤー◆
◆グルーヴ・オブ・ザ・イヤー◆
◆センシュアル・オブ・ザ・イヤー◆
◆センチメンタル・オブ・ザ・イヤー◆
◆ダンス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ドラマティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハートウォーミング・オブ・ザ・イヤー◆
◆ハッピー・オブ・ザ・イヤー◆
◆プリミティブ・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロウ・オブ・ザ・イヤー◆
◆シリアス・オブ・ザ・イヤー◆
◆ユニーク・オブ・ザ・イヤー◆
◆アイドル・オブ・ザ・イヤー◆
◆バラード・オブ・ザ・イヤー◆
◆ディスコティック・オブ・ザ・イヤー◆
◆リメイク/カバー・オブ・ザ・イヤー◆


<人物・映像>
◆プロデューサー・オブ・ザ・イヤー◆
◆リリシスト・オブ・ザ・イヤー◆
◆メロディメイカー・オブ・ザ・イヤー◆
◆アレンジャー・オブ・ザ・イヤー◆
◆コラボレーション・オブ・ザ・イヤー◆
◆ビデオ・オブ・ザ・イヤー◆
◆ニューカマー・オブ・ザ・イヤー◆
[ 続きを読む ]

アルバム未収録のシングル曲 Vol.2:L.L BROTHERS/Shyne/4D-JAM/Grace/East Cloud/Jas@mine/Caize/淳来/福原裕美子

2014年10月25日 21:36



「諸事情によりアルバム収録が見送られてしまったものの、見す見す聴き逃すのはあまりにも勿体ない!」そんな知る人ぞ知るシングル作品のみを取り扱う特集を、およそ2年ぶりに行いたいと思います。懐かしのあの曲から知名度の低いあの曲まで、全9曲を無作為にピックアップ。皆さんのディグ・ライフにぜひご活用ください!

 
L.L BROTHERS「Marry Me」(2000)
トップバッターを飾るのは筋骨隆々のR&Bデュオ、L.L BROTHERS。「ダンス甲子園」でブレイク後の90年代前半と『BACK AGAIN』で大々的なカムバックを果たした2004年の中間、すなわち過渡期にリリースされたシングルで、プロデュースはT.Kuraが担当。抜群のヴォーカルワークで展開する超甘美なラブソングです。長らくCDのみが世に出回っている状況でしたが、2010年代に入ってめでたくiTunes配信が実現。
[ 続きを読む ]

『JAPANESE BLACK STYLE VOL.2』セルフライナーノーツ 最終回「事件」

2014年08月03日 20:24



かなり日が空いてしまいましたが、「JAPANESE BLACK STYLE VOL.2」セルフライナーノーツの第三回を投稿させて頂きます。前回の最後で少しばかり前途多難な様を匂わせてみたわけですが、果たしてその後どのようなハードルが待ち受けていたのか、当時の感情を振り返りながら述懐していますので、ご覧頂けると幸いです。なお、本稿をもってこのセルフライナーノーツ連載は最終回となります。

第一回「僕の役割」
第二回「聴く人を選ばないコンセプト」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ken'ichi Shirahara presents
JAPANESE BLACK STYLE VOL.2 セルフライナーノーツ

第三回:事件
[ 続きを読む ]

『JAPANESE BLACK STYLE VOL.2』セルフライナーノーツ 第二回「聴く人を選ばないコンセプト」

2014年06月22日 19:58



『JAPANESE BLACK STYLE VOL.2』リリースまであと3日。このタイミングで、同作セルフライナーノーツの連載第二章を解禁させて頂きます。今回は、前章を経て本作に着手することとなった僕がまず最初に向き合ったコンセプト、いわゆる作品の基盤となっている部分について、思いの丈を綴ってみました。どうぞご覧ください。

第一回「僕の役割」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ken'ichi Shirahara presents
JAPANESE BLACK STYLE VOL.2 セルフライナーノーツ

第二回:聴く人を選ばないコンセプト
[ 続きを読む ]

『JAPANESE BLACK STYLE VOL.2』セルフライナーノーツ 第一回「僕の役割」

2014年06月04日 19:48



本日から連載として、当サイト監修によるコンピレーションCD第二弾『JAPANESE BLACK STYLE VOL.2』のセルフライナーノーツをお届けします。第一回目は、私ケンイチが本作制作に着手するまでの前日譚を包み隠さずお話ししようと思います。今回お伝えすることが、内容やコンセプトにも強く反映されています。6月25日のリリースに向けて、ぜひご一読ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Ken'ichi Shirahara presents
JAPANESE BLACK STYLE VOL.2 セルフライナーノーツ

第一回:僕の役割

第二回:聴く人を選ばないコンセプト
[ 続きを読む ]

Groove Selection -in a Holiday Mood- 【休日に聴きたい全16曲】

2014年05月04日 12:45



世間はゴールデン・ウィークの真っ只中。意気揚々と行楽地に出かける方も多いのではないでしょうか。そんな時期にちなみ、ピーカン日和に打って付けの楽曲をJBS流にセレクトしてみました。予定がない人も思わず外へ繰り出したくなる全16曲。休日のお供にどうぞ!
[ 続きを読む ]

FILE006:気まぐレコメンド <J-Classics>

2014年03月18日 20:40

YouTubeやSNSなど、ネットを通して過去の音楽に触れる機会が最近多くなりました。昔から知っている曲でも、このタイミングで触れることで新鮮に感じることが出来たり。便利が過ぎることで弊害も生じる現代ですが、こうやって手軽に”タイムスリップ”を楽しめるのは今の時世ならではの美点でしょうね。

今日はそんなマイブームに則り、最近よく聴いているクラシック作品をいくつか紹介させてもらおうと思います。これと言った縛りなしの気まぐれなラインアップですが、どれもスルーするにはあまりに惜しい名曲ばかりなのでチェックしてみてください!



鈴木蘭々「Shy」
かつてアイドルとして一世を風靡した鈴木蘭々の2ndアルバム「One and Only」に収録。
NJSのグルーヴを拝借した「Kiss」がその界隈で有名な彼女ですが、この楽曲も負けず劣らずのハネっぷり。爽やかなサウンドに持ち前の可愛さが映えます。
[ 続きを読む ]

話題沸騰!「HEYLAS」の秀逸Remixをまとめてみた(らシバかれそう)。

2014年01月22日 20:00

 

現在、SNSを中心に話題を集めている「HEYLAS」という楽曲をご存じですか?
「HEYLAS」とはHaters、すなわち他人を僻み非難することしか出来ないタチの悪い人たちのこと。
そんなヤツらを一蹴するかのごとく、ヒップホップ精神を剥き出しにした強者たちがマイクリレーを発表したのです。それがこちら。

KEN THE 390 feat. GASHIMA,ISH-ONE,SHIROSE 「HEYLAS」


四者四様の鋭いフロウと、挑発/ユーモア/皮肉の三拍子が揃ったリリックがとにもかくにも秀逸。己のセンスが試されるヒップホップにおいて、この楽曲はスキルのみならずポピュラリティも豊富で、鑑賞するやいなや中毒の渦に飲み込まれました。先日メジャーデビューを果たしたWHITE JAMが牽引しているということで、言わずもがなエンタメ性も抜群です。

それから間もなくして、同曲のリミックスが到着。
WHITE JAMのSHIROSEが「年末、みんなでHEYLASを歌おう」と呼びかけ、同曲のリミックス用素材を公開したところ・・・



同曲に追従し、「HEYLAS」のリミックスを自主制作する者があれよあれよと続出。連日多数の「HEYLAS」がYouTubeで発表されており、さながら”HEYLAS現象”と呼べるほどの様相を呈しています。

今日はそんなムーヴメントに敬意を払う意味で、全国各地から生み出された選りすぐりの「HEYLAS」をご紹介。日頃J-R&Bをメインに紹介している本サイトがこのような企画を送り出したらディスられそう!?でも、やります。
良いものは良い。いい加減認めましょうぜHEYLAS!!
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。